北アルプス、涸沢~北穂高岳 ピークハント

2023.05.03(水) 3 DAYS

5/3(水) 上高地バスターミナル(09:50)・・・明神(10:50)・・・ 横尾(13:00)・・・ 本谷橋(13:10)・・・涸沢ヒュッテ(17:00)。 涸沢のテント場で幕営。 5/4(木) 涸沢発(07:00)・・・ 北穂高岳(11:40)・・・ 北穂小屋(12:00)・・・ 涸沢戻り (14:30)。涸沢でテント泊。 5/5(金) 涸沢発(07:30)・・・ 本谷橋(08:45)・・・ 横尾(10:00)・・・ 徳沢 (11:20)、のんびり昼食後出発 ・・・ 河童橋(13:40)、上高地ビジターセンターでシャワー(500円) ・・・ 上高地バスターミナルからバスで松本駅へ(14:40)。  GWの恒例の涸沢のテント村で過ごして北穂高岳に登ってきた。当初はGW後半の予定にしていたが、天気図を見て修正。3日ほど前倒し。松本に前夜泊して、松本ラーメンを堪能したのだが、このサイトの趣旨に合わないため割愛する。  早朝、松本駅から松電、バスを乗り継ぎ、上高地バスターミナル。河童橋から見る吊り尾根が美しい。いつものように横尾までの長い林道を歩く。徳沢~横尾間は梓川の工事がまだ続いている。新村橋はかけ替えになるが、寂しい。いまの新村橋が良い。横尾に13時に到着。  屏風岩を横に見て樹林帯を歩く、本谷橋で休憩。今年は雪が多く、本谷橋は埋まっていた、川も見えない。その後は夏道に沿って道があり、高度を上げる。1時間ほどで穂高の岩峰、涸沢ヒュッテのある台地が見えてきた。感動。ここまで来ると心が躍る。雪山の世界。しかしトレースもしっかりあり、雪質も良い。涸沢まではアイゼン無しで行けた。夏時間で涸沢ヒュッテに到着した。  涸沢テント村は相変わらずたくさんのテントがある。天気も良い。夕方に近く、稜線が美しい。しばし見とれる。マイテントを設営し、晩ごはん。ラーメンに野菜マシマシで夕食。気温は6℃。夜もそれほど寒くない。涸沢に珍しくとても静かな夜だった。風がない。楽しみにしていた夜空を見上げると月が明るく、星空はほぼ見えない。残念。ちびちびウイスキーをやって眠る。  目が覚めると快晴。朝食を取り、北穂高岳を目指して出発。登山者は多い。雪質は安定して、途中までアイゼン無し。今年は雪が良い。好天の下、ひたすら登る。暑いくらいだ。トレースはしっかりあり、今年は容易な登行だ。  夏時間+αで北穂高岳のピークへ。北穂のピークからは富士山、御嶽山、乗鞍、槍ヶ岳まで眺められた。とにかく「感動」。やっぱり春山は素晴らしい。北穂小屋で昼食を取り、滝谷を眺め、大キレットを懐かしく眺める。大キレットはまた行きたいものだ。眺望を堪能して下山。午後には気温も上がるから、やはり雪崩が怖い。雪が安定している間に涸沢カールに戻ることにした。  いつもなら頂上から少し下の急傾斜の部分は本当に悪いが、今年はそうでもない。しっかりとステップができていた。ていねいにアイゼンを効かせて下りる。北穂高岳のピークから約2時間で涸沢テント場に。  涸沢でのんびり屹立する岩峰を眺めながらウイスキー。涸沢へは30年くらい通っているが、何度来ても飽きない。日本で一番好きな場所だ。  3日目は下山のみ。テントを片付けて涸沢を出発。横尾、徳沢、明神と進む。いつものようように穂高神社の奥宮にも参拝。また来れますようにと穂高明神に祈願した。   上高地まで降りて来て、インフォメーションセンターでシャワーを浴びる。今年から再開したのだが、 500円。数倍に値上がりしている。  穂高は何度行って飽きない。素晴らしい岩と雪の世界。夏にも涸沢カールでテントを張りたい。

