大又林道終点→明神平→薊岳

2016.02.28(日) 日帰り
ゆっき
ゆっき

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

雪山を求めて伊吹山から明神平に変更し、近鉄榛原駅で拾って頂き、車で約一時間。大又林道終点の駐車場に着きました。私たちが着いた頃にはもう車がたくさんありました。 ヒップソリを使える事を期待し、ザックに装着。アスファルトの道を30分近く歩いて登山口へ。沢を渡ること数回。結構ロープが緩いとこもあり、アスレチックみたいでドキドキ。しかし、帰りはもう足がガクガクだったので川に落ちそうで恐怖でした。。明神滝を過ぎた辺りから少し雪が現れ、凍っている場所もあったのでアイゼンを装着。だんだん雪が増えてテンション上がってきました。天気が良く青空の下で歩く雪山は楽しくて仕方ありませんでした。明神平で少し早めのお昼を食べて、目指すは薊岳。しかし、私たちの前に沢山歩いている方がいたのですが、皆さん桧塚奥峰に行かれたのか、誰にも会うことがありませんでした。サクサクの気持ちの良い雪道の尾根を歩くこと一時間、最後の最後にここ登んのー!?っていう傾斜を上がりやっとやっとたどり着いた薊岳からの景色は最高でした!!360度遮る木もなく見渡す限り山、山、山。ただ知識がないのでどれがどの山かは分かりませんでした。勉強しないと。。ちっちゃい看板で記念撮影をし、来た道を帰り、次は今回のメイン。ヒップソリ!明神平に下る雪道で勢いよく滑ったものの、雪が少なく岩が少し出てるところを通ってしまい。見事に破壊。尾てい骨は岩に直撃。中のタイツは穴があくという残念な形で終了しました。100均のクオリティーとお尻の腫れを感じながらの下山になりました。 今回、初めてなかなかの距離の登山でしたが体力と腿筋を鍛えないと実感した登山でした。でも、楽しかったー。今シーズンもう一回雪山行けたらいいな。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす