尾瀬ツアー 尾瀬沼~燧ケ岳~尾瀬ヶ原

2023.09.16(土) 3 DAYS

活動詳細

すべて見る

9/16(土) 新宿バスタ~大清水バス停(12:45)~低公害バス(700円)利用で、一ノ瀬(13:15)~石清水~三平下(14:45)~沼尻(15:55)~見晴(17:30)・・・ テント設営後、夕食。 9/17(日) 見晴(07:15)~燧ヶ岳分岐(07:25)~ 燧ヶ岳八合目(11:00)~ 燧ヶ岳ピーク・柴安嵓(2356m)(11:25)~下山開始(11:45)~五合目(13:25)~燧ヶ岳分岐(14:40)~見晴(14:55)・・・ 休憩後、尾瀬ヶ原へ(15:40)~東電小屋(16:15)~ヨッピ吊橋(16:26)~竜宮十字路(17:00)~見晴戻り(17:30)・・・ 夕食。 9/18(月) 見晴(08:30)~竜宮十字路(09:00)~ 牛首分岐(09:40)~ 山ノ鼻(10:20)~鳩待峠(11:40)・・・バス(1000円)に乗車し戸倉へ(11:45)~戸倉(12:10)・・・ 戸倉温泉に入って休憩後、バスで新宿バスタへ(14:00)~新宿着(18:30)  尾瀬を歩いてきた。大清水から入って、尾瀬沼を半周して沼尻へ。予報通りに雨に降られるが避難小屋で雨宿り。30分ほどで止む。晴れてくると燧ヶ岳が美しい。尾瀬沼ではほとんど人と会わなかった。  沼尻から燧ヶ岳の周囲の登山道を歩いて、燧ヶ岳分岐まで。深い樹林帯だが、あまり見るべきものはない。北八ヶ岳のほうが良いと思う。夕方に見晴に到着。テントは一泊 1000円。水はふんだんにあるのでありがたい。テントサイトはほぼ満員。さすが三連休の尾瀬。夕食後、雨がしとしと降りはじめる。2時間くらい降り続いた。  朝は 24℃。雨は上がったが、テントサイトは朝露でびっしょり。テントを置いて、燧ヶ岳のピークを目指す。戻って来たら乾燥しているだろう。  見晴からの登ルートは悪いとどの記録にもあったが、悪いというよりも、バカ登り。900mの標高差があり、北穂高岳級の登りだった。とにかく長いルートだが、八合目を超えると樹林帯を抜けた。峰の上のルートを登り始めると尾瀬ヶ原が見渡せた。疲れが吹き飛ぶ眺望だった。  燧ヶ岳ピークの柴安嵓はさすがに登山者でいっぱい。東北以北の最高峰だ。ただ風が強く、寒いために簡単な食事をした後に下山となった。尾瀬ヶ原の眺望は本当に素晴らしい。やがてガスが抜けてきて尾瀬沼も眼下に横たわっている。一度は登るべき山だ。  下山は慎重に降りた。泥でぬかるみ、滑らないように歩く。足を痛めたら何もならないからだ。樹林帯まで降りていくと暑くなってきた。汗びっしょりになった。それでも登りの半分の時間で燧ケ岳分岐に到着して、木道を進み見晴のテントサイトに到着。燧ケ岳はとにかく大変だった。暑くて汗びっしょりになった。  テントで休憩後、荷物を減らして、尾瀬ヶ原へ。見晴から東電小屋、ヨッピ吊橋を経て、竜宮十字路、見晴に戻った。6キロ程度で、90分のコース。花の季節は終わっているためにほとんど誰にも会わない。尾瀬ヶ原はほぼ貸切だった。得難い経験だ。  夕陽を見ながら食事。尾瀬は本当に素晴らしい。20時過ぎにテントを抜け出し、再び尾瀬ヶ原に。ライトを頼りに木道を 10分ほど歩いて、真っ暗な尾瀬ヶ原で星空を楽しんだ。湿原に覆い被さるように星空が広がり、天の川もしっかり見える。尾瀬ヶ原のプロネタリウムで、街の灯りがないために素晴らしい星空。かつてはこういう星空が日本中どこでも見られたはずだが、現代人は不幸だ。もう都市部で天の川は見られない。  3日目の朝はテントを撤収して、山の鼻~鳩待峠へ。途中、尾瀬ヶ原の「池塘(ちとう)」が水草に飾られ絶景だった。季節を変え、また尾瀬に歩きに行きたいと思う。  バスに乗り戸倉に到着し、戸倉温泉に入る。600円でさっぱりした。その後は戸倉からバスでバスタ新宿へ。尾瀬はとても楽しい山域で、良いトレーニングになった。次は積雪期に訪ねてみたい。

