久しぶりの南アルプス北岳 肩の小屋でテン泊

2023.09.02(土) 2 DAYS

今回は、今年春から考えていた北岳! ようやく行ってきました。😅 本日は、テン泊ということで水の補給など考えてのルートとなります。 北岳山荘は、予約が必要で取れなかったこともあり、肩の小屋になりました。 距離の割に標高差があるルートとなり途中の白根御池小屋までがかなりキツく感じましたね。😁 珍しく、相方さんも不調でペースもあがらず、太ももが攣りそうになったりで、久しぶりのテン泊装備と重く、急登をそこそこのペースでスタートから歩くことで、乱れたのもあったとは思いますが トレーニング不足もありで、途中から荷物を私の、ザックに移行して無事に肩の小屋到着!!😅 テントを建てお昼を食べで、のんびりしたら、宿泊用の装備だけおいて北岳へ😁 無事に相方さんは初登頂🥳 山頂でのんびり珈琲飲んで、お花撮影しながらテント場へ😊 私は、水場の水を取りにいったんですが ほとんど枯れかけ😅 若者が四人で時間をかけてくみとってましたね😅 2リットル5分以上!!😂 若者がコツがあるからと水を入れてくれましたね😁 そうそう、テントはろうとしたらゴミがしげみに隠してあって、おそらくソロだと思いますが 本当最低な奴が増えたなーと思いましたね。 小屋のオーナーさんにお願いして廃棄してもらいました🤔 カン、コーラーのペットボトル、お菓子のゴミでした。 あと、ドローンがとんでましたが 基本許可がない限り飛ばせないので許可が、でてるか確認してみようかと思いますけどね🤔 あと、あとから来た三人組さんが 無理からすでにテントが張ってある近くにテントを建てて早くに来て建てるテントを囲んでしまい出口すら狭く、ご飯も食べられないし、景色も、見えないし、あげくにその近くで宴会ぽくお食事とは、少し遠慮というか先について建てた若者がかわいそうでしたね。🤔 全然、他にもテン場あいてたのにね😅 下山のとき気になった事がありましたね。お子さん連れてきて、お子さんだけが、どんどん先行して、下山してましたけどね。元気でいいんですが 凄く危なっかしくて、飛び降りたりして膝を痛そうに押さえたりして、もし、怪我しても相当離れてましたしね。しかも勢いがあるので他の人にぶつかったりして巻き込む可能性もありますからね! 自由奔放が教えなのかもしれませんが 山のマナーと歩き方をしっかり伝えて自由に歩くのならいいんですけどね、ジャングルジムやハイキングののりで、追いかけっこしながらみたいなのは違うかなーと思いましたが結果往来になっちゃうんでしょうね😅 ま、怪我することなく下山されてたのでよかったでしたけどね😅 久しぶりにのんびり、テント泊で朝、夕方、星空と見ることもできて、下山までもゆっくりでき、満足出来た山行でしたね。 芦安からも、北岳にアクセスの仕方も完璧にわかりましたしね☺️ 次回は縦走してみたいかな😁 朝焼け、夕焼けの動画もご覧くださいね!

相方さんは、お初の広河原

相方さんは、お初の広河原

相方さんは、お初の広河原

バス停

バス停

バス停

北岳へいきます。

北岳へいきます。

北岳へいきます。

長ーい吊橋

長ーい吊橋

長ーい吊橋

白根御池小屋

白根御池小屋

白根御池小屋

テント場もありますね

テント場もありますね

テント場もありますね

白根御池

白根御池

白根御池

鳳凰三山

鳳凰三山

鳳凰三山

富士山が少しみえてますね

富士山が少しみえてますね

富士山が少しみえてますね

ようやく肩の小屋到着😅

ようやく肩の小屋到着😅

ようやく肩の小屋到着😅

テント場 B

テント場 B

テント場 B

空き缶 コーラー お菓子のゴミが捨てられてました!!馬鹿者😆

空き缶 コーラー お菓子のゴミが捨てられてました!!馬鹿者😆

空き缶 コーラー お菓子のゴミが捨てられてました!!馬鹿者😆

北岳にいきまーす!

北岳にいきまーす!

北岳にいきまーす!

