約2ヶ月ぶりの山歩き 少し遠征も考えましたが、車で移動する時間帯より、とにかく歩きたいと、 以前、歩いた道のりを 山友の“だからよさん“と一緒に、深夜〜日が暮れるまでガッツリ遊びつくして来ました。 お付き合いありがとうございました。 霧の霧島登山、見るものすべてがよい思い出。 次はいつ、行けるかな😊

深夜のウォーミングアップ、

深夜のウォーミングアップ、

深夜のウォーミングアップ、

霧深い中、到着、
迷う事なく
さて、登りますか。

霧深い中、到着、 迷う事なく さて、登りますか。

霧深い中、到着、 迷う事なく さて、登りますか。

御鉢、高千穂峰、視界はゼロ。
(すでにびしょ濡れ)
避難小屋で束の間の休息後、

風の鳥居へ

御鉢、高千穂峰、視界はゼロ。 (すでにびしょ濡れ) 避難小屋で束の間の休息後、 風の鳥居へ

御鉢、高千穂峰、視界はゼロ。 (すでにびしょ濡れ) 避難小屋で束の間の休息後、 風の鳥居へ

もちろん視界もなく二子石、

もちろん視界もなく二子石、

もちろん視界もなく二子石、

時折、姿を見せてくれるこの景色
「気持ちいい」の一言
歩きをやめられないと歩き始める。

時折、姿を見せてくれるこの景色 「気持ちいい」の一言 歩きをやめられないと歩き始める。

時折、姿を見せてくれるこの景色 「気持ちいい」の一言 歩きをやめられないと歩き始める。

静かな1日の始まり

いろんな空がありますよね。

静かな1日の始まり いろんな空がありますよね。

静かな1日の始まり いろんな空がありますよね。

霧深い山の中を歩く。

霧深い山の中を歩く。

霧深い山の中を歩く。

静かな森の中

静かな森の中

静かな森の中

自然が創り出す芸術

自然が創り出す芸術

自然が創り出す芸術

コウモリ◯◯? 
相変わらず
植物の知識はほぼゼロ

コウモリ◯◯?  相変わらず 植物の知識はほぼゼロ

コウモリ◯◯?  相変わらず 植物の知識はほぼゼロ

晴天なら高千穂峰が入り
絵になりますが
まだ、 
白(霧)のキャンパスのまま
これもよし。

晴天なら高千穂峰が入り 絵になりますが まだ、  白(霧)のキャンパスのまま これもよし。

晴天なら高千穂峰が入り 絵になりますが まだ、  白(霧)のキャンパスのまま これもよし。

レイニーハイクもこの時期なら💮
霧を堪能しなくちゃ

レイニーハイクもこの時期なら💮 霧を堪能しなくちゃ

レイニーハイクもこの時期なら💮 霧を堪能しなくちゃ

小さなお花、私が見たよ。
季節が変わるね。

小さなお花、私が見たよ。 季節が変わるね。

小さなお花、私が見たよ。 季節が変わるね。

霧も絵になります

霧も絵になります

霧も絵になります

画伯

画伯

画伯

大幡前山へ向かう急登

大幡前山へ向かう急登

大幡前山へ向かう急登

ひたすら真っすぐ

ひたすら真っすぐ

ひたすら真っすぐ

はい。

白は自由、リセット、
なんにでも染まれる。

はい。 白は自由、リセット、 なんにでも染まれる。

はい。 白は自由、リセット、 なんにでも染まれる。

そろそろ、脚に来てもよい距離も

そろそろ、脚に来てもよい距離も

そろそろ、脚に来てもよい距離も

ほぼ、休む事なく。
夷守岳に到着

ほぼ、休む事なく。 夷守岳に到着

ほぼ、休む事なく。 夷守岳に到着

時折、見せてくれる霧島連山

歩きもゆっくりゆっくりと

時折、見せてくれる霧島連山 歩きもゆっくりゆっくりと

時折、見せてくれる霧島連山 歩きもゆっくりゆっくりと

自然のキャンパス

自然のキャンパス

自然のキャンパス

しばし、脚をとめた。

しばし、脚をとめた。

しばし、脚をとめた。

いいです。

このまま、居座りたい。

いいです。 このまま、居座りたい。

いいです。 このまま、居座りたい。

見なさい!と言われたような。

見なさい!と言われたような。

見なさい!と言われたような。

大自然のチカラ

大自然のチカラ

大自然のチカラ

さて、ぼちぼち帰りますか。

さて、ぼちぼち帰りますか。

さて、ぼちぼち帰りますか。

ゆっくりゆっくり帰る

ゆっくりゆっくり帰る

ゆっくりゆっくり帰る

丸1日、ありがとう

丸1日、ありがとう

丸1日、ありがとう

降りますよ~

降りますよ~

降りますよ~

無理なく、無事下山

無理なく、無事下山

無理なく、無事下山

次は満月🌕に

次は満月🌕に

次は満月🌕に

スローペース
小さな秋を見つけました。

スローペース 小さな秋を見つけました。

スローペース 小さな秋を見つけました。

丸1日、遊びつくしました。

丸1日、遊びつくしました。

丸1日、遊びつくしました。

深夜のウォーミングアップ、

霧深い中、到着、 迷う事なく さて、登りますか。

御鉢、高千穂峰、視界はゼロ。 (すでにびしょ濡れ) 避難小屋で束の間の休息後、 風の鳥居へ

もちろん視界もなく二子石、

時折、姿を見せてくれるこの景色 「気持ちいい」の一言 歩きをやめられないと歩き始める。

静かな1日の始まり いろんな空がありますよね。

霧深い山の中を歩く。

静かな森の中

自然が創り出す芸術

コウモリ◯◯?  相変わらず 植物の知識はほぼゼロ

晴天なら高千穂峰が入り 絵になりますが まだ、  白(霧)のキャンパスのまま これもよし。

レイニーハイクもこの時期なら💮 霧を堪能しなくちゃ

小さなお花、私が見たよ。 季節が変わるね。

霧も絵になります

画伯

大幡前山へ向かう急登

ひたすら真っすぐ

はい。 白は自由、リセット、 なんにでも染まれる。

そろそろ、脚に来てもよい距離も

ほぼ、休む事なく。 夷守岳に到着

時折、見せてくれる霧島連山 歩きもゆっくりゆっくりと

自然のキャンパス

しばし、脚をとめた。

いいです。 このまま、居座りたい。

見なさい!と言われたような。

大自然のチカラ

さて、ぼちぼち帰りますか。

ゆっくりゆっくり帰る

丸1日、ありがとう

降りますよ~

無理なく、無事下山

次は満月🌕に

スローペース 小さな秋を見つけました。

丸1日、遊びつくしました。