雲取山テン泊訓練~雨のち暴風雨

2018.10.20(土) 3 DAYS Tokyo, Saitama, Yamanashi
たけぞうz
たけぞうz

活動データ

タイム

14:10

距離

28.3km

上り

2,397m

下り

2,404m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

10月20日~21日、雲取山にテン泊訓練に行って来ました。 天気予報は当初は快晴でしたが、15時頃に雨予想。ほんとかいな~?と思いつつ、傘は持ちませんでした。 気温もここ数日は3℃くらいなので、夜はかなりの冷え込みが予想されます。 取りあえずダウンとホッカイロを持って臨みます。 奥多摩小屋のテン場は来年3月末に閉鎖されるということなので、ここでのテン泊は最初で最後になるかも? なのできっちり楽しんでこなければ。

車で7時30分頃に小袖乗越の駐車場に着いたらすでに満車。仕方ないから鴨沢バス停上の、小学校跡地駐車場に車を停めて向かう。 想定から50分ロスしてしまった。
頂上までの目安
まだ紅葉はまったく始まってません。
七ツ石小屋の分岐に到達。 ここまで1時間40分。
七ツ石小屋に到着。 ここは素泊まりだけの宿です。
歩荷小屋だからか、ビールが600円と高い。湧き水でキンキンに冷えてるが、ここは奥多摩小屋まで我慢だぜ😫
休憩所兼テン場です。
朝御飯のおにぎりを食べたら出立します。
石尾根稜線まできて、やっと紅葉が始まりました。
緩やかな稜線を登っていくと…
七ツ石山に到達。 さして見るべきものもないから、速攻先に向かいます。
遥か右手の先に雲取山頂上が見えます👍
防火帯の稜線を進みます。
噂のダンシングツリーが見えました。 なぜかエドはるみを思い出した。
左手は針葉樹の紅葉。
右手は紅葉の紅葉🍁
テン場に到着しました。 まだ12時だからか、テントはまばらです。 コースタイムは1時間10分巻けた🎵
奥多摩小屋。かなり老朽化がひどく、こりゃ宿泊者が減るのは当然かな。 受付を済ませたらビールを買いたかったが、冷蔵庫の電源が入ってなさそうだ…ここは常温ビールを売るのかな⁉️
ビールを買うのは見送って、先にテントを設営して山頂に向かうことにした。 まだ場所は選びたい放題です🎵 客が増える頃には冷蔵庫の電源が入ってることを祈ろう。
我が家の建設完了⤴️ 今日が3回目のテン泊、設営も慣れてきました👍
そしたら速攻雲取山山頂に向かいます。 電車でやってくるテン泊女子二人が到着するまでには下山したいし。
針葉樹の紅葉が綺麗です😆
山頂が見えた
雲取山避難小屋。 今夜泊まるかたは居るのだろうか?
内部はこんな感じ
取りあえずの山頂に到着👍
歩いてきた道を眺めます。
そして山頂へ😆
雲が多く富士山は見えず。 都内方面も霞んでいるかな。
20分ほど楽しんだら下山へ。
行きに小雲取山の場所が解らなかったから、帰りは笹藪のなかを捜索してゲット⤴️
我が家が見えてきたが、だいぶテントが増えてる。 ご近所さんと仲良くやれるかしら😫
テントに戻る前に水場にきたら、湧き水というか沢水というか…水量も微妙ですね。
水を汲んでテン場に上がったら、見知った顔が。 チーム関根のN子隊員と、お友だちのM2さんです。 N子さんは初テン泊、M2さんはかなりの経験者らしい。
すでによい場所は残ってなく、斜面のわずかな平地に設営する二人。
無事に設営が完了しました。
どんどん建設されていきます。
これが噂のトイレです。 夜に入ると、下から手がでてくるらしい😭
すでに発電機は動いていて、冷蔵庫は稼働中。でも冷えてるのかどうかは怪しい。
