掛橋谷 沢登り

2023.06.04(日) 日帰り

沢登りDay2 前日の酒と眠気を引きずりながら外に出てみると梅雨晴れ。一気に酔いと目が覚めた。 これは良い沢日和。信頼の厚いメンバーと初めての沢。期待で軽快に準備を整える。 2日目は川辺川支流の掛橋谷に入渓した。 入渓早々、ドデカい滝が2本続く。(どちらも巻いた) その後も三俣に分かれる支流の中俣に入ってからも、両側の切り立ったゴルジュ内を進み、その中に登れる滝も続きとても変化に富んで面白い沢だった。 下山が地形図に作業道と思われる道を選んだが、そこそこの緊張感が強いられるトラバースがかなり続きストレスだった。沢下降の方が良かったかもしれない。途中から沢下降を選んだが、ストレスのかかるトラバースを続けるよりずっと良かった。

日差しが強い。沢日和。

日差しが強い。沢日和。

日差しが強い。沢日和。

暑いので早々に泳ぐタツヒコ氏。
自分は右岸をへつる。

暑いので早々に泳ぐタツヒコ氏。 自分は右岸をへつる。

暑いので早々に泳ぐタツヒコ氏。 自分は右岸をへつる。

すぐにこの滝。

すぐにこの滝。

すぐにこの滝。

またまた大滝。

またまた大滝。

またまた大滝。

とりあえず滝行。

とりあえず滝行。

とりあえず滝行。

とりあえず蛙。

とりあえず蛙。

とりあえず蛙。

とりあえずフリーソロ。
とりあえずフリーソロ?

とりあえずフリーソロ。 とりあえずフリーソロ?

とりあえずフリーソロ。 とりあえずフリーソロ?

僕たちはロープで行きます笑

僕たちはロープで行きます笑

僕たちはロープで行きます笑

折口氏、ナイスリード。

折口氏、ナイスリード。

折口氏、ナイスリード。

フリーで登れる滝も多く。

フリーで登れる滝も多く。

フリーで登れる滝も多く。

脱渓。あんどリンボー。

脱渓。あんどリンボー。

脱渓。あんどリンボー。

クネクネと沢を入り乱れる作業道を無視し、沢下降。

クネクネと沢を入り乱れる作業道を無視し、沢下降。

クネクネと沢を入り乱れる作業道を無視し、沢下降。

暑いので飛び込む。

暑いので飛び込む。

暑いので飛び込む。

たわいもない話をしながら。

たわいもない話をしながら。

たわいもない話をしながら。

おつかれ沢でした。
今年も沢が始まりました。

おつかれ沢でした。 今年も沢が始まりました。

おつかれ沢でした。 今年も沢が始まりました。

日差しが強い。沢日和。

暑いので早々に泳ぐタツヒコ氏。 自分は右岸をへつる。

すぐにこの滝。

またまた大滝。

とりあえず滝行。

とりあえず蛙。

とりあえずフリーソロ。 とりあえずフリーソロ?

僕たちはロープで行きます笑

折口氏、ナイスリード。

フリーで登れる滝も多く。

脱渓。あんどリンボー。

クネクネと沢を入り乱れる作業道を無視し、沢下降。

暑いので飛び込む。

たわいもない話をしながら。

おつかれ沢でした。 今年も沢が始まりました。