弥高山経由、関ヶ原⚔️

2023.07.23(日) 日帰り

僕は数年前に伊吹山に登ったが、仕事の都合で来れたのは3月末…風のある日で、急峻なツヅラ登りでかいた汗で身体が冷え、山頂に30分もいられなかった🥶💦 いつか夏のお花畑🌺✨️を😌…7月三連休のダイトレ💎が終わればと心待ちにしていたが、伊吹山は急に下からは登れないヤマになった😢⤵️ もともと長浜城🏯から関ヶ原⚔️まで、伊吹山頂🌺を経由して歩くつもりだったけど… 仕方なく、経由する山頂をとなりの弥高山に変えることにした。 よく「ヤマは逃げない」っていうけど… やっぱり、登れるヤマには、登れるうちに 登っとかなきゃならないね⛰️😅☝️

関ヶ原の開戦地無料駐車場で朝を迎える。
タント君はココで待っててもらい、僕は
電車で移動を開始🚉

関ヶ原の開戦地無料駐車場で朝を迎える。 タント君はココで待っててもらい、僕は 電車で移動を開始🚉

関ヶ原の開戦地無料駐車場で朝を迎える。 タント君はココで待っててもらい、僕は 電車で移動を開始🚉

朝日を浴びる長浜城🏯✨️
今日はココから関ヶ原まで歩く🚶‍♂️
ただし…途中にヤマ⛰️✨️を入れる😉🎵

朝日を浴びる長浜城🏯✨️ 今日はココから関ヶ原まで歩く🚶‍♂️ ただし…途中にヤマ⛰️✨️を入れる😉🎵

朝日を浴びる長浜城🏯✨️ 今日はココから関ヶ原まで歩く🚶‍♂️ ただし…途中にヤマ⛰️✨️を入れる😉🎵

そのヤマとは、百花繚乱🌺✨️の伊吹山だ💕
長浜城から一直線の街道…時速6キロ🚶‍♂️💦

そのヤマとは、百花繚乱🌺✨️の伊吹山だ💕 長浜城から一直線の街道…時速6キロ🚶‍♂️💦

そのヤマとは、百花繚乱🌺✨️の伊吹山だ💕 長浜城から一直線の街道…時速6キロ🚶‍♂️💦

なんと美しいシルエット…見とれる😍💦
自らが清水で養う田畑の背景になるのが、
いちばん自然な在り姿✨️なんだと思う。

なんと美しいシルエット…見とれる😍💦 自らが清水で養う田畑の背景になるのが、 いちばん自然な在り姿✨️なんだと思う。

なんと美しいシルエット…見とれる😍💦 自らが清水で養う田畑の背景になるのが、 いちばん自然な在り姿✨️なんだと思う。

霊仙山の山頂は、雲の中にある。

霊仙山の山頂は、雲の中にある。

霊仙山の山頂は、雲の中にある。

伊吹山登山口。7月12日の豪雨が道を押し
流し…まだたった10日前だけど、入山🈲️⤵️
だからヤマは、いま登らなきゃね💦

伊吹山登山口。7月12日の豪雨が道を押し 流し…まだたった10日前だけど、入山🈲️⤵️ だからヤマは、いま登らなきゃね💦

伊吹山登山口。7月12日の豪雨が道を押し 流し…まだたった10日前だけど、入山🈲️⤵️ だからヤマは、いま登らなきゃね💦

もちろん把握済み👌…少し東に移動する🚶‍♂️

もちろん把握済み👌…少し東に移動する🚶‍♂️

もちろん把握済み👌…少し東に移動する🚶‍♂️

弥高山への登山口に到着。実は、弥高山の
山頂から尾根をわたると伊吹山に至る…
だから、ココにこの表示がある。

弥高山への登山口に到着。実は、弥高山の 山頂から尾根をわたると伊吹山に至る… だから、ココにこの表示がある。

弥高山への登山口に到着。実は、弥高山の 山頂から尾根をわたると伊吹山に至る… だから、ココにこの表示がある。

道は、かなり上まで林道なので、
サクサク登っていく🚶‍♂️💨

道は、かなり上まで林道なので、 サクサク登っていく🚶‍♂️💨

道は、かなり上まで林道なので、 サクサク登っていく🚶‍♂️💨

沢は豪雨にえぐれた痕もあるが、
すでに澄んでいる。

沢は豪雨にえぐれた痕もあるが、 すでに澄んでいる。