松本駅、播隆上人が迎えてくれた

松本駅、播隆上人が迎えてくれた

松本駅、播隆上人が迎えてくれた

アルピコで新島々へ

アルピコで新島々へ

アルピコで新島々へ

上高地の河童橋。釣り尾根が美しい

上高地の河童橋。釣り尾根が美しい

上高地の河童橋。釣り尾根が美しい

釣り尾根

釣り尾根

釣り尾根

明神まで到達

明神まで到達

明神まで到達

徳沢。ここもテント泊したいなあ

徳沢。ここもテント泊したいなあ

徳沢。ここもテント泊したいなあ

横尾大橋を超えていく

横尾大橋を超えていく

横尾大橋を超えていく

これ結構面倒くさい

これ結構面倒くさい

これ結構面倒くさい

屏風岩。昔の登ったのが懐かしい

屏風岩。昔の登ったのが懐かしい

屏風岩。昔の登ったのが懐かしい

本谷橋は雪の下

本谷橋は雪の下

本谷橋は雪の下

高度を上げる

高度を上げる

高度を上げる

涸沢が近づいてきた

涸沢が近づいてきた

涸沢が近づいてきた

涸沢到着

涸沢到着

涸沢到着

毎年のテント村

毎年のテント村

毎年のテント村

涸沢カールのわが家

涸沢カールのわが家

涸沢カールのわが家

さて晩ごはん。今夜はラーメン

さて晩ごはん。今夜はラーメン

さて晩ごはん。今夜はラーメン

ラーメン製作中

ラーメン製作中

ラーメン製作中

涸沢カールの夕暮れ

涸沢カールの夕暮れ

涸沢カールの夕暮れ

一夜明けて、涸沢カールの朝

一夜明けて、涸沢カールの朝

一夜明けて、涸沢カールの朝

涸沢カールのテント村

涸沢カールのテント村

涸沢カールのテント村

北穂高岳へ。涸沢テント村が小さく見える

北穂高岳へ。涸沢テント村が小さく見える

北穂高岳へ。涸沢テント村が小さく見える

北穂高岳への登り

北穂高岳への登り

北穂高岳への登り

とにかく高度を上げていく

とにかく高度を上げていく

とにかく高度を上げていく

北穂高岳のピークに到着

北穂高岳のピークに到着

北穂高岳のピークに到着

とにかく登る

とにかく登る

とにかく登る

前穂高岳が美しい

前穂高岳が美しい

前穂高岳が美しい

先は長い

先は長い

先は長い

まだまだ続く

まだまだ続く

まだまだ続く

北穂高岳のピークだ!

北穂高岳のピークだ!

北穂高岳のピークだ!

槍ヶ岳も素晴らしい

槍ヶ岳も素晴らしい

槍ヶ岳も素晴らしい

北穂高小屋に到着

北穂高小屋に到着

北穂高小屋に到着

北穂小屋から滝谷方向

北穂小屋から滝谷方向

北穂小屋から滝谷方向

さて下山

さて下山

さて下山

前穂高岳の稜線が美しい

前穂高岳の稜線が美しい

前穂高岳の稜線が美しい

涸沢カールのテント村に到着

涸沢カールのテント村に到着

涸沢カールのテント村に到着

今日は子どもの日だった。涸沢カール

今日は子どもの日だった。涸沢カール

今日は子どもの日だった。涸沢カール

ご苦労様のウイスキー。涸沢カールの雪解け水で水割り

ご苦労様のウイスキー。涸沢カールの雪解け水で水割り

ご苦労様のウイスキー。涸沢カールの雪解け水で水割り

突如、長野県警のヘリが。すごいオペレーション

突如、長野県警のヘリが。すごいオペレーション

突如、長野県警のヘリが。すごいオペレーション

3日目は下山です。名残惜しい涸沢カール

3日目は下山です。名残惜しい涸沢カール

3日目は下山です。名残惜しい涸沢カール

さらば涸沢カール

さらば涸沢カール

さらば涸沢カール

横尾へ下っていく

横尾へ下っていく

横尾へ下っていく

樹林帯まで下ってきた

樹林帯まで下ってきた

樹林帯まで下ってきた

横尾大橋

横尾大橋

横尾大橋

新村橋まできた。これも架け替えになる

新村橋まできた。これも架け替えになる

新村橋まできた。これも架け替えになる

徳沢

徳沢

徳沢

明神。穂高神社に参拝しなくては

明神。穂高神社に参拝しなくては

明神。穂高神社に参拝しなくては

穂高神社奥宮

穂高神社奥宮

穂高神社奥宮

上高地。河童橋まで到着

上高地。河童橋まで到着

上高地。河童橋まで到着

上高地バスターミナル

上高地バスターミナル

上高地バスターミナル

松本駅到着。お疲れ様でした。無事に下山

松本駅到着。お疲れ様でした。無事に下山

松本駅到着。お疲れ様でした。無事に下山

松本駅、播隆上人が迎えてくれた

アルピコで新島々へ

上高地の河童橋。釣り尾根が美しい

釣り尾根

明神まで到達

徳沢。ここもテント泊したいなあ

横尾大橋を超えていく

これ結構面倒くさい

屏風岩。昔の登ったのが懐かしい

本谷橋は雪の下

高度を上げる

涸沢が近づいてきた

涸沢到着

毎年のテント村

涸沢カールのわが家

さて晩ごはん。今夜はラーメン

ラーメン製作中

涸沢カールの夕暮れ

一夜明けて、涸沢カールの朝

涸沢カールのテント村

北穂高岳へ。涸沢テント村が小さく見える

北穂高岳への登り

とにかく高度を上げていく

北穂高岳のピークに到着

とにかく登る

前穂高岳が美しい

先は長い

まだまだ続く

北穂高岳のピークだ!

槍ヶ岳も素晴らしい

北穂高小屋に到着

北穂小屋から滝谷方向

さて下山

前穂高岳の稜線が美しい

涸沢カールのテント村に到着

今日は子どもの日だった。涸沢カール

ご苦労様のウイスキー。涸沢カールの雪解け水で水割り

突如、長野県警のヘリが。すごいオペレーション

3日目は下山です。名残惜しい涸沢カール

さらば涸沢カール

横尾へ下っていく

樹林帯まで下ってきた

横尾大橋

新村橋まできた。これも架け替えになる

徳沢

明神。穂高神社に参拝しなくては

穂高神社奥宮

上高地。河童橋まで到着

上高地バスターミナル

松本駅到着。お疲れ様でした。無事に下山