船と鉄路とノスタルジー

2023.08.28(月) 日帰り

船&ローカル線と、見知らぬ町をぶらり歩き。 ついでにピークも踏みつつ…気ままな旅の模様です。 往路は大阪南港→志布志港 復路は宮崎港→神戸三宮FT 三宮FTはアクセス抜群だし、出入港時刻ともに使い勝手が良くて最高です。 しかも、レストランの食事がすごく美味しい。 ホテルのブッフェにも張り合えるクオリティ、なのにリーズナブル。 宮崎カーフェリーさん、儲ける気あるんかしら… まあありがたいんですけど。 また利用しよう!

やって来たのは大阪南港
今回乗船するのは別府行新造船…ではなく、奥に泊まっている志布志行

やって来たのは大阪南港 今回乗船するのは別府行新造船…ではなく、奥に泊まっている志布志行

やって来たのは大阪南港 今回乗船するのは別府行新造船…ではなく、奥に泊まっている志布志行

さんふらわあさつまは2018年就航
5年経ったとはいえ、まだまだ新しい
3層吹き抜けのアトリウムもこの船が元祖

さんふらわあさつまは2018年就航 5年経ったとはいえ、まだまだ新しい 3層吹き抜けのアトリウムもこの船が元祖

さんふらわあさつまは2018年就航 5年経ったとはいえ、まだまだ新しい 3層吹き抜けのアトリウムもこの船が元祖

デザインコンセプト的にも、新造船くれない・むらさきがこの船を踏襲しているのが伺える

デザインコンセプト的にも、新造船くれない・むらさきがこの船を踏襲しているのが伺える

デザインコンセプト的にも、新造船くれない・むらさきがこの船を踏襲しているのが伺える

オーダーを出す船長
オールラインレッコー

オーダーを出す船長 オールラインレッコー

オーダーを出す船長 オールラインレッコー

ATCの背後に虹が!

ATCの背後に虹が!

ATCの背後に虹が!

志布志行は日曜日のみ出航時刻が早くなり、名門大洋フェリー1便と被る

志布志行は日曜日のみ出航時刻が早くなり、名門大洋フェリー1便と被る

志布志行は日曜日のみ出航時刻が早くなり、名門大洋フェリー1便と被る

…故に、30分ほど後ろをぴったり追走される
なかなかレアな光景

…故に、30分ほど後ろをぴったり追走される なかなかレアな光景

…故に、30分ほど後ろをぴったり追走される なかなかレアな光景

その後、進路を違えて瀬戸内海航路へ向かう名門さん
良き旅を!

その後、進路を違えて瀬戸内海航路へ向かう名門さん 良き旅を!

その後、進路を違えて瀬戸内海航路へ向かう名門さん 良き旅を!

六甲山の上空が美しい

六甲山の上空が美しい

六甲山の上空が美しい

明石海峡大橋
…と、その右手には

明石海峡大橋 …と、その右手には

明石海峡大橋 …と、その右手には

飛鳥Ⅱ!
まさかの並走
(右奥に名門1便、左奥にはジャンボフェリーあおいという豪華な絵面)

飛鳥Ⅱ! まさかの並走 (右奥に名門1便、左奥にはジャンボフェリーあおいという豪華な絵面)

飛鳥Ⅱ! まさかの並走 (右奥に名門1便、左奥にはジャンボフェリーあおいという豪華な絵面)

一夜明けて、いよいよ鹿児島が近づく

一夜明けて、いよいよ鹿児島が近づく

一夜明けて、いよいよ鹿児島が近づく

定刻で入港
志が溢れている

定刻で入港 志が溢れている

定刻で入港 志が溢れている

ゲシュタルト崩壊しそう

ゲシュタルト崩壊しそう

ゲシュタルト崩壊しそう

20分ほど歩いて日南線志布志駅へ

20分ほど歩いて日南線志布志駅へ

20分ほど歩いて日南線志布志駅へ

終端駅ってなんだかロマンある

終端駅ってなんだかロマンある

終端駅ってなんだかロマンある

油津駅で途中下車
カープ愛が溢れている

油津駅で途中下車 カープ愛が溢れている

油津駅で途中下車 カープ愛が溢れている

昭和レトロな商店街

昭和レトロな商店街

昭和レトロな商店街

映画「男はつらいよ」のロケ地になった堀川運河と堀川橋

映画「男はつらいよ」のロケ地になった堀川運河と堀川橋

映画「男はつらいよ」のロケ地になった堀川運河と堀川橋

油津赤レンガ館

油津赤レンガ館

油津赤レンガ館

せっかくなのでピークを踏みに…

せっかくなのでピークを踏みに…

せっかくなのでピークを踏みに…

ちゃんとした山道

ちゃんとした山道

ちゃんとした山道

最後は急な階段

最後は急な階段

最後は急な階段

10分ほどで山頂に到着!
360度の大パノラマで、実に気持ちが良い

10分ほどで山頂に到着! 360度の大パノラマで、実に気持ちが良い

10分ほどで山頂に到着! 360度の大パノラマで、実に気持ちが良い

天然の良港、油津港
ちなみに山頂はすごく狭い(槍ヶ岳の穂先より狭い)ので、低山にありがちな丘っぽさがなく、しっかり山!

