王滝頂上・御嶽山(剣ヶ峰)

2023.08.07(月) 日帰り

山の神様の機嫌を損ねたようです😥 ガスと風雨に悩まされ、今までの中でも最悪コンディションで登頂することになりました😭 8合目付近から上では、かけていた👓は瞬時にビショ濡れ、視界も悪く良い写真も撮れなかったので前日に立寄った観光地の写真も加えました、ヤマップの趣旨とは違ったかな🤔

移動日に立寄った奈良井宿の街並み

移動日に立寄った奈良井宿の街並み

移動日に立寄った奈良井宿の街並み

これも移動日に立寄った寝覚の床です

これも移動日に立寄った寝覚の床です

これも移動日に立寄った寝覚の床です

たくさんの人が集まっている付近は深い淵になっているようで、若い人たちがダイビングを楽しんでいました🐸

たくさんの人が集まっている付近は深い淵になっているようで、若い人たちがダイビングを楽しんでいました🐸

たくさんの人が集まっている付近は深い淵になっているようで、若い人たちがダイビングを楽しんでいました🐸

さて当日、まだ夜も明けきらないガスの中をスタートです

さて当日、まだ夜も明けきらないガスの中をスタートです

さて当日、まだ夜も明けきらないガスの中をスタートです

8合目の避難小屋です、このあたりから上はほぼ岩の道になります。
しかも下から吹き上げる霧雨に悩まされました😥

8合目の避難小屋です、このあたりから上はほぼ岩の道になります。 しかも下から吹き上げる霧雨に悩まされました😥

8合目の避難小屋です、このあたりから上はほぼ岩の道になります。 しかも下から吹き上げる霧雨に悩まされました😥

気持ちが引き締まります☹️

気持ちが引き締まります☹️

気持ちが引き締まります☹️

山頂に到着はしましたが相変わらずの風雨とガスにはまいりました、視界は100mほどでしょうか?とにかく何も見えませんでした😭

山頂に到着はしましたが相変わらずの風雨とガスにはまいりました、視界は100mほどでしょうか?とにかく何も見えませんでした😭

山頂に到着はしましたが相変わらずの風雨とガスにはまいりました、視界は100mほどでしょうか?とにかく何も見えませんでした😭

八丁だるみ…確かこのあたりで多くの方が被災されていたと思います。
ご冥福を祈りつつ進みました。

八丁だるみ…確かこのあたりで多くの方が被災されていたと思います。 ご冥福を祈りつつ進みました。

八丁だるみ…確かこのあたりで多くの方が被災されていたと思います。 ご冥福を祈りつつ進みました。

駐車場に到着するまでにも既にそうでしたが、歩き始めてからも信仰の山を感じさせる像がたくさんありました。

駐車場に到着するまでにも既にそうでしたが、歩き始めてからも信仰の山を感じさせる像がたくさんありました。

駐車場に到着するまでにも既にそうでしたが、歩き始めてからも信仰の山を感じさせる像がたくさんありました。

あかっぱげと呼ばれる地点まで来ました。
文字どおり赤茶けた土が付近に広がります。
ここからは傾斜も徐々に緩やかになっていきます!

あかっぱげと呼ばれる地点まで来ました。 文字どおり赤茶けた土が付近に広がります。 ここからは傾斜も徐々に緩やかになっていきます!

あかっぱげと呼ばれる地点まで来ました。 文字どおり赤茶けた土が付近に広がります。 ここからは傾斜も徐々に緩やかになっていきます!

移動日に立寄った奈良井宿の街並み

これも移動日に立寄った寝覚の床です

たくさんの人が集まっている付近は深い淵になっているようで、若い人たちがダイビングを楽しんでいました🐸

さて当日、まだ夜も明けきらないガスの中をスタートです

8合目の避難小屋です、このあたりから上はほぼ岩の道になります。 しかも下から吹き上げる霧雨に悩まされました😥

気持ちが引き締まります☹️

山頂に到着はしましたが相変わらずの風雨とガスにはまいりました、視界は100mほどでしょうか?とにかく何も見えませんでした😭

八丁だるみ…確かこのあたりで多くの方が被災されていたと思います。 ご冥福を祈りつつ進みました。

駐車場に到着するまでにも既にそうでしたが、歩き始めてからも信仰の山を感じさせる像がたくさんありました。

あかっぱげと呼ばれる地点まで来ました。 文字どおり赤茶けた土が付近に広がります。 ここからは傾斜も徐々に緩やかになっていきます!

この活動日記で通ったコース

王滝頂上 往復コース

  • 05:04
  • 6.4 km
  • 886 m
  • コース定数 20