晩秋の涸沢(奥穂岳途中敗退)

2018.10.20(土) 2 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 28
休憩時間
1 時間 41
距離
19.0 km
上り / 下り
1616 / 822 m
DAY 2
合計時間
5 時間 11
休憩時間
23
距離
15.6 km
上り / 下り
245 / 1037 m

活動詳細

すべて見る

久々の登場です。 今夏山は長雨と台風により計画がことごとく潰れ、 かなり鬱憤が溜まっていました。 今年最後の北アルプスで、奥穂高を目指しました! 19日15時に自宅を出発、沢渡駐車場に20時頃到着、ここで相棒と合流。 早朝相乗りタクシーにて上高地へ。 明神では薄日が差していたものの、横尾に来ると曇天時折小雨。 本谷橋を過ぎ涸沢の手前で、後方から凄いスピードで登ってくる面々。 すれ違い様に見ると、なんと田中陽希と グレードトラバース3の撮影クルーの面々ではないか! 「今、田中陽希」だったよね? 「うんうん」 「すんげぇ速い!」 あっという間に去って行きました。 その後涸沢小屋に到着すると、クルーが小屋で休憩していました。 陽希さんはストーブで服を乾かしていて、そのすぐ横でカレーを食べる私達。 「うっひゃ~生陽希だぜ」 彼は私より二回り以上も歳下、でも私にとってはスーパーヒーローなんです。 チラリと陽希さんの身体を眺める。 その身体は締まっていて、脚はカモシカの様にしなやかでした。 お客さんも少なく、写真をお願いするタイミングを見計らう。 意を決して相棒が声をかけると、陽希さんは快く承諾、 記念写真と相成りました。 小屋に着く前から降っていた雪も止んで薄日が指し始めた頃、 クルーの面々が出発の準備を始めました。 陽希さん達が出発した後、我々も小屋を出ましたが、 彼等はあっという間に視界から消え去りました。 ザイデングラートまでのガレ場でまた雪が降ってきました。 ザイデンの取付きからさらに降雪が酷くなり、やがて氷(ひょう)に変わった。 ザーザーと音を立てて容赦なく降り続く氷、 危険な箇所を3つ位通り越し、初めて登場した鉄梯子を登った所で、 もうこれ以上は無理と判断、二人で相談し下りる事にする。 下りではアイゼンを装着する。 集中力を高め、細心の注意を払いながら下る。 何とか取付きまで戻り少しほっとする。 しかし積もった雪で踏跡が分からず、マーキングも薄い。 おまけにガッスガスで見通しが利かず、二人で注視しながらルートを探る。 涸沢ヒュッテが見えた時は、ホンマ安堵しました。 涸沢ヒュッテで宿を取る。 (涸沢小屋はauのみ〇、私たちはドコモ) ヒュッテには100人以上の宿泊者がいましたが、 ほとんどが涸沢止まりだったようです。 翌朝、日本一?美しいモルゲンロートを体験。 朝陽が登れば見事な晴天となりました。 ヒュッテを去るとき、穂高を見上げながら 「今日だったら行けたのにな・・・」 「素晴らしいモルゲンを体験、陽希さんに会えたんだから まあ大成功だったんじゃない?」 「そうっスね」 再チャレンジを誓った二人なのでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。