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

イワギキョウ

イワギキョウ

イワギキョウ

ミヤマミミナグサ

ミヤマミミナグサ

ミヤマミミナグサ

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウ

相方さんは初登頂の北岳🥳

相方さんは初登頂の北岳🥳

相方さんは初登頂の北岳🥳

北岳山荘が見えてますね

北岳山荘が見えてますね

北岳山荘が見えてますね

イワベンケイ

イワベンケイ

イワベンケイ

テントに戻ります

テントに戻ります

テントに戻ります

水場に四人

水場に四人

水場に四人

若者

若者

若者

2リットル入れるのに5分かかりますね😂

2リットル入れるのに5分かかりますね😂

2リットル入れるのに5分かかりますね😂

晩飯は、ペペロンチーノとハムとコンビーフなど野菜スープも

晩飯は、ペペロンチーノとハムとコンビーフなど野菜スープも

晩飯は、ペペロンチーノとハムとコンビーフなど野菜スープも

もうじき陽が沈む

もうじき陽が沈む

もうじき陽が沈む

ガスガスでもカッコいい

ガスガスでもカッコいい

ガスガスでもカッコいい

幻想的ですね

幻想的ですね

幻想的ですね

夕焼けが始まりました

夕焼けが始まりました

夕焼けが始まりました

雲が、赤く染まってます

雲が、赤く染まってます

雲が、赤く染まってます

凄い赤い

凄い赤い

凄い赤い

四時過ぎの星空撮影は、月のおかけで上手くは撮れませんね😅

四時過ぎの星空撮影は、月のおかけで上手くは撮れませんね😅

四時過ぎの星空撮影は、月のおかけで上手くは撮れませんね😅

撮影中

撮影中

撮影中

北岳に登る人が沢山いますね

北岳に登る人が沢山いますね

北岳に登る人が沢山いますね

モルゲン

モルゲン

モルゲン

光が放射線状に!!

光が放射線状に!!

光が放射線状に!!

スマホにも同じ画面

スマホにも同じ画面

スマホにも同じ画面

富士山も焼けてます

富士山も焼けてます

富士山も焼けてます

仙丈ヶ岳もピンクに

仙丈ヶ岳もピンクに

仙丈ヶ岳もピンクに

甲斐駒ヶ岳も焼けてますね

甲斐駒ヶ岳も焼けてますね

甲斐駒ヶ岳も焼けてますね

中央アルプスも染まってます

中央アルプスも染まってます

中央アルプスも染まってます

カッコいい😁

カッコいい😁

カッコいい😁

ズーム

ズーム

ズーム

撮影モード

撮影モード

撮影モード

雲で太陽が隠れてます

雲で太陽が隠れてます

雲で太陽が隠れてます

明るくなってきましたね!

明るくなってきましたね!

明るくなってきましたね!

テントもオレンジに

テントもオレンジに

テントもオレンジに

記念に富士山と3ショット

記念に富士山と3ショット

記念に富士山と3ショット

朝日でオレンジになったトウヤクリンドウ

朝日でオレンジになったトウヤクリンドウ

朝日でオレンジになったトウヤクリンドウ

コゴメグサも

コゴメグサも

コゴメグサも

すっかり陽がのぼりましたね

すっかり陽がのぼりましたね

すっかり陽がのぼりましたね

八ヶ岳もくっきり

八ヶ岳もくっきり

八ヶ岳もくっきり

下山します!富士山がくっきり

下山します!富士山がくっきり

下山します!富士山がくっきり

ズーム

ズーム

ズーム

甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳

甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳

甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳

たまに岩場ありますね

たまに岩場ありますね

たまに岩場ありますね

ウメバチソウ

ウメバチソウ

ウメバチソウ

あーこんなに下からになりましたね。

あーこんなに下からになりましたね。

あーこんなに下からになりましたね。

もう少し

もう少し

もう少し

帰ってきました!

帰ってきました!

帰ってきました!

お疲れ様

お疲れ様

お疲れ様

相方さんは、お初の広河原

バス停

北岳へいきます。

長ーい吊橋

白根御池小屋

テント場もありますね

白根御池

鳳凰三山

富士山が少しみえてますね

ようやく肩の小屋到着😅

テント場 B

空き缶 コーラー お菓子のゴミが捨てられてました!!馬鹿者😆

北岳にいきまーす!

ハクサンイチゲ

イワギキョウ

ミヤマミミナグサ

トウヤクリンドウ

相方さんは初登頂の北岳🥳

北岳山荘が見えてますね

イワベンケイ

テントに戻ります

水場に四人

若者

2リットル入れるのに5分かかりますね😂

晩飯は、ペペロンチーノとハムとコンビーフなど野菜スープも

もうじき陽が沈む

ガスガスでもカッコいい

幻想的ですね

夕焼けが始まりました

雲が、赤く染まってます

凄い赤い

四時過ぎの星空撮影は、月のおかけで上手くは撮れませんね😅

撮影中

北岳に登る人が沢山いますね

モルゲン

光が放射線状に!!

スマホにも同じ画面

富士山も焼けてます

仙丈ヶ岳もピンクに

甲斐駒ヶ岳も焼けてますね

中央アルプスも染まってます

カッコいい😁

ズーム

撮影モード

雲で太陽が隠れてます

明るくなってきましたね!

テントもオレンジに

記念に富士山と3ショット

朝日でオレンジになったトウヤクリンドウ

コゴメグサも

すっかり陽がのぼりましたね

八ヶ岳もくっきり

下山します!富士山がくっきり

ズーム

甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳

たまに岩場ありますね

ウメバチソウ

あーこんなに下からになりましたね。

もう少し

帰ってきました!

お疲れ様

この活動日記で通ったコース

広河原-広河原登山口-北岳 往復コース

  • 10:00
  • 10.2 km
  • 1810 m
  • コース定数 40