天然の良港、油津港 ちなみに山頂はすごく狭い(槍ヶ岳の穂先より狭い)ので、低山にありがちな丘っぽさがなく、しっかり山!

天然の良港、油津港 ちなみに山頂はすごく狭い(槍ヶ岳の穂先より狭い)ので、低山にありがちな丘っぽさがなく、しっかり山!

堀川運河をもう一度
ノスタルジックな昭和の雰囲気が残っている

堀川運河をもう一度 ノスタルジックな昭和の雰囲気が残っている

堀川運河をもう一度 ノスタルジックな昭和の雰囲気が残っている

宮崎に移動して、帰りはこちら
宮崎カーフェリー新造船ろっこう

宮崎に移動して、帰りはこちら 宮崎カーフェリー新造船ろっこう

宮崎に移動して、帰りはこちら 宮崎カーフェリー新造船ろっこう

まだデビューして一年経っていない
ピッカピカ!

まだデビューして一年経っていない ピッカピカ!

まだデビューして一年経っていない ピッカピカ!

通路のランプも味がある

通路のランプも味がある

通路のランプも味がある

夕暮れの空と月

夕暮れの空と月

夕暮れの空と月

出航は19:10
すっかり陽も落ちる

出航は19:10 すっかり陽も落ちる

出航は19:10 すっかり陽も落ちる

日の出
友ヶ島沖を通過

日の出 友ヶ島沖を通過

日の出 友ヶ島沖を通過

このファンネルマーク格好良いなぁ
…と毎日通勤時に眺めて思っていた
ちなみにモチーフは、神武東征に登場する金色の霊鵄(こがねのくしきとび)

このファンネルマーク格好良いなぁ …と毎日通勤時に眺めて思っていた ちなみにモチーフは、神武東征に登場する金色の霊鵄(こがねのくしきとび)

このファンネルマーク格好良いなぁ …と毎日通勤時に眺めて思っていた ちなみにモチーフは、神武東征に登場する金色の霊鵄(こがねのくしきとび)

昨日お世話になったさんふらわあさつまに追走されてる

昨日お世話になったさんふらわあさつまに追走されてる

昨日お世話になったさんふらわあさつまに追走されてる

気付けば三宮がもう目の前に

気付けば三宮がもう目の前に

気付けば三宮がもう目の前に

いつも橋からフェリーを眺める立場だったけど、遂に乗船叶ってこちら側からの景色が!

いつも橋からフェリーを眺める立場だったけど、遂に乗船叶ってこちら側からの景色が!

いつも橋からフェリーを眺める立場だったけど、遂に乗船叶ってこちら側からの景色が!

ホームマウンテンの名を冠する美しい船
お世話になりました

ホームマウンテンの名を冠する美しい船 お世話になりました

ホームマウンテンの名を冠する美しい船 お世話になりました

やって来たのは大阪南港 今回乗船するのは別府行新造船…ではなく、奥に泊まっている志布志行

さんふらわあさつまは2018年就航 5年経ったとはいえ、まだまだ新しい 3層吹き抜けのアトリウムもこの船が元祖

デザインコンセプト的にも、新造船くれない・むらさきがこの船を踏襲しているのが伺える

オーダーを出す船長 オールラインレッコー

ATCの背後に虹が!

志布志行は日曜日のみ出航時刻が早くなり、名門大洋フェリー1便と被る

…故に、30分ほど後ろをぴったり追走される なかなかレアな光景

その後、進路を違えて瀬戸内海航路へ向かう名門さん 良き旅を!

六甲山の上空が美しい

明石海峡大橋 …と、その右手には

飛鳥Ⅱ! まさかの並走 (右奥に名門1便、左奥にはジャンボフェリーあおいという豪華な絵面)

一夜明けて、いよいよ鹿児島が近づく

定刻で入港 志が溢れている

ゲシュタルト崩壊しそう

20分ほど歩いて日南線志布志駅へ

終端駅ってなんだかロマンある

油津駅で途中下車 カープ愛が溢れている

昭和レトロな商店街

映画「男はつらいよ」のロケ地になった堀川運河と堀川橋

油津赤レンガ館

せっかくなのでピークを踏みに…

ちゃんとした山道

最後は急な階段

10分ほどで山頂に到着! 360度の大パノラマで、実に気持ちが良い

天然の良港、油津港 ちなみに山頂はすごく狭い(槍ヶ岳の穂先より狭い)ので、低山にありがちな丘っぽさがなく、しっかり山!

堀川運河をもう一度 ノスタルジックな昭和の雰囲気が残っている

宮崎に移動して、帰りはこちら 宮崎カーフェリー新造船ろっこう

まだデビューして一年経っていない ピッカピカ!

通路のランプも味がある

夕暮れの空と月

出航は19:10 すっかり陽も落ちる

日の出 友ヶ島沖を通過

このファンネルマーク格好良いなぁ …と毎日通勤時に眺めて思っていた ちなみにモチーフは、神武東征に登場する金色の霊鵄(こがねのくしきとび)

昨日お世話になったさんふらわあさつまに追走されてる

気付けば三宮がもう目の前に

いつも橋からフェリーを眺める立場だったけど、遂に乗船叶ってこちら側からの景色が!

ホームマウンテンの名を冠する美しい船 お世話になりました