三郡山

2013.10.06(日) 10:10 - 2013.10.06(日) 13:19
昭和の森(10:10)〜縦走路(11:10)〜三郡山頂(11:50〜12:05)〜ツキ谷分岐(12:20)〜林道分岐(12:55)〜昭和の森(13:20)  のんびり登山するはずだったが午後から急に予定が入り、ちょっと駆け足の山歩きは約3時間8kmの道のりです。  本当なら前回行きそびれた猫目新道を登って三郡〜お気に入りの前砥石Aで下山の予定だったのだが、登り始める直前に連絡が入ったので、前砥石Aから三郡〜ツキ谷コースで下山のルートに変更。  前日が一日中雨だったので、土の多い印象だった前砥石Aコースは足元がぬかるんでないか心配だったが、特に歩きにくいということもなく1時間ほどで縦走路の分岐点へ。高度が上がるにつれ、霧が濃くなっていく。下から見上げた三郡連山の頂は軒並み雲が掛かっていたので、その中を歩いているんだろう。濃霧の縦走路は初めて来たところのように新鮮だ。初めこそ幻想的などと楽しむ余裕があったが、強風と霧雨で気力体力を奪われ楽しいゲージはだんだんと減少した。  縦走路から三郡山頂まで40分ほど、途中、2ヶ所ほどぬかるんで滑りやすいところがあった。そろそろスニーカーの限界を感じ始める。縦走路では4〜5人とすれ違う。好天ではないのに案外人が多く、濃霧の森はややおどろおどろしい雰囲気なので、人と会うとちょっと安心したりした。  三郡山頂も4〜5グループとそれなりに賑やかで、だが展望は真っ白で何も見えない。山頂からいつものあの丸いレーダードームが見えないんだからよっぽどだ。着ていたシャツが汗と霧で冷たくなっていたので着替え、休憩もそこそこに下山開始。  下りのルートはツキ谷Bコース、縦走路を若杉方面に少し行ったところに分岐点がある。下り始めは階段が整備されているが、次第に岩が増え水音が聞こえるようになり、沢のそばを下っていく。お助けロープ(あれなんていうの?)がある箇所が結構多く、やはり裏がつるつるのスニーカーは怖いと思った。  そろりそろりと石が多い山道を下りていくこと30分、アスファルト舗装の林道に出る。足元を気にせず前だけ見ていれば良いので小走りで下れば30分で昭和の森の駐車場に到着。下界は良いお天気で、山頂肌寒かったのが嘘のように照りつける太陽が暑かった。  ツキ谷ルートは分岐が結構色々あるようだったので、次回はそちらを歩いてみるのも良さそうだ。あと、次回までに靴買おう。裏がつるつるじゃない靴。

    写真

    三郡山頂

    三郡山頂

    万両とは葉っぱが違うし…何だろ?

    万両とは葉っぱが違うし…何だろ?

    幻想的な森の中

    幻想的な森の中

    風も強かった

    風も強かった

    正面にレーダードームがあるはず

    正面にレーダードームがあるはず

    ここ下るの怖かった

    ここ下るの怖かった

    コメント

    読み込み中...

    もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

    登山ほけん

    1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

    週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。