尾瀬・燧ヶ岳 バスタ新宿から大清水へ着いて、低公害バスの乗り換え
バスタ新宿から大清水へ着いて、低公害バスの乗り換え
尾瀬・燧ヶ岳 一ノ瀬に到着。シャトルバスは700円
一ノ瀬に到着。シャトルバスは700円
尾瀬・燧ヶ岳 シャトルバスを後にする
シャトルバスを後にする
尾瀬・燧ヶ岳 登山道へ。木道が整備されている
登山道へ。木道が整備されている
尾瀬・燧ヶ岳 三平峠を越える
三平峠を越える
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼の休憩所に到着
尾瀬沼の休憩所に到着
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼に映る燧ケ岳
尾瀬沼に映る燧ケ岳
尾瀬・燧ヶ岳 逆さ燧ケ岳
逆さ燧ケ岳
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼
尾瀬沼
尾瀬・燧ヶ岳 沼尻の避難小屋。雨のため小休止。結構降ってきた。天気予報通り
沼尻の避難小屋。雨のため小休止。結構降ってきた。天気予報通り
尾瀬・燧ヶ岳 沼尻の避難小屋
沼尻の避難小屋
尾瀬・燧ヶ岳 沼尻を後にして、見晴へ
沼尻を後にして、見晴へ
尾瀬・燧ヶ岳 途中に何カ所か休憩所
途中に何カ所か休憩所
尾瀬・燧ヶ岳 見晴のテントサイト
見晴のテントサイト
尾瀬・燧ヶ岳 テントサイトはほぼ満員
テントサイトはほぼ満員
尾瀬・燧ヶ岳 ラーメンは夕食
ラーメンは夕食
尾瀬・燧ヶ岳 朝露でテントはびっしょり
朝露でテントはびっしょり
尾瀬・燧ヶ岳 わが家もびっしょりだった
わが家もびっしょりだった
尾瀬・燧ヶ岳 朝ごはんはうどんで力をつける
朝ごはんはうどんで力をつける
尾瀬・燧ヶ岳 燧ケ岳分岐点
燧ケ岳分岐点
尾瀬・燧ヶ岳 樹林帯をバカ登り
樹林帯をバカ登り
尾瀬・燧ヶ岳 樹林帯を抜けた
樹林帯を抜けた
尾瀬・燧ヶ岳 燧ケ岳のピークの到着
燧ケ岳のピークの到着
尾瀬・燧ヶ岳 ピークはさすがに登山者が多い
ピークはさすがに登山者が多い
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬ヶ原が一望できる
尾瀬ヶ原が一望できる
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬沼も眼下に
尾瀬沼も眼下に
尾瀬・燧ヶ岳 さて下山
さて下山
尾瀬・燧ヶ岳 見晴のテントサイトに戻り、少し休憩
見晴のテントサイトに戻り、少し休憩
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬ケ原の散策へ。貸切状態
尾瀬ケ原の散策へ。貸切状態
尾瀬・燧ヶ岳 東電小屋
東電小屋
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬ケ原の夕陽が美しい
尾瀬ケ原の夕陽が美しい
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬ケ原は貸切
尾瀬ケ原は貸切
尾瀬・燧ヶ岳 分岐点まで来た
分岐点まで来た
尾瀬・燧ヶ岳 晩御飯はラーメン。そしてウイスキーの水割りも
晩御飯はラーメン。そしてウイスキーの水割りも
尾瀬・燧ヶ岳 3日目は山ノ鼻に出発。朝から暑い
3日目は山ノ鼻に出発。朝から暑い
尾瀬・燧ヶ岳 池塘が美しい
池塘が美しい
尾瀬・燧ヶ岳 分岐点で休憩
分岐点で休憩
尾瀬・燧ヶ岳 池塘に映る燧ケ岳
池塘に映る燧ケ岳
尾瀬・燧ヶ岳 さらば尾瀬ケ原
さらば尾瀬ケ原
尾瀬・燧ヶ岳 山ノ鼻は近い
山ノ鼻は近い
尾瀬・燧ヶ岳 山ノ鼻に到着
山ノ鼻に到着
尾瀬・燧ヶ岳 ザックを置いて小休止
ザックを置いて小休止
尾瀬・燧ヶ岳 鳩待峠へ
鳩待峠へ
尾瀬・燧ヶ岳 鳩待峠に到着。最後ののぼりがきつい。暑い
鳩待峠に到着。最後ののぼりがきつい。暑い
尾瀬・燧ヶ岳 バスを乗り継いて、戸倉へ到着
バスを乗り継いて、戸倉へ到着
尾瀬・燧ヶ岳 戸倉温泉に入る
戸倉温泉に入る
尾瀬・燧ヶ岳 温泉のあとは缶チューハイで乾杯
温泉のあとは缶チューハイで乾杯
尾瀬・燧ヶ岳 あっという間にバスタ新宿。お疲れ様でした
あっという間にバスタ新宿。お疲れ様でした

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。