今回も2座で終わった北岳・間ノ岳

2023.07.17(月) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 5
休憩時間
22
距離
2.5 km
のぼり / くだり
751 / 32 m
DAY 2
合計時間
10 時間 13
休憩時間
3 時間 4
距離
9.2 km
のぼり / くだり
1432 / 780 m
DAY 3
合計時間
4 時間 40
休憩時間
21
距離
6.1 km
のぼり / くだり
255 / 1622 m

活動詳細

すべて見る

4年前の10月、白峰三山縦走の試みが、2日目の暴風雨で宿泊していた肩の小屋で午前中停滞した為、日にちが足りず二山に終わった。 今回は再びその北岳からの絶景のリベンジを兼ねて白峰三山縦走をしようとテントを担いでやって来た。 天気予報もばっちりで前泊でリニューアルしたと云う広河原山荘の予約も残り1人の処を突っ込んだ。 なるほど、ここはメニューも豊富で山岳リーゾトホテル感満載でした。4,5人入ればいっぱい位だが、風呂も完備。 夕食も分厚いポークステーキがとても柔らかくて美味で桃のデザートまでついた。 ところが飛んだ落とし穴が… 久しぶりの小屋泊で緊張したのか(笑)、両隣からの鼾攻撃でろくすぽ眠れなかった。 翌朝、寝不足と20kg(水3l)を担いで上がるのは無理だと、朝8時に白根御池小屋到着後、即テントを張り仮眠を取った。 そんなことで、2日目は頑張って農鳥小屋まで行くか思案したが、山友との縦走計画もあるし、ここで脚を使い果たしてもと考えて北岳山荘までにして再スタートした。 聞いてはいたが、草すべりもなかなか手強かった。 しかし、肩の稜線まで上がると待ちに待った絶景が迎えてくれて、ザックからカメラを取り出して甲斐駒やら仙丈やら北岳を撮った。勿論富士山も。 肩の小屋では若旦那さんに4年前停滞していた時色々親切にしてくれたことの礼をいいコーラを買った。 北岳山頂から見る間ノ岳への稜線、これが今回一番見たかった絶景でした。お腹いっぱいになるほど写真を撮った。 北岳山荘で受付してテントを張り間ノ岳に向かうと、中白根山への登り始め辺りで男性がオコジョがいますよと教えてくれた。人生初めてオコジョを見ました。すばっしこくてイイ写真が撮れませんでしたが、ホントにかわいい🩷 中白根山からは3000mの天空の稜線を満喫、ここから見る北岳も素晴しい。 間ノ岳からは農鳥方面はガスってしまいましたが、次回絶対行くからなと挨拶してテントに戻った。 翌朝は10時甲府駅行きのバスに乗る為、日の出を見てから出発。 八本歯のコルまでは花が色々咲いていた。 大樺沢ルートが通行止めなので白根御池まで行き、またあの激坂を下って何とか30分前に広河原に着いた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。