南駒ケ岳(越百山~仙涯嶺~南駒ケ岳)

2018.10.08(月) 3 DAYS Nagano
きくりん
きくりん

活動詳細

もっと見る

数年前に木曽駒ケ岳~空木岳を縦走したときに見た、お隣の南駒ケ岳の美しさが忘れられず、 もう高山の縦走は難しい年齢と体力とは思っていたが、標準タイムの1.5倍で計画を立て て行くことにした。 【前泊】 11:30 都内某所に相棒に迎えに来てもらい、車で大桑村に向けて出発。     (若くはないのに、徹夜で移動してすぐ登るという失敗を何回もしているので、     最近は無理なく前泊することにしている) 16:30 大桑村の民宿I到着。     おばあちゃん姉妹が営む民宿で、心のこもった安くてボリュームがあるおいしい     食事と清潔な宿に大満足! 【1日目】 05:00 朝早く出たいので朝食は弁当でとお願いしていたが、なんと何時でもいいという     妹さんの好意に甘えて、宿で温かくておいしい朝食を取って出発することができた。 06:30 臨時駐車場着。     越百小屋のご主人からダム周辺の林道崩壊の情報は聞いていて、ダムの手前の     駐車スペースに止めたが、既に20台ほどの車が止めてありギリギリだった。     この日はほとんどの登山者が越百山のピストンのようで、翌日我々が下山した     ときには車はZEROだった。越百山は人気の山なのだ。 08:30 登山口到着。ダム周辺の林道崩壊は凄まじく、これ以上の崩壊が進むと徒歩での     入山も厳しくなるかもしれない。     下山時のこの2時間の林道歩きは正直厳しかった、(笑) 14:40 越百小屋到着。     ずっと樹林帯の痩せ尾根の登りだったが、台風一過の好天で絶好の登山日和、     涼しくて(風もなく)汗もかかない快適な登山となった。     途中地図にない水場があって嬉しかった。おかげで計画よりずっと早く、標準の     1時間遅れで小屋に到着。     小屋は25人収容の小さな小屋だったが、オーナーこだわりのとてもおしゃれな     ランプの小屋で、食事もとても美味しかった。この日が小屋締めで宿泊は我々2名と     単独行の岐阜の方との2組のみ。山談義に花が咲く。     冬は積雪が7Mを越えるらしい。山小屋に感謝。     外に出ると空気が美味しく、満天の星空で最高だった。 【2日目】 04:20 越百山到着。     3:30に小屋を出て、暗闇の中到着。     朝露に濡れた森林限界をひたすら登る。     ヘッドランプに照らされた山頂は、空木岳や甲斐駒ヶ岳の山頂と似ていて、白いザレ     砂と岩の融合した美しい山頂だった。 06:50 仙涯嶺到着。     南アルプスからあがってくるご来光を楽しみに、稜線歩きを満喫。     岩の山仙涯嶺に、特に危険な岩場はなく、ステップもホールドもあるので問題なく     歩ける。     岩がつくる自然の造形美がたまらない。 09:30 南駒ケ岳到着。     歩き始めて既に6.5時間。ヘロヘロになってやっと念願の南駒ケ岳に到着。     たっぷり南アルプスや八ヶ岳・御嶽・乗鞍(残念ながら北アルプスはガスっていて     見えない)の景観を楽しんだ。     この日は空木岳方面からくる登山者もなく、越百方面からくる登山者もなく、     結局越百小屋で同宿だった岐阜の方と我々2組で、このコースを貸し切りで満喫     ということになった。百名山でなくてよかった。。 16:00 福砺橋合流点到着。     3:30から歩いて13時間近く、やっと降りてきた。これからさらに林道を2時間歩く。     山頂からすぐの北沢尾根の降りは、岩場の連続する難所で、鎖がないと怖い場面が     数か所あった。このコースは山に慣れていない人には少し厳しいかも。     危険な岩場と、うっとおしい藪コギ状態のハイマツ帯を抜けるとしばらく樹林帯の     快適な登山道になる。     その後、地図には危険マークが2か所ほどあったが、どこにも危険個所はなく、     倒木が道をふさぐ場面は再々だったので、このことかと。。。      延々と降ってきた最後の最後に、道迷いで河原に降りてしまい参ったが、とにかくいい山行だった。             

伊那川ダム駐車場。林道崩壊のため、下流の駐車スペースに車を止め、ここまで一時間近く歩く。
途中の林道崩壊は凄まじく、ここ数年は復旧が難しいかも。
伊那川ダム駐車場からこの登山口に来るまで、さらに1時間の林道歩き。トホホ。。。
痩せ尾根は、ザレた石が雨で流され、浮き出た木の根で滑りやすい。
8合目あたりの水場は確認していたが、6合目あたりに地図には載ってなかった水場があり、水量は豊富でありがたかった。
今日で小屋締めの越百小屋。小さな小屋だけど、オーナーの気持ちのこもったおしゃれなランプの山小屋。食事もおいしかった。
夜景をとったつもり。
満天の星空を撮ったつもり。(カメラの機能をマスターしていない(泣)
夜明け前の越百山山頂。9月の豪雨や台風で標識はノックアウト。美しい山頂だった。
夜明け前の南アルプス。
仙涯嶺を望みながらの稜線歩き。
雲海に浮かぶ御嶽山。
朝焼けが美しい越百山。
秋です。
南駒ケ岳を背景に仙涯嶺の山頂。あれっ?山頂は岩の上ではなかった。
御嶽山方面の絶景。
岩の山、仙涯嶺。
思ったほどの危険個所はなかった。その1。
その2。
その3。
もうすぐ南駒だ!
南駒直前にグーの形をした岩があって。。。
昨夜お世話になった越百小屋の遠景。
越百山から歩いてきた稜線を振り返る。
少し登ったらさっきの岩が今度はパーに見えた。(笑)
南駒直下の避難小屋。前方がかなり崩落していて、泊まるのは危険だ。
もう少しで南駒ケ岳の山頂だ、美しすぎる。
やったね。おじさんコンビ!
空木岳を望む。中央の奥には出べそのような形で宝剣岳が見えた。
朝から歩いてきた稜線を振り返る。
南駒ケ岳山頂。後ろはお隣の空木岳。
イェイ!
長丁場の北沢尾根へ。
数か所、鎖の欲しい危険な岩場があった。経験の浅い人は怖いかも。
見た目はわからないけど、ハイマツが登山道をふさいでいて、藪コギ状態で歩きにくい。
ハイマツ帯を抜けると、一旦緩やかで快適な登山道になる。
地図にあった危険マークの箇所はどこにもなく、ひたすら倒木が道をふさいでいたのでそのことかな?
紅葉期待の登山でもあったが、この山周辺には紅葉する樹木が少ないのか、これは期待外れ。
北沢尾根にいくつか標識があったが、いずれも?で超健脚者のタイムのように感じた。
河原近く1400m近くまで下山したときに、リボンを発見できず道迷い。
ここから迷った地点までがれきの沢を登り返し。
登山口合流点直前のこのはしごも崩壊していて、左手のほうから草をつかんで登った。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。