大山周回コース。大山寺登山口ー野田ヶ山ー振子山ー象ヶ鼻ー三鈷峰ー文殊堂

2018.10.28

活動詳細

詳しく見る
 大山周回コースに挑戦。時間の関係で、舗装路はロードバイクを使うことにした。前日松江に行く予定があったので、いつものように車中泊。夜にまずは下山予定の文殊堂にロードバイクを置く。そして、スタート地点である、大山寺駐車場に移動。ここで、車中泊。さすがに外は寒かったが、ダウンシュラフのおかげでぐっすり眠ることができた。駐車場にあるトイレが、すごく綺麗でありがたかった。  朝、山頂の方はガスっていてもしかしたら、展望は望めないかも・・・という残念な気持ちになるが、天気予報は晴れ。それを信じてスタートすることにした。スキー場の道を歩く。結構距離があった。あとで思ったのは川床登山口までは、車で行き、そこから徒歩スタートにすれば、時間ももう少し余裕ができたかも・・・と反省。  中国自然歩道を紅葉を楽しみながら歩く。あまりに、紅葉が綺麗なので、写真を撮りすぎてなかなか進まない。スタートして2時間ちょっとで、大休峠避難小屋に到着。ここには、10数名の登山者もいて、登山ブームを感じる。避難小屋といっても、トイレもあり、中はとても綺麗だった。ここから、野田ヶ山に進む。遊歩道という感じがなくなり、登山道になる。野田ヶ山山頂は、簡単な表示があるだけで、広さもそんなになく、休憩という感じでもなかったので、先へ進む。ここから振子山までは尾根伝いの道となる。途中、親指ピークという面白い山がある。この山頂を通って先へ進まなくてはならず、遠目からは、あんなところ通るの?と思うような道だ。動画にもアップしたが、山頂はさすがに垂直80mぐらいの崖という感じで相当スリルを味わえるが、ロープもあり、上り下りは楽しめた。特に下りは、垂直におりていく感じで、これが面白い。  振子山からの東壁の眺めもいい。朝はガスっていたのがうそのように、山頂も晴れ、展望もばっちりになっていた。象ケ鼻も気持ちがいい。すぐ近くに三鈷峰も見える。せっかくなので、ここまできたら、三鈷峰も登ることにした。まずは、ユートピア避難小屋に向かって下り、そこから三鈷峰に再び登る。三鈷峰の最後の登りは岩が崩れかかっていて、ちょっとびびるところもあるが、それでも登るだけはある。山頂からの眺めは最高だった。弓ヶ浜も綺麗に見え、気持ちよかった。また、大山の北壁もばっちり見え、すばらしい。ここにも、多くの登山者がいた。山頂で昼食をとろうと考えていたが、風が強かったので、ユートピア避難小屋にもどり、風裏になるところで、昼食。寒かったので、最初にみそ汁を飲む。これがうまい。そして、いつものカレーメシ&アフターコーヒー。食事が終わるとすでに午後2時になっていた。  ここからは下りが多いが、あまりメジャーなルートではない文殊堂までの登山道。YAMAPの地図とGPSで確認しながら下る。結構急な斜面で、岩も滑りやすく慎重に進む。ここで怪我をしてはシャレにならない。ソロなので、余計慎重にしないといけない。(誰も助けてくれない)道もあまり整備されておらず、倒木をまたぎながら進む感じのところも多く、YAMAPがなかったら、迷ってしまいそうな道だった。ただ、ピンクテープは割と表示してあり、それを確認しながら進んだ。ただ、道なの?っていうところも多かった。  思った以上に時間がかかり、だんだんと薄暗くなっていく。暗くなる前になんとしても下山しなくては本当に危険になる。まさか、こんなに時間がかかるとは思っていなかったので、懐中電灯を持ってきていなかったのだ。  紅葉も綺麗だったのだが、それを楽しむ精神的な余裕もなくなり、早く下山することだけ考えて進む。登山届の予定時刻になったので電話して無事を報告した。  なんとか、文殊堂の登山口に到着。これで、安心だ。昨夜とめていたロードバイクに乗り、ぐるっと県道を進む。さすがに途中から暗くなったが、ロードバイクには強力ライトがついているので、大丈夫。無事ゴール。  最後は時間との闘いという感じになりはしたが、今回の周回コース、トータルではしっかり楽しめた。
前日夜に文殊堂にロードバイクをとめておく。
本日の車中泊は大山寺の駐車場。この時はまだ、数台という感じだった。
本日の寝床~。
朝、登山客が増え、車もいっぱいになる。
大山ナショナルパークセンター。登山届提出。
今回は、大山をぐるっと回る形で登山をする。まずはスキー場前の道を行く。若いころよくスキーに来ていた懐かしいところ。
川床登山口から遊歩道を進む。紅葉が美しい。
ここも、紅葉が美しい。
紅葉お中、気持ちよく進む。
大休峠の避難小屋到着。登山客も多い。
避難小屋の中も綺麗。トイレもある。
ここから、野田ヶ山へ続く道を行く。
野田ヶ山山頂。1344m。
ここから振子山を目指す。途中に見えるのが、親指ピーク。
親指ピークのあの岩を越える。
親指ピークのてっぺんから、下を覗き込む。相当な高さ。動画にもUP。スリルが好きな方にはおすすめ。
ここが親指ピークの山頂。
降りるのも、結構な急斜面。ほぼ、垂直??
大山の険しい表情もいい。
振子山からの大山東壁。かっこいい~。
像ヶ鼻を目指す。
展望もすばらしい。
像ヶ鼻到着。
ここも気持ちいい。
弓ヶ浜が綺麗に見える。
ユートピア避難小屋。ここの景色もいい。
三鈷峰へ向かう。岩が結構もろくなっている。
三鈷峰山頂到着。1516m。ケルンがかっこいい。
山頂~!!
山頂から弓ヶ浜を望む。
自撮り~。
天狗ヶ峰方面の景色。
ユートピア避難小屋にもどり、昼食。いつものカレーメシだが、寒かったので、最初にみそ汁を飲む。
アフターコーヒー。いつもながら、これがうまい。
文殊堂方面に向け、下山。下山する道が分岐のポールの近くにあるが、ややわかりずらい。
途中の景色もいい。
こんな岩も・・・。
紅葉もいい。
ただ、このルート、急すぎるのと、倒木なども多いのと、岩が滑るので、あまりお勧めできない。
下山に苦労して予定する時間よりも遅くなってしまった。
道がわかりずらいところも多かったが、YAMAPと、ピンクのテープのおかげで無事下山。
駒鳥小屋に到着。時間がだんだん気になってくる。
紅葉を楽しむ余裕もだんだんとなくなってきた。膝に痛みも・・・。
あと少し。
夕日が綺麗・・・暗くなる前になんとか下山したい。
やっと文殊堂登山口に到着。
紅葉もいい。
三の沢。ここからの大山もいい。
昨夜置いておいたロードバイクで大山寺の駐車場に向かう。
夕日が美しい。
ついに暗くなってしまった。暗くなった中をロードバイクで進む。下山途中に暗くならなくて、本当によかった。
暗くなった中、大山寺のモンベルに到着。
モンベル前のマンホール。
ゴール。
本日の軌跡。

動画

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。