奥武蔵 日和田山から越上山

2023.09.23(土) 日帰り

ここのところいろいろあってお山に行けてない。 domoも底を突いてしまった。 今日もお天気イマイチ、明日はいい天気みたいだけど明日も用事が… ん、なんか天気持ちそう! ということで好山病が発病して近くのお山を歩いてきました。

西武線高麗駅前の魔除けの将軍標
朝9:30に家を出て、遅い出発ですが今日はここから歩きます🚶‍♂️

西武線高麗駅前の魔除けの将軍標 朝9:30に家を出て、遅い出発ですが今日はここから歩きます🚶‍♂️

西武線高麗駅前の魔除けの将軍標 朝9:30に家を出て、遅い出発ですが今日はここから歩きます🚶‍♂️

巾着田のすぐそばを通る。
ちょうど曼珠沙華が満開で観光客がたくさん歩いていました。

巾着田のすぐそばを通る。 ちょうど曼珠沙華が満開で観光客がたくさん歩いていました。

巾着田のすぐそばを通る。 ちょうど曼珠沙華が満開で観光客がたくさん歩いていました。

巾着田に行かなくても道路脇に見事な曼珠沙華が。

巾着田に行かなくても道路脇に見事な曼珠沙華が。

巾着田に行かなくても道路脇に見事な曼珠沙華が。

日和田山登山口

日和田山登山口

日和田山登山口

ここから登ります。

ここから登ります。

ここから登ります。

ここをまっすぐ進むと女坂、
左に行くと男坂、
左しかないですよね。

ここをまっすぐ進むと女坂、 左に行くと男坂、 左しかないですよね。

ここをまっすぐ進むと女坂、 左に行くと男坂、 左しかないですよね。

ここを右側の沢筋に入ります。
左に行くとクライミングのゲレンデ。

ここを右側の沢筋に入ります。 左に行くとクライミングのゲレンデ。

ここを右側の沢筋に入ります。 左に行くとクライミングのゲレンデ。

こんな岩場を楽しめます。

こんな岩場を楽しめます。

こんな岩場を楽しめます。

登り切って振り返ったところ。

登り切って振り返ったところ。

登り切って振り返ったところ。

今日は天気はよくないですが、大勢のハイカーで賑わっています。

今日は天気はよくないですが、大勢のハイカーで賑わっています。

今日は天気はよくないですが、大勢のハイカーで賑わっています。

日和田山山頂⛰️
ここにも大勢いました。
そのまま通過💨

日和田山山頂⛰️ ここにも大勢いました。 そのまま通過💨

日和田山山頂⛰️ ここにも大勢いました。 そのまま通過💨

高指山

高指山

高指山

一旦舗装路。
立派なトイレありました。

一旦舗装路。 立派なトイレありました。

一旦舗装路。 立派なトイレありました。

茶店も。

茶店も。

茶店も。

ここから再び山道に入ります。

ここから再び山道に入ります。

ここから再び山道に入ります。

物見山。
ここも大勢の人で賑わっていました。
でもここまで。
この先は少なくなりましたね。

物見山。 ここも大勢の人で賑わっていました。 でもここまで。 この先は少なくなりましたね。

物見山。 ここも大勢の人で賑わっていました。 でもここまで。 この先は少なくなりましたね。

北向地蔵。
昔悪疫の流行を防ぐため、岩船地蔵尊(栃木県)と向かい合うように建て村の守護神としました。北の方を向いて立っていることから「北向地蔵」と呼ばれていますと。

北向地蔵。 昔悪疫の流行を防ぐため、岩船地蔵尊(栃木県)と向かい合うように建て村の守護神としました。北の方を向いて立っていることから「北向地蔵」と呼ばれていますと。

北向地蔵。 昔悪疫の流行を防ぐため、岩船地蔵尊(栃木県)と向かい合うように建て村の守護神としました。北の方を向いて立っていることから「北向地蔵」と呼ばれていますと。

少し登ると休憩スペースも。

少し登ると休憩スペースも。

少し登ると休憩スペースも。

愛宕山

愛宕山

愛宕山

観音ケ岳

観音ケ岳

観音ケ岳

北側の展望が開けています。
ちょうどいい岩に腰掛け休憩。

北側の展望が開けています。 ちょうどいい岩に腰掛け休憩。

北側の展望が開けています。 ちょうどいい岩に腰掛け休憩。

スカリ山
ベンチあります。

スカリ山 ベンチあります。

スカリ山 ベンチあります。

ここも景色がいい。

ここも景色がいい。

ここも景色がいい。

まだ時間があるのでもう少し先まで足を伸ばしてみる。

まだ時間があるのでもう少し先まで足を伸ばしてみる。

まだ時間があるのでもう少し先まで足を伸ばしてみる。

白いキノコ

白いキノコ

白いキノコ

🍄赤いキノコ

🍄赤いキノコ

🍄赤いキノコ

茶之岳山

茶之岳山

茶之岳山

蟹穴山
カニのイラスト付き

蟹穴山 カニのイラスト付き

蟹穴山 カニのイラスト付き

樹林帯から出て、ここは展望が開けてました。

樹林帯から出て、ここは展望が開けてました。

樹林帯から出て、ここは展望が開けてました。

尾根から少し北側に外れますが、越上山(おがみ)。
けっこうな岩場の道を歩きます。

尾根から少し北側に外れますが、越上山(おがみ)。 けっこうな岩場の道を歩きます。

尾根から少し北側に外れますが、越上山(おがみ)。 けっこうな岩場の道を歩きます。

東の景色

東の景色

東の景色

遠く都心方面まで見渡せました。
あれっ 雲が多いのに… 蜃気楼かな?
左端はスカイツリー?

