三郡縦走【テント2泊】

2014.09.13

活動詳細

詳しく見る

この連休は、yamapで知り合ったkazuさんのお誘いを受けて、宝満山キャンプに行ってきました。 でも、せっかくの3連休で1泊だけはもったいないので、若杉山からのテント泊縦走を計画。 土曜日に下の娘の高校体育祭を応援しに行った後、早々に自宅に戻って準備をしてから夫婦でJR篠栗駅へ。 今回は1日で縦走できる距離を2泊3日と余裕があります。 途中で若杉の湯でお風呂に入って、そこからタクシーに乗りキャンプ場へ。 前回来た時には5~6張り程度しかなかったテントが、今回は埋め尽くさんばかりのテント・テント・テント。 テントを張る場所がありません。 仕方が無いので、キャンプ場の一段降りたスペースに張ることに・・・ 早速テントを張って、夕食の準備。 寄せ鍋がめちゃくちゃ旨かった。 ちなみに、ここ若杉楽園キャンプ場は、直火がOKらしく、あちこちで火を焚いてました。 無料なのにトイレも綺麗で水洗。オートキャンパーに人気なのが分かります。 翌日は朝からマッタリと過ごし、ゆっくり出発。 大杉巡りをしながら若杉山山頂を目指します。 前回は若杉山の頂上を通過しただけでしたが、寄り道してみると若杉山って結構楽しい・・・ 11時過ぎに若杉山山頂を通過。本日のゴール、宝満山キャンプ場を目指します。 今回のザックの重さは、私が21kg。カミさんが8.5kg。 キャンプ場からキャンプ場の移動なので、余計な水を積まなくて良いので、気分的にも随分楽でした。 若杉山~鬼岩谷~砥石山~前砥石山~三郡山~仏頂山を経由して宝満山へ。 途中砥石山で10分。三郡山で30分の休憩を入れましたが、宝満山キャンプ場に着いたのが4時20分。 重い荷物を背負った割には、まずまずのペースで到着できました。 キャンプ場に着いた早々に、テントを設営。既にkazuさんは到着されていました。 挨拶を交わして、私たちは夕食の準備に取り掛かります。 前夜もかなりお酒を飲み干しましたが、この日の為にもワイン1本と焼酎4合とチュウハイ500mlとビール500mlは残してあります。 まずは夫婦でBBQをしながら乾杯。 食べ終わる頃には焼酎しか余っていません。 食事の後は、kazuさんグループの宴会に合流させていただきました。 皆さん、とても気さくな方ばかりで、初めて会った方とは思えないほど楽しい時間を過ごすことができました。 お酒もどんどん進み、私の焼酎が無くなった後は、kazuさんのお友達が持ってこられた兼八をいただき、今度は別の方の壱岐娘。 最後はシャンパンと飲み続け、終いには魂が抜けて抜け殻だけになってしまいました。 この夜、待ち合わせしていた「とっさん」。酔っ払いと化したおっさんに声を掛けずらかったと思います。 本当にごめんなさい。 翌朝、皆さんとご来光を見に行く約束をしていましたが、超二日酔いのため、すっぽかしたのは言うまでもありません。 テントの中でウダウダしていると、外からkazuさんらしき人の話し声が・・・ 「昨日だいぶ飲んで酔っ払ってたので・・・叩き起こしましょうか・・・」 ???誰と話してんだろう???と気になり、開かない目のままテントの外に出てみると・・・ なんと「とっさん」がお嬢さんと一緒におられるではないですか。 撤収して下山される3分ほど前にようやくお会いすることができました。 とっさん。本当にすみません。 結局、宝満山の頂上には登ることも無く、皆さんと一緒に下山しました。 そして下山後は、バスで帰ろうとする私たちに気を使っていただいて、車で送って下さったkazuさん。 好日山荘のバーゲンまで連れて行って下さり、お礼の言いようがありません。 そして、楽しく接してくださったkazuさんのお友達の方々。 めちゃくちゃ楽しいキャンプでした。 本当にありがとうございました。 これに懲りずにまた誘ってくださいね。

前回同様、篠栗駅から出発します。
若杉の湯に立ち寄ってみました。ここは家族風呂が人気なようです。
露天風呂。でも、温泉ではありません。
車じゃないので、風呂上がりにはやっぱりビール。
若杉の湯からはタクシーを利用して、若杉楽園キャンプ場に到着しました。既にテントを張るスペースが無いほど賑わっています。
めちゃめちゃ夕日がきれい。何故か太陽がやたらとデカイ。
キャンプ場の路肩みたいなところにテントを張ります。
今夜は寄せ鍋。自分で言うのもなんですが、めちゃくちゃ旨かった。
夜景がとても綺麗。
ダイニングルームも片付けて、早めの就寝。
夜、トイレに行きましたが、無料のキャンプ場なのにトイレットペーパ完備の上、水洗です。
早朝の風景。向こうには海が見えます。
山の水を利用した水場。飲み水では無いと書いてありましたが、普通に飲みました。
キャンプ場を後にします。
今回もここから登り始めます。
綾杉。
宝満山の一の鳥居みたい。
少し遠回りになりますが、今回は杉巡りコースを選択。
七又杉。ここまで来てカミさんが買ったばかりのサングラスを途中で落としたと言い出した。カミさんを残し、トレランでキャンプ場まで探しに戻るも見つからず。
大和の大杉。
途中の登山道はウッドチップが敷き詰められています。
出た~~。山頂手前の百段以上ガンギ。
登山の無事を願ってお参りします。
ザックがデカイと通るだけでも難儀します。
はさみ岩。善人しか通れないと言われている岩。
ザックが引っ掛かり通れません。
挟まったザックを残して脱出。私は悪人です。
次は、あなたの番です。
こんな所も登ってみる。
ここも善人しか通れず。撤退を余儀なくされました。
若杉山山頂。いつものように感動がありません。
山々がハッキリと見えます。宝満山、めちゃ遠い。
一歩一歩目的地に向かって進んでいきます。
ショウケ越。
鬼岩谷山頂。
砥石山山頂。ここで小休憩。
前砥石山山頂。
ヘリコプターが飛んでます。
三郡山が随分近くに見えるようになってきました。
三郡山までもう少し。
三郡山でコーヒータイム。
三郡山山頂。
仏頂山まで来ました。宝満山まであと少し。
足取り軽く、ペースが上がります。
宝満山キャンプ場に到着。思っていた以上にテント・テント・テント・・・。いつも夕方はこんなんでしょうか?
若杉楽園キャンプ場ではテントを張る場所が残っていなかったので、まずはテントを張って場所取りします。そして夕食のBBQ。
kazuさん達のグループにお呼ばれして合流。この時点で既に酔っぱらっています。とっさんのテントがすぐ後ろに張られているのを帰宅してから写真を見るまで気付きませんでした。
kazuさんのお友達がチジミを作ってくれました。焼酎にシャンパン。この辺りから記憶があやしい・・・
宴は暗くなってから、ますます盛り上がります。ダウンを着込まないと寒い。
昨夜お世話になった皆さんと一緒に下山。
下山後、帰りはkazuさんの車に乗せていただき、トリヤス久山にOPENしたばかりの好日山荘のバーゲンへ出向きました。
運転手のkazuさんには申し訳ないですが、昼間っからビールを飲んじゃいました。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。