小粒でピリリと山椒のような古光山 でも雨の日はいや~よ

2018.11.11

活動詳細

詳しく見る

山岳会の方々と歩きました 曽爾高原にある俱留尊山(くろそやま)はススキで有名だけど、 古光山(こごやま)は知名度の低いのか、 出会ったハイカーの方が10人程度 私も知らなかった・・・古光山  そして、関西100名山なのか!  曽爾高原の有料駐車場に駐車して、 午前中は古光山登山口を南から北へ 午後は亀山へ行き、亀山峠から展望広場までピストンをして 駐車場に戻るコースを歩く 歩き始めは舗装路3キロ歩き 牛舎を見ながら足慣らし 古光山の登山口から南峰、古光山の急登へ 残置ロープは頼りない感じです 古光山から後古光山へ行かれる場合、 看板をしっかりチェックして下ってください 間違えやすい道があります 急登・激下り・痩せ尾根と区間距離は長くありませんが、 気が抜けません このあたりが、小粒でピリリと辛い山椒のようだ 雨の日や雨上がり直後はおすすめしません 先週、兜・鎧岳へ行ったのですが、 ピリリ加減はこっちの方が強いです 午前中、なかなか楽しい登山道を歩き、 午後から亀山を登ったのですが、 もう・・・観光地なので・・・そうですよね 人が多いです ススキの様子が、なんだか想像と違っていた 1m以上あって一面ススキに覆われた山の斜面を思い描いていたのに、 あれ?何だかススキも短くて、まばらにある 風が吹けば、ススキがたなびく光景を期待していたのになぁ・・・残念 山行は、皆さん急な上り下りも怪我無く歩け、 予定より早く終了しました もし、一人だったらもっと緊張を強いられていたと思います 皆さんと「〇〇だったねぇ~」と言い合えるとホッとしますよね(^_^)

コメント

コメントはできません

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。