高登谷山-2023-09-14

2023.09.14(木) 日帰り

活動データ

タイム

03:56

距離

3.4km

のぼり

459m

くだり

460m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 56
休憩時間
1 時間 46
距離
3.4 km
のぼり / くだり
459 / 460 m
1 34
6
58

活動詳細

すべて見る

高登谷山、登り口の標高が1400mを超すことから選んだ。名前は知っていたが詳しくは知らなかった。会で登ったことがある横尾山登山口の信州峠を越えると暫くで“わらび荘”の看板があり、右折すると別荘地内の駐車地に着いた。駐車地を挟んで東西に南峰、北峰(本峰)の登山口があるが、今回は反時計回りの南峰からとする。別荘地内の登山道を行くと段差の大きな石段、苔むした橋が現れる。苔でふかふかなのは良いが、足を置くと撓んで心許ない。結構急な道を南峰に向かう尾根に乗ると天狗岩に着くがどこが天狗?という感じだが、展望は開ける。南峰は狭く、期待した瑞牆山の展望はすっきりとはいえない。南アルプスも雲に隠れ同様だが赤岳と権現岳は綺麗だ。北峰に向かう道は最初は急だが直ぐに緩やかになる。足に鉄条網が引っ掛かりが稜線の両側はかなりの急斜面。こんな所で牧場?と思った。北峰は南峰より広く展望地だが南アルプスは相変わらず雲の中。それでも昼食を摂っていると北岳が見られた。下山は北峰登山口だが岩場とロープ箇所もあり、慎重に下った。高登谷山は多くはないが山頂にレンゲツツジがあり、または落葉した後の展望を期待する山かと歩いて思っていたが、この時期に涼しく歩けるのはありがたい山でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。