春日山 ロードバイク&登山

2018.09.24(月) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 春日山にいつかは登ってみたいと思っていたので、急にフリーになった本日、ロードバイク&登山でチャレンジすることにした。登山口はみと自然の森からと、匹見からの二通りあるのだが、今回は美都から。以前、みと自然の森までロードバイクで行ったことがあるので、まずは、そこを目指す。途中、東仙道の川沿いに彼岸花が群生している。毎年、わざわざ撮影に来るのだが、今回は、αを持ってきているので、ついでに撮影タイム。これが、とてもきれい。  そこから、美都の町を目指し、191号を上る。みと自然の森の標識。右折なのだが、その下に直進の看板も出ていた。以前行ったことがあったので、迷わず、右折。しかし、2~3キロ上ったところに橋があるのだが、そこに、なんと、全面通行止めの看板が・・・・。それで、直進の看板があったのだ・・。ショック。まあ、トレーニングと思って、う回路の秦記念館横の道へ向かう。ここの道は激坂。本当にトレーニングになる。なんとか、みと自然の森に到着。予定より遅くなった。それでも、管理棟へ行くと、そこのおばちゃんが、ソロでの登山をえらい心配してくれた。ありがたい。  いきなり、遊歩道に入ってしまい、道を間違える。川沿いの道を1.5キロひたすら進む。  登山口に到着。ここからも整備されたわりと広い道が続く。山頂まで2000mの看板が見えてきた。随分登ってきたのだが、まだ、そんなにあるんだ~と少々ブルー。その後、匹見からの登山道との合流点。ここから、さらに登る。山頂まで1000mの看板があったのだが、さっきから絶対1000m以上歩いたと思うのだが・・・・。急な坂をどんどん登る。だんだんとガスがかかってきた。この分だと展望があまり望めないかも。  山頂の春日大明神が見えてきた。参拝をして、山頂到着。やはり、雲の中なのだろう、本来なら、素晴らしい景色が待っているはずなのだが、白い雲が見えるだけだった。Tシャンがものすごい汗でぐっしょり。とりあえずトレッキングポールにひっかけ乾かす。しぼってみたら、結構ぼたぼたと汗・・・・予想以上に汗をかいていた。   昼食を済ませたころ、ちょっとだけ、ガスが薄くなってきた。展望はそんなには望めなかったが、雲だけでなく山も見えてきた。まあ、よしとしよう。管理人のおばちゃんに心配をかけては申し訳ないので、下山をすることに。やはり、下りは速い。ただ、膝が途中から痛くなったので、トレッキングポールを駆使して痛みを軽減しつつ歩く。あまりストップをかけると、膝に負担がかかる感じだったので、やや速足で、下る。  みと自然の森に到着。。管理人のおばちゃんに無事を報告。ここから、再びロードバイク。痛くなった膝をかばいながら帰る。    山頂の展望がガスで見えなくて残念ではあったが、春日山に登ったという達成感あり。

日晩山 益田川ダム。
益田川ダム。
日晩山 益田川。
益田川。
日晩山 東仙道あたりの彼岸花の群生地。きれいだ~
東仙道あたりの彼岸花の群生地。きれいだ~
日晩山 カモもたくさん。
カモもたくさん。
日晩山 彼岸花~!!
彼岸花~!!
日晩山 例年はわざわざ撮影に来ているところなのだが、今回は、春日山 ロードバイク&登山の途中で撮影。
例年はわざわざ撮影に来ているところなのだが、今回は、春日山 ロードバイク&登山の途中で撮影。
日晩山 何枚も撮ってしまう~
何枚も撮ってしまう~
日晩山 サギも・・・。
サギも・・・。
日晩山 みと自然の森から登るので、まずはそこを目指す。
みと自然の森から登るので、まずはそこを目指す。
日晩山 近くにちょっと気になる廃車。
近くにちょっと気になる廃車。
日晩山 がーん。だいぶ行ったところで、通行止め。
がーん。だいぶ行ったところで、通行止め。
日晩山 秦記念館のところからのう回路。これが、結構激坂。ロードバイクトレーニングモード。
秦記念館のところからのう回路。これが、結構激坂。ロードバイクトレーニングモード。
日晩山 都会にはない風景。さすが田舎。
都会にはない風景。さすが田舎。
日晩山 一旦峠。ここから下って、そして再び上る。春日山の山頂あたりは雲・・・・。
一旦峠。ここから下って、そして再び上る。春日山の山頂あたりは雲・・・・。
日晩山 みと自然の森到着。管理棟に行くと、おばちゃんが、ソロでの登山をえらい心配してくれた。
みと自然の森到着。管理棟に行くと、おばちゃんが、ソロでの登山をえらい心配してくれた。
日晩山 さあ、登山。自然の森の敷地内もきれいなところ。
さあ、登山。自然の森の敷地内もきれいなところ。
日晩山 きのこ~。
きのこ~。
日晩山 実は、いきなり遊歩道に行ってしまい、道を間違える。
実は、いきなり遊歩道に行ってしまい、道を間違える。
日晩山 それでも、かわいいキノコに出会えたのでよしとしよう。
それでも、かわいいキノコに出会えたのでよしとしよう。
日晩山 気を取り直して、登山道へ向かう。
気を取り直して、登山道へ向かう。
日晩山 道路が水路のよう。
道路が水路のよう。
日晩山 ここが登山道入り口。
ここが登山道入り口。
日晩山 整備されている。
整備されている。
日晩山 山頂まで2000mの標識、まだ、そんなにあるんだ~。
山頂まで2000mの標識、まだ、そんなにあるんだ~。
日晩山 一旦下る。間違え防止のためか、ピンクテープがすごい数。
一旦下る。間違え防止のためか、ピンクテープがすごい数。
日晩山 ここが、匹見からの登山道と、美都からの登山道の合流点。
ここが、匹見からの登山道と、美都からの登山道の合流点。
日晩山 広い道に出た。
広い道に出た。
日晩山 と、思ったら、すぐに狭い登山道へ。
と、思ったら、すぐに狭い登山道へ。
日晩山 どんどん登る。
どんどん登る。
日晩山 山頂まで1000mの標識・・・・絶対2000mからここまでは1000以上あったはず、長かった~。
山頂まで1000mの標識・・・・絶対2000mからここまでは1000