苗場山

2023.08.29(火) 2 DAYS

活動データ

タイム

12:07

距離

16.4km

のぼり

1372m

くだり

1238m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 24
休憩時間
1 時間 17
距離
7.1 km
のぼり / くだり
1063 / 160 m
22
3 24
1 25
DAY 2
合計時間
5 時間 42
休憩時間
41
距離
9.2 km
のぼり / くだり
309 / 1069 m
1 19
2 26

活動詳細

すべて見る

日本百名山の苗場山は、新潟県湯沢町と津南町、長野県栄町の境にあり、2000mを越える山頂部は広大な高層湿原となっている。昔から『稲作の神様』として人々に親しまれてきた山。湿原にはたくさんの池塘が点在し、7月中旬頃からは数々の高山植物が咲き誇る。展望にも優れ、まさに雲上の楽園の様。9月の下旬以降の湿原の草紅葉も一見の価値がある。 その山頂へは新潟側、長野側からいくつもコースがあるが越後湯沢駅や湯沢ICからアクセスしやすい和田小屋から山頂を目指すなら祓川ルートの利用者が多い。日帰りも可能だが、この山を存分に味わうには山頂にある山小屋の苗場山自然交流センターに一泊するのがおすすめです。 Day1 ガスで妙な雰囲気がありました。 Day2 4時に起床、星を見た後朝日を見る 赤沢コース、湯沢コースの絶景ポイントまで    歩き雲上楽園を満喫しました 山小屋の方もとても親切でした。 平日のため4組しかおらず5人部屋を3人で広々使いました。トイレはバイオトイレ。無臭で清潔感あり。小屋全体が掃除が行き届いており快適に過ごせました。乾燥室あり、2日目チェックアウトした後でしたが、山頂散策の際にはザックを乾燥室に置かせていただきました。 食事で出されている長野県飯山市産のお米がとても美味しかったです。ご飯はセルフサービスなので好きな量でいただけます。 Tシャツ(3000円)とバッチ(700円)を購入。 Tシャツのデザインは毎年変わるとか。 寝酒が効いたのか、今までの山小屋泊で一番よく眠れました。 しばらく苗場山の余韻に浸りたい、そう思う山行でした。 次回は花がたくさん咲いている時期に行こうと思います。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。