棒ノ嶺 〜有間ダムルートの罠〜

2023.08.11(金) 日帰り

活動データ

タイム

05:46

距離

11.3km

のぼり

906m

くだり

924m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 46
休憩時間
44
距離
11.3 km
のぼり / くだり
906 / 924 m

活動詳細

すべて見る

奥多摩ハイカーの称号でも狙おうかと、まずは棒ノ嶺にチャレンジ。朝から寝坊で1回休み(だいぶ遅刻)。千葉からですと、1本乗り遅れるだけで到着時間かなり変わります…。 青梅線川井駅から本来ならバスなのですが、本数少なめ乗りたい時間に出ていない。仕方ないので駅からスタート。舗装路を1時間ほど歩いて登山口到着。道中は木陰多くて歩きやすい。本来使うはずだったバス停のトイレはとても綺麗でした。 さて、登山の前半戦、いきなり棒ノ嶺が目的地…。沢の横を歩いた時はだいぶ涼しかったですね。ただ総じて傾斜はキツめでしたのでペースタイムは大幅オーバー。いいんです、怪我なく楽しくことに意義があるのですから。そして思ったことが。川井駅から棒ノ嶺山頂までの間、誰一人として会わなかった…またしてもマイナーなルートだったのかな🤔 これなら山頂貸切じゃない?とも過りましたがなんてことは無い、別ルートからたくさんの登山者が居られました…どこがメジャールートだったのか…そして山頂は埼玉だったのね💦 そして下山の後半戦、水好きとしてはせっかくなのでダムもみたいなと色気出したのが始まり…途中までは順調に軽快に下りていたとです。ばってん、水の音が聞こえてくると景色は一転。道、無くね?まさかの渓流下り!?滑らなそうな石をポールで確認しながら時には沢を渡り、時にはロープを使いながらも足元注意…途中見かけた子供は大喜びで川に浸かってます、服のまま…親御さん大変そう。2回ほど転びそうになりましたが、なんとか怪我なく登山口まで到達。いやぁ、凄い経験した。 眼前に広がる有間ダムは壮大でしばらく見ていたくなる光景でした。が、お風呂の誘惑には勝てず。徒歩で向かえるさわらびの湯で汗を流して、バスで飯能駅まで戻りました。このアクセスはとても助かりました🙏 総評 ・マイペースで行くのもいいよね。 ・今後も怪我しないよう無理はしない。 ・コースの下調べは真面目にやる。 ・入浴施設が終点は神。 ありがとうございました😊 山の日万歳⛰️

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。