夜がメイン 鳥海山吹浦口から周回

2018.10.13(土) 2 DAYS Yamagata, Akita
TAKSPEED
TAKSPEED

活動データ

タイム

13:51

距離

19.3km

上り

1,712m

下り

1,713m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

10月に入ってから休みなしで働き過ぎた。 疲れは溜まっている自覚はあるが、夜~午前中晴れそうなのを見て、迷わずやってきた、通算11回目の鳥海山。 今回は星空と御来光がメイン。 とにかく寒そうなので、それなりに準備をしてきた。 日中暑くなるかもだけど、仕方がない。 吹浦(ふくら)口から、歩きやすい道をぐんぐん進んでいく。たまに夜景も撮りながら、あっという間に笙ヶ岳へ続く稜線に到着。 そのまま鳥海湖へ。 三日月も沈み、星はよく見えるがあまりに暗くて、 鳥海湖は写らず(笑) 風も強くて寒いので、千蛇谷を登り御室へ。 しっかり雪囲い&施錠された小屋には入れないので、 小屋の周りの風を避けられて頭上が開けた砂地を見つけて、ツエルトとシュラフに包まってしばし空を見上げた。 視界いっぱいに広がる星空に落ちそうになる錯覚に感動しつつ、頭まで包まって1時間ほど仮眠。 あまりの寒さに目がさめる。 時間だし、指先の感覚もあやしくなってきたので七高山へ。 御来光は雲に阻まれて微妙だったけど、 綺麗な夜明けの空を眺めることができました♪ その後は晴れたりガスったりを繰り返しながら、 千畳が原経由で下山。 この後また仕事ざんまい。。 大好きな鳥海山でエナジーチャージできたかな!

鳥海湖まで一気に来た
木道には霜が降りていて超絶スリッピー
いたる所で遊びながら進む
酒田の夜景が綺麗だ
千蛇谷を登って御室まできた。 この星空を眺めながら、ツエルトとシュラフにくるまって仮眠。
5時に寒くて目が覚めた。 手足がしびれるほど冷えて、焦って撤収!
雲海がすごい朝
うっす~く焼けてきた
たまには標柱も 朝焼けバージョン
とにかく寒いのでストーブをつけて抱くようにして暖を取る。 そしてスープ飲む
そして、キター! こんなご来光はじめて! リアル日章旗!!
Iphoneでタイムラプス撮ってたら、イワヒバリ監督w
雲が厚くてこれが精いっぱい
そのぶん、雲海を楽しみましょう
空も美しい
新山は、、また冬かな!
この雄大さが好きなんだ
気が付けば冬の足音。。
この空の色、たまらんね
キリが無いので歩き出そう
一回降った様子
あんなところで外で寝るもんじゃない(笑)
グッバイ新山、また冬に登るね
紅葉は終わってるけど、まだまだカラフル
今シーズン初エビの尻尾
ちょっと雲が多いのが気になる
でも、この空の色はスバラシイ
何度訪れても嬉しくなる
大好きな鳥海山
今日も晴れてくれてありがとう
せっかく天気もいいし
あざみ坂を下っていこう
藪にはならないのねこの辺
これから歩いていくところが全部見える
あそこまで行く間も晴れてくれるだろうか
まずは河原宿へ
と、あざみ坂には危険な氷が。。
これは気をつけねば
既に10人ちかくスライドした
さすがは人気の山だ
だんだん迫ってきた雲
あれれ
(;´Д`)あちゃぁ
半分あきらめて月山森方面へ行くと
急速に晴れてきた♪
おおぉぉ!!
やったね♪
水たまりキラーン
ここからは木道ルンルン天国
山頂方面も晴れてよかった
ウキウキルンルンでおっさんが行く
美しぃ。。
池塘に写る晩秋の景色
そして青空♪
あーまた山頂は雲の中
こちらは順調順調
鳥海湖方面もなんだかカラフル コントラストがすごい
そしてちょっと濡れて滑りやすい幸治朗沢へ
これはやばい! ムチャクチャ滑る!! かなり慎重に下る
やっと終わった(;´Д`)
ここからはまた楽園タイム
美しい庄内平野も晴れてクッキリ
とにかく素晴らしい木道に感謝です
草紅葉はファッサー!というよりカッサー!!(笑)
T字分岐でたまらず昼寝してたら なんだか曇ってたw
青空を探しながら、帰るとしよう
振り返って思うのは、冬に歩けるルート。。
鳥海湖についたころにはすっかりどんより
まあ帰るだけだしな
素晴らしいのはこの石畳! チャリ乗れるクオリティ。 そしてこの美しいS字!
紅葉に包まれた大平山荘が見えたらゴールはすぐそこ
いえい♪ ゴーーーール
登山口付近が紅葉MAX! おかげで駐車スペースは激混み(笑)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。