双六岳・丸山・三俣蓮華岳

2023.08.27(日) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 37
休憩時間
2 時間 28
距離
13.4 km
のぼり / くだり
1672 / 212 m
DAY 2
合計時間
5 時間 21
休憩時間
1 時間 39
距離
5.2 km
のぼり / くだり
487 / 492 m
1 33
1 2
26
38
DAY 3
合計時間
8 時間 43
休憩時間
1 時間 28
距離
17.2 km
のぼり / くだり
508 / 1965 m

活動詳細

すべて見る

・ 今回も北アルプス奥深く歩いて来ました。 ・ 黒部源流の魅力にハマってしまったオレです。 ・ 先月折立から入って念願の雲ノ平山荘。 そこから三俣蓮華岳に登ろうとしたものの。 午後からの雨で祖父岳までしか登頂できず。 ・ そこで今回は反対側の新穂高温泉から双六岳を通って三俣まで行って来ました。 ・ 1日目。 双六は数年前に来た時テントだったので、双六小屋に初宿泊。 昼に着いたら午後からは激しい雨で。 そうなったらバーボン飲んでゆったりですな。 ・ 翌朝はオレにしては早い出発で。 2日目は高曇りではあったものの。まずまずのピーカン。 ・ 6時に双六岳から丸山を通って三俣蓮華岳まで進む。スバラシキ稜線歩き。 ・ 天空の滑走路はスバラシキ眺望だし。 何回も振り返っちゃったよ。 ・ 右も左も。 これから歩いて行く先も。 言葉が出ないほどの絶景で。 鷲羽、水晶。振り返ると槍穂高。 ・ 写真を何枚も撮るのだけど。 写真では伝えられないね。 自分の目で見た風景の素晴らしさは凄すぎる。 ・ 一人で歩きながらも「ココにいられて良かった」を声に出してしまったよ。😭 ・ そして来てみたかった山小屋。三俣山荘。 三俣蓮華岳を降ると待っててくれました。 ・ ホントは鷲羽まで行こうと思っていたんだけど、三俣山荘まで降りたら雨がザーザー。☂️ ・ 三俣山荘でゆったりと山小屋ライフを楽しみました。 ・ 3日目の三俣山荘は午前3時発。 平湯16時発のバスに乗るために。 新穂高までナイトハイクから一気に降りる計画で。 ・ 帰りはもちろん巻道。 ・ この夏は異常な暑さだったけど、山でも同じで。 昼間に稜線歩いてても暑さ厳しいから。 夜や早朝が涼しくて気持ちイイね。 ・ 鏡平山荘で三俣山荘の弁当食べて。 わさび平小屋でそうめん食べて。 ・ 結局、新穂高には早々と昼ちょい前には着いて。 11時56分の平湯行きバスに乗車できた。

活動の装備

  • モンベル(mont-bell)
    アルパインクルーザー 2500 Men's
  • 山と道(YAMATOMICHI)
    THREE
  • ブラックダイヤモンド(Black Diamond)
    スポット
  • ブラックダイヤモンド(Black Diamond)
    ディスタンスFLZ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。