【TWR】夏のイベント報告

2023.09.17(日) 日帰り

活動データ

タイム

06:00

距離

0m

のぼり

0m

くだり

0m

活動詳細

すべて見る

皆さん、こんにちは。 夏のTWRイベントを実施しましたのでご報告致します。前回のビーチクリーンにも使用させていただいたJackery社のポータブルバッテリー&ソーラーパネルを用いた完全オフグリッドのイベントです。 まずは『森づくり』から。 今回は2023年度エリア内の「外来種駆除&植栽」、それと8月に地域内連携を行ったオガグワの森で学んだ「バイオネストづくり」を行いました。 外来種駆除はいつも通りチェーンブロックを使用した伐根処理を。 空いた穴に「モモタマナ」などを植栽するいつもの流れです。7月と8月に実施したタケササ類の抑制工は目立った再生が見られないので今月はお休み。 伐根処理は今回TWRサポートスタッフとしてご来島されているダイムラー・トラック・ファイナンシャルサービス・アジア株式会社のCSRチーム方々を中心としたチームが担います。基本人力の活動になりますが、根がらみを掘削するハンマードリル、扇風機はソーラーエネルギーで賄いました。 一方のバイオネストづくり、TWR常連の小中学生を中心にナント3基も設置してくれました! バイオネストとは森づくり活動で駆除した外来種の枝葉を利用してつくる堆肥施設です。ゆっくりと時間をかけて腐食していくので、微生物を始めとした生き物の住処にもなり、森の生物多様性にも貢献してくれます。 ついでに、この半年間に駆除した外来植物や緑陰調整で剪定した枝葉が随分と溜まっていて景観を悪化させていたので一石三鳥の効果。 大きな鳥の巣状のバイオネストが森の雰囲気を向上させてくれました! 続いては『木工体験』。 ソーラーエネルギーで全ての電動工具を稼働させることができました! 今回、小学校6年生の卒業記念品づくりのWSを兼ねていたので、5家族限定でカッティングボードづくりを行いました。今までの木工体験では時間的な制限とコストの問題からサンディング仕上げまでとしてました。でもマメに手入れをしないと長く使えない… ということで、今回はガラス塗装(下地塗装)まで2時間のイベント内で仕上げるWSを試験実施。結果から云うとギリギリ全員仕上げることができました! 本塗装は来月の森づくり活動時に行う全2回のWSになりますが、木質内部までセラミック塗料が浸透することで手入れがほとんど要らなくなります。 せっかくの一点物カッティングボード。今後のイベントにも応用して長く使うことのできる作品を作ってもらいたいと考えています。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。