かなり老朽化が激しく、棚も埃まみれで掃除もしてなさそう。ここには泊まれねぇ😵
ビールを2本仕入れ、持参したウインナーを焼きつつ宴会開始🍺
ビールを飲んだら、持参したワインで乾杯です🥂 しかしこの頃から雨がぱらつき、時折強風も吹いてくる。
テン泊はこの宴会が醍醐味ですな🍷
いヤッホー😆
なんでも焼き始める。
アップルパイを食べるN子さん。
缶詰も直火で温めるぜ。 この缶つまの厚切りベーコンが激烈旨かった😚
結構大粒の雨が降ってきました。
無視して飲んでいたが、そろそろ雨がやばいぜ😵
開始一時間で宴会を断念して、それぞれのテントに撤収となりました。 まだ17時ちょい。もっと飲みたかったのに。 夜は長いぜ😵
テントにも大粒の雨が。
現在のテント内の気温は6℃。これから更に下がっていきます。
皆、テントのなかで、めいめい時間を過ごします。
日没後のテン場。 明かりが綺麗です
乱雑なテント内
寒い夜対策に白金カイロを持ってきました。 ベンジンの気化ガスと白金触媒が反応して 、かなりの熱を発生するすぐれもの。 高山だと酸素が薄く、ホッカイロもなかなか酸化反応しづらいが、こいつなら関係なく暖かいぜ👍
雨は止んだが、夜中じゅう、強風が吹き荒れて耳栓してても目が覚める。 星も綺麗だが、月が明る過ぎるなあ。
寝られないほどではないが、結構寒い。 雪上テン泊とかはどんなになっちゃうのやら?
朝4時。気温は2℃。 女性陣がご来光を見たいというので、私も付き合うことに😩そとは未だに強風が吹いてます。 外は月も沈んで、満天の星空に✨ 時折流れ星が見える🌠
暗いなか、50分かけて山頂を目指します。 空気はキンキンに冷えてます😵
東の空が白んできました。
今日は富士山もくっきり。 昨夜の暴風で、雲が ひとつない快晴になりました。
雲取山がモルゲンロートて赤く染まる。 数分間に合わなかった😵
朝日に輝く富士山。 暫く見えなかったうちに冠雪してます。
真っ赤な雲取山。
取りあえずご来光😚
富士山が美しすぎる。
山頂ゲットだぜ!
4時から起きて沸かしといたお湯でモーニングコーヒーを楽しむ☕
暖かい飲み物が夜明け時の冷えた体に染み入る。
一面霜が降りてます❄️
水溜まりも凍ってる。季節は冬ですな。
丹沢山塊もくっきり。
なんと肉眼で東京湾に浮かぶ船まで見える。昨夜の暴風で視界がクリアに🎵
遅くなりましたが、テン場で朝食準備を。
そこへ前日に雲取小屋に宿泊してた、チーム関根のJさんと、お友達のM3さんが登場。 昨日待ってたのに会わないなぁと思ってたら、三峰口からきた模様。それじゃあ~会わないよな。
ハロウィンのお菓子を貰ったので、皆でお茶にします☕
Jさん達には先に下山してもらい、我らはテント撤収へ。 テントを素早く撤収するのも重要な技術です。
でもすでに9時を回ってしまった💦 早く下山して風呂入りて~。
テン場はだいぶ寂しくなりました。
帰りはサクサク巻き道を下ります。 今日は暑く、紅葉が青々していて初夏みたい。
登山口に無事に着きました。 取りあえず閉鎖される前にテン泊できて良かったぜ。
いぇ~い👍
我らが駐車場に着いたら、先行したJさんから連絡が。 目の前でバスが行ってしまったらしい。 結局満員の5人でザックを無理矢理車に積み込み、丹波山村ののめこい湯に向かいました。
江戸っ子Jさんは、もちろん風呂好き、祭り好き、喧嘩好き。一番に風呂屋に向かう橋を突き進みます。
丹波山温泉、のめこい湯♨️
蕎麦も手打ちの田舎そばでした。
皆を乗せて青梅駅まで送る報酬に、葡萄とのミックスソフトを恵んで貰いました🎵

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。