遠く都心方面まで見渡せました。 あれっ 雲が多いのに… 蜃気楼かな? 左端はスカイツリー?

遠く都心方面まで見渡せました。 あれっ 雲が多いのに… 蜃気楼かな? 左端はスカイツリー?

途中地図に無いお社。

途中地図に無いお社。

途中地図に無いお社。

諏訪神社⛩️
雨が降りそうで、ここから下ります。

諏訪神社⛩️ 雨が降りそうで、ここから下ります。

諏訪神社⛩️ 雨が降りそうで、ここから下ります。

一旦阿寺の集落に出て、☔️ポツポツときた。
再び尾根に乗って下ります。
宝山。

一旦阿寺の集落に出て、☔️ポツポツときた。 再び尾根に乗って下ります。 宝山。

一旦阿寺の集落に出て、☔️ポツポツときた。 再び尾根に乗って下ります。 宝山。

鶴ケ峰。
細かいピークにみんな名前がついているのは里山ならでは。

鶴ケ峰。 細かいピークにみんな名前がついているのは里山ならでは。

鶴ケ峰。 細かいピークにみんな名前がついているのは里山ならでは。

赤いキノコ🍄

赤いキノコ🍄

赤いキノコ🍄

最後のピーク、
虎秀山。
このあと雨が激しくなってきた。

最後のピーク、 虎秀山。 このあと雨が激しくなってきた。

最後のピーク、 虎秀山。 このあと雨が激しくなってきた。

道路に出て、東吾野駅まで傘を差しながら走って、ギリギリで電車に飛び乗りました。
まぁなんとか行ってこれてよかった。

道路に出て、東吾野駅まで傘を差しながら走って、ギリギリで電車に飛び乗りました。 まぁなんとか行ってこれてよかった。

道路に出て、東吾野駅まで傘を差しながら走って、ギリギリで電車に飛び乗りました。 まぁなんとか行ってこれてよかった。

西武線高麗駅前の魔除けの将軍標 朝9:30に家を出て、遅い出発ですが今日はここから歩きます🚶‍♂️

巾着田のすぐそばを通る。 ちょうど曼珠沙華が満開で観光客がたくさん歩いていました。

巾着田に行かなくても道路脇に見事な曼珠沙華が。

日和田山登山口

ここから登ります。

ここをまっすぐ進むと女坂、 左に行くと男坂、 左しかないですよね。

ここを右側の沢筋に入ります。 左に行くとクライミングのゲレンデ。

こんな岩場を楽しめます。

登り切って振り返ったところ。

今日は天気はよくないですが、大勢のハイカーで賑わっています。

日和田山山頂⛰️ ここにも大勢いました。 そのまま通過💨

高指山

一旦舗装路。 立派なトイレありました。

茶店も。

ここから再び山道に入ります。

物見山。 ここも大勢の人で賑わっていました。 でもここまで。 この先は少なくなりましたね。

北向地蔵。 昔悪疫の流行を防ぐため、岩船地蔵尊(栃木県)と向かい合うように建て村の守護神としました。北の方を向いて立っていることから「北向地蔵」と呼ばれていますと。

少し登ると休憩スペースも。

愛宕山

観音ケ岳

北側の展望が開けています。 ちょうどいい岩に腰掛け休憩。

スカリ山 ベンチあります。

ここも景色がいい。

まだ時間があるのでもう少し先まで足を伸ばしてみる。

白いキノコ

🍄赤いキノコ

茶之岳山

蟹穴山 カニのイラスト付き

樹林帯から出て、ここは展望が開けてました。

尾根から少し北側に外れますが、越上山(おがみ)。 けっこうな岩場の道を歩きます。

東の景色

遠く都心方面まで見渡せました。 あれっ 雲が多いのに… 蜃気楼かな? 左端はスカイツリー?

途中地図に無いお社。

諏訪神社⛩️ 雨が降りそうで、ここから下ります。

一旦阿寺の集落に出て、☔️ポツポツときた。 再び尾根に乗って下ります。 宝山。

鶴ケ峰。 細かいピークにみんな名前がついているのは里山ならでは。

赤いキノコ🍄

最後のピーク、 虎秀山。 このあと雨が激しくなってきた。

道路に出て、東吾野駅まで傘を差しながら走って、ギリギリで電車に飛び乗りました。 まぁなんとか行ってこれてよかった。