神丿浦山

2018.10.02

活動詳細

詳しく見る
矢次山に続けて、佐津と柴山の間にある神丿浦山を登ってみた。 佐津トンネル東口には、旧道の名残りのスペースがあって、そこに車が置けた。車道を渡った向かいが登り口だが、NTT の作業道でフェンスがしてある。その脇を抜けて、広場へ。 左端に鉄製の階段が設えてあり、そこをたどる。作業道と言っても車は入られない。さらにプラスチックの階段もあるが、道がよいのは尾根上の無線中継所まで。 この先は、踏み跡程度の山道となる。右手に、柴山の港が見えるコブに立つと、神ノ浦山が真向かいに。近いには違いないのだが、最後にきつい急登が待っていた。 すっかりしごかれた後、立った山頂には奥佐津小学校5、6年生の登山記念の板があった。2009年のブリキ板には「縦断」とあったから大したものだ。後を追うつもりで、少し進んでみたが、道はますます不明瞭となるのを確めて、引き返した。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。