伊勢国歩き:池木屋山

2023.08.28(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 33
休憩時間
2 時間 16
距離
13.6 km
のぼり / くだり
1405 / 1401 m
4 4
25
26
2 32

活動詳細

すべて見る

今日は、”まつさか香肌イレブン”の池木屋山(いけごややま)を歩いて来ました。 今日も暑さと寝不足でヘロヘロになり、休み休みの登りになってしまった… 歩き始めからゆっくり歩いてましたが、開けた処(モノレールのレールがある処の少し手前)で太陽が… 後頭部・首が、暑い… ムーっとした空気… 温度計は33℃… ここから足が上がらなくなってしまった… その後は、休み休みで霧降山の山頂へ。 池木屋山への稜線歩きは、気温が下がっており、調子良く歩けました。 池木屋山、当初の計画は高滝ルートでしたが、ヤツらがウジャウジャいるとの情報よりやめましたが、ホンマにやめて良かった… ザック重さ:8.6㎏       +おにぎり2個、冷やし中華麺 【今回のコース】 駐車場 - コブシ平 - 霧降山 - 池木屋山 - 霧降山 - コブシ平 駐車場 P.S. 積読から、森村誠一さんの『人間の証明』を読みました。   森村誠一さん、今年2023年7月24日に永眠されました。 随分若い時に森村誠一さんの推理小説を読み漁ったのを思い出します。面白いだけではなく、人間の心情に迫ってくるものがあり、読みだしたら寝るのを惜しんで読んでいたことを思い出します。 また、極秘扱いであった細菌兵器部隊“731部隊”の『悪魔の飽食』は、戦争というものが人間の心を奪い、平気で人体実験をさせていく“生き物”であることを改めて思った本である。   東京ロイヤルホテルの42階にあるスカイダイニングルームへのエレベータの中で、胸にナイフが刺さった黒人が死に大騒ぎとなった。黒人はニューヨークから来たばかりの“ジョニー・ヘイワード”である。棟居刑事が担当になるが、この棟居刑事、幼い時に母親が逃げ父親と二人暮らしをしていたが、GIの暴行から父親を亡くし人間不信に陥った人間である。 この棟居刑事が事件を追っていくが、同時に他の話が平行して進んで行く。これらの話がどのように結びつくのかと思いながら読んで行くと、“あっ”そこか!と、いう場面が出てくる。  人間不信の棟居刑事が犯人に迫っていくとき、犯人が人間の心を持っていることを信じ、犯行自供に迫っていく場面、「ジョニーが突然、私の目の前に現れたとき、私はわが子にめぐり合えた喜びと、これですべてが破壊される絶望を同時におぼえた。ジョニーは、・・・・・・」この犯行自供は圧巻です。 解説は横溝正史さんが書かれており、『人間の証明』および森村誠一を絶賛しています。   若い時にこの本を読んだ時“ソドムとゴモラ”を想像したことを思い出し、人間の欲望が虚しいものであると考えてしまった。   『人間の証明』、今でも映画の宣伝である松田優作さんのセリフ(西条八十さんの詩)、泣けてしまいます。 母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね  ええ、夏、碓井(うすい)から霧積(きりづみ)へゆくみちで、  谷底へ落したあの麦わら帽子ですよ   色褪せることのない名作を世に出していただいた森村誠一さんに感謝します。 ご冥福をお祈りいたします。

池木屋山 今日はここからスタートです
今日はここからスタートです
池木屋山 和み
和み
池木屋山 登山口は右
奥は駐車場と黒滝ルートの登山口
登山口は右 奥は駐車場と黒滝ルートの登山口
池木屋山 これが登山口
ここから登山道
これが登山口 ここから登山道
池木屋山 途中にある雨避け小屋?
ここから九十九道です
途中にある雨避け小屋? ここから九十九道です
池木屋山 ここを抜けて開けた処に出ますが…
ここを抜けて開けた処に出ますが…
池木屋山 暑い…
あれが池木屋山かな?
暑い… あれが池木屋山かな?
池木屋山 もう暑過ぎ…
モノレールのレールを手摺り代わりにして歩きました
もう暑過ぎ… モノレールのレールを手摺り代わりにして歩きました
池木屋山 稜線歩き
稜線歩き
池木屋山 休み休み歩きました
休み休み歩きました
池木屋山 コブシ平
コブシ平
池木屋山 稜線歩きで、樹々の中で気持ち良いはずが…
キツイ…
稜線歩きで、樹々の中で気持ち良いはずが… キツイ…
池木屋山 岩の間を抜けます
岩の間を抜けます
池木屋山 開けた処に出ました
開けた処に出ました
池木屋山 良い眺め
良い眺め
池木屋山 和み
和み
池木屋山 右手に明神平が見えました
右手に明神平が見えました
池木屋山 霧降山の山頂、やっと到着
ここでおにぎり1個食べました
霧降山の山頂、やっと到着 ここでおにぎり1個食べました
池木屋山 池木屋山へ
池木屋山へ
池木屋山 池木屋山
池木屋山
池木屋山 池かな… 池塘?
池かな… 池塘?
池木屋山 池木屋山の山頂へ
池木屋山の山頂へ
池木屋山 もう直ぐ池木屋山の山頂
もう直ぐ池木屋山の山頂
池木屋山 やっと着いた、池木屋山の山頂
やっと着いた、池木屋山の山頂
池木屋山 変な木
変な木
池木屋山 いつもの自撮り
標識を真っ直ぐに直しました
ここで冷麺を食べて戻ります
いつもの自撮り 標識を真っ直ぐに直しました ここで冷麺を食べて戻ります
池木屋山 霧降山への戻り、何山かな?
霧降山への戻り、何山かな?
池木屋山 霧降山へ
霧降山へ
池木屋山 霧降山の山頂に戻って来ました
ここでもゆっくり休憩して下山します
霧降山の山頂に戻って来ました ここでもゆっくり休憩して下山します
池木屋山 良い眺め
良い眺め
池木屋山 さて下山してます
さて下山してます
池木屋山 池木屋山
池木屋山
池木屋山 お、有った!木馬!
お、有った!木馬!
池木屋山 誰もいないので、還暦過ぎのオヤジが
木馬に乗って自撮り…
誰もいないので、還暦過ぎのオヤジが 木馬に乗って自撮り…
池木屋山 良い眺め〜
良い眺め〜
池木屋山 下ります
下ります
池木屋山 レールを手摺り代わりとして下ります
レールを手摺り代わりとして下ります
池木屋山 登山口に下山して来ました
登山口に下山して来ました
池木屋山 駐車場に戻って来ました
お疲れ様でした
駐車場に戻って来ました お疲れ様でした
池木屋山 積読から、
森村誠一さんの『人間の証明』
積読から、 森村誠一さんの『人間の証明』

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。