沢は豪雨にえぐれた痕もあるが、 すでに澄んでいる。

道が非常にいい🚶‍♂️🎶…むしろ、伊吹山の
登山道より歩きやすいかも😓

道が非常にいい🚶‍♂️🎶…むしろ、伊吹山の 登山道より歩きやすいかも😓

道が非常にいい🚶‍♂️🎶…むしろ、伊吹山の 登山道より歩きやすいかも😓

気温はもう27℃あたり…無風だとキツイが
幸い絶えずそよ風が吹いている🌿

気温はもう27℃あたり…無風だとキツイが 幸い絶えずそよ風が吹いている🌿

気温はもう27℃あたり…無風だとキツイが 幸い絶えずそよ風が吹いている🌿

40分ほど登ると、急に草地に出る🌿

40分ほど登ると、急に草地に出る🌿

40分ほど登ると、急に草地に出る🌿

室町時代、ココに城に匹敵する規模の
お寺があった…その遺構だ。

室町時代、ココに城に匹敵する規模の お寺があった…その遺構だ。

室町時代、ココに城に匹敵する規模の お寺があった…その遺構だ。

遺構の中を登っていく。

遺構の中を登っていく。

遺構の中を登っていく。

こんなトコに、こんな場所があったのか…

こんなトコに、こんな場所があったのか…

こんなトコに、こんな場所があったのか…

関ヶ原が一望できる✨️

関ヶ原が一望できる✨️

関ヶ原が一望できる✨️

出発点の長浜の向こうに琵琶湖が広がる。

出発点の長浜の向こうに琵琶湖が広がる。

出発点の長浜の向こうに琵琶湖が広がる。

弥高山の山頂には、眺望はない。
見たいモノは、この少し先にある。

弥高山の山頂には、眺望はない。 見たいモノは、この少し先にある。

弥高山の山頂には、眺望はない。 見たいモノは、この少し先にある。

伊吹山の南斜面。たぶん…ココが、いちばん下から山頂に近づける最高点だ。ホントは…伊吹山の山頂を「通過して」関ヶ原に行くつもりだった。

伊吹山の南斜面。たぶん…ココが、いちばん下から山頂に近づける最高点だ。ホントは…伊吹山の山頂を「通過して」関ヶ原に行くつもりだった。

伊吹山の南斜面。たぶん…ココが、いちばん下から山頂に近づける最高点だ。ホントは…伊吹山の山頂を「通過して」関ヶ原に行くつもりだった。

左下に小さく6合目避難小屋🏡が見える…
山頂下から小屋まで無残に削られた斜面。
この先は、伊吹山…引き返す🚧

左下に小さく6合目避難小屋🏡が見える… 山頂下から小屋まで無残に削られた斜面。 この先は、伊吹山…引き返す🚧

左下に小さく6合目避難小屋🏡が見える… 山頂下から小屋まで無残に削られた斜面。 この先は、伊吹山…引き返す🚧

上平寺側は、京極氏という戦国大名の
城や屋形の遺構があり、かなり道がいい👌

上平寺側は、京極氏という戦国大名の 城や屋形の遺構があり、かなり道がいい👌

上平寺側は、京極氏という戦国大名の 城や屋形の遺構があり、かなり道がいい👌

本当に歩きやすいけど…お花は全くない💦

本当に歩きやすいけど…お花は全くない💦

本当に歩きやすいけど…お花は全くない💦

登山口を出ると、標識があった。
「通行止め」…弥高山でもダメなんかな😅
むしろ被災から日が浅く、厳密に地理的な
責任を取るコトができるだけの調査もできてないのが実情なんだろう。

登山口を出ると、標識があった。 「通行止め」…弥高山でもダメなんかな😅 むしろ被災から日が浅く、厳密に地理的な 責任を取るコトができるだけの調査もできてないのが実情なんだろう。

登山口を出ると、標識があった。 「通行止め」…弥高山でもダメなんかな😅 むしろ被災から日が浅く、厳密に地理的な 責任を取るコトができるだけの調査もできてないのが実情なんだろう。

しばらく歩道を東に歩く🚶‍♂️💦
さすがに下山直後だと時速6キロは辛い⚡

しばらく歩道を東に歩く🚶‍♂️💦 さすがに下山直後だと時速6キロは辛い⚡

しばらく歩道を東に歩く🚶‍♂️💦 さすがに下山直後だと時速6キロは辛い⚡

歩道はしばしばなくなる…みんなバンバン
飛ばしてるなあ😅🚙💨💨

歩道はしばしばなくなる…みんなバンバン 飛ばしてるなあ😅🚙💨💨

歩道はしばしばなくなる…みんなバンバン 飛ばしてるなあ😅🚙💨💨

小一時間で、関ヶ原の集落に入る。
昔ながらの生け垣のお屋敷が続く。

小一時間で、関ヶ原の集落に入る。 昔ながらの生け垣のお屋敷が続く。

小一時間で、関ヶ原の集落に入る。 昔ながらの生け垣のお屋敷が続く。

お👀‼️ かわいいねぇ⚔️😂🎶

お👀‼️ かわいいねぇ⚔️😂🎶

お👀‼️ かわいいねぇ⚔️😂🎶

カンカン照り🔥の中で待ってたタント君😅
シートを冷やしたら…次のミッションだ☝️

カンカン照り🔥の中で待ってたタント君😅 シートを冷やしたら…次のミッションだ☝️

カンカン照り🔥の中で待ってたタント君😅 シートを冷やしたら…次のミッションだ☝️

関ヶ原の開戦地無料駐車場で朝を迎える。 タント君はココで待っててもらい、僕は 電車で移動を開始🚉

朝日を浴びる長浜城🏯✨️ 今日はココから関ヶ原まで歩く🚶‍♂️ ただし…途中にヤマ⛰️✨️を入れる😉🎵

そのヤマとは、百花繚乱🌺✨️の伊吹山だ💕 長浜城から一直線の街道…時速6キロ🚶‍♂️💦

なんと美しいシルエット…見とれる😍💦 自らが清水で養う田畑の背景になるのが、 いちばん自然な在り姿✨️なんだと思う。

霊仙山の山頂は、雲の中にある。

伊吹山登山口。7月12日の豪雨が道を押し 流し…まだたった10日前だけど、入山🈲️⤵️ だからヤマは、いま登らなきゃね💦

もちろん把握済み👌…少し東に移動する🚶‍♂️

弥高山への登山口に到着。実は、弥高山の 山頂から尾根をわたると伊吹山に至る… だから、ココにこの表示がある。

道は、かなり上まで林道なので、 サクサク登っていく🚶‍♂️💨

沢は豪雨にえぐれた痕もあるが、 すでに澄んでいる。

道が非常にいい🚶‍♂️🎶…むしろ、伊吹山の 登山道より歩きやすいかも😓

気温はもう27℃あたり…無風だとキツイが 幸い絶えずそよ風が吹いている🌿

40分ほど登ると、急に草地に出る🌿

室町時代、ココに城に匹敵する規模の お寺があった…その遺構だ。

遺構の中を登っていく。

こんなトコに、こんな場所があったのか…

関ヶ原が一望できる✨️

出発点の長浜の向こうに琵琶湖が広がる。

弥高山の山頂には、眺望はない。 見たいモノは、この少し先にある。

伊吹山の南斜面。たぶん…ココが、いちばん下から山頂に近づける最高点だ。ホントは…伊吹山の山頂を「通過して」関ヶ原に行くつもりだった。

左下に小さく6合目避難小屋🏡が見える… 山頂下から小屋まで無残に削られた斜面。 この先は、伊吹山…引き返す🚧

上平寺側は、京極氏という戦国大名の 城や屋形の遺構があり、かなり道がいい👌

本当に歩きやすいけど…お花は全くない💦

登山口を出ると、標識があった。 「通行止め」…弥高山でもダメなんかな😅 むしろ被災から日が浅く、厳密に地理的な 責任を取るコトができるだけの調査もできてないのが実情なんだろう。

しばらく歩道を東に歩く🚶‍♂️💦 さすがに下山直後だと時速6キロは辛い⚡

歩道はしばしばなくなる…みんなバンバン 飛ばしてるなあ😅🚙💨💨

小一時間で、関ヶ原の集落に入る。 昔ながらの生け垣のお屋敷が続く。

お👀‼️ かわいいねぇ⚔️😂🎶

カンカン照り🔥の中で待ってたタント君😅 シートを冷やしたら…次のミッションだ☝️