大滝山南峰・大滝山北峰・崩沢山・蝶ヶ岳

2023.08.12(土) 2 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 38
休憩時間
31
距離
6.8 km
のぼり / くだり
678 / 50 m
DAY 2
合計時間
9 時間 43
休憩時間
1 時間 25
距離
24.3 km
のぼり / くだり
1161 / 1795 m

活動詳細

すべて見る

久しぶりに長い休みが取れたのでどこへ行こうかと悩んでいたのですが、結局お目当てのテンバは全て予約必要な上に、予約も埋まっており、仕方なく以前から気になっていた徳本峠から大滝山へ。 9時前には徳本峠に到着したのですがうっかりビールを飲んでしまい霞沢は断念。 (最初から行く予定ではなかったので、気持ちが向かず) ダラダラとテンバで怠惰を貪ってしまいました。 2日目は流石に仕事をしようと大滝山から蝶ヶ岳を越えて、横尾経由で下山しました。 徳本峠から大滝山は予想通り樹林帯の中を緩いアップダウン繰り返しながら進みます。ほぼ展望効かず正直退屈でした。それでもなかなか行くことのないであろう大滝山のピークを踏めて満足。 長居しませんでしたが大滝小屋がとってもいい感じでした。蝶ヶ岳からの穂高方面の展望は雲多くイマイチ。ここからの景色は何度も見ているし、回復の望みも薄いためすぐ下山しました。 雨にも降られず、灼熱の太陽にも焼かれず幸運な山行になりましたが、相変わらず横尾から上高地までの道のりが長い。さらに銀座並みの人で溢れる上高地では沢渡行きのバスが長蛇の列で、2時間ばかり上高地の端っこで暇を潰しました。 この時期の上高地は登山者には肩身が狭いです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。