燕岳日帰り(🐻遭遇)

2014.09.14(日) 2 DAYS Toyama, Gifu
やまたいら
やまたいら

活動データ

タイム

10:43

距離

13.5km

上り

2,842m

下り

2,778m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

表銀座入口、北アルプスの女王 燕(つばくろ)岳日帰りにチャレンジ。今回は4人のパーティ。前泊の有明(ありあけ)荘からトラックイン。登山口まで約15分。久々の☔️予報無の3連休中日、登山口は人また人。さすが北アルプス三大急登、常にステップを登る調子でどんどん高度が上がる。第1ベンチでは唯一の水場があり給水。一見沢だが、湧き水が流れ出てるようで、水質は悪くない。その後、第2、第3、富士見と続き、合戦小屋に到着。荷物専用ケーブルはここに物資を供給するために引かれている。燕山(えんざん)荘への道は、わずかに斜度は下がるものの、依然急登が続く。道には高山植物が咲き乱れている。ただ、雨こそはないものの、あいにくの雲の中で、三角点の合戦沢の頭でも廻りの景色は見えない。ただ、燕山荘前では西側に雲が切れており、裏銀座の絶景と燕岳がお出迎え。予期せぬ恵みに登頂者からの歓声がこだまする。燕山荘は山小屋とは思えぬ立派なたたずまい。稜線沿いには様々な形状の花崗岩の岩群があり、その間を縫うように燕岳に向かう。燕岳頂上に着く頃には雲が立ち込め視界は悪くなって来たので、一休みし退散。帰りは雲の中ひたすら急登を下る。電池切れ寸前の登山口でトラックアウト。17時前に有明荘に戻り、日帰り♨️にも間に合う。 ここは急坂の上り下りで、足場も悪く、足腰への負担が強いコースです。バゲッジコントロールは慎重に。 下り第1ベンチ手前で藪を駆け降りる音がし、その方向に目をやるとなんと熊❗️❗️❗️(最後の写真参照) 後ろを歩いている方の鈴りんに反応したかのような動きでした。熊除けの音の必要性を実感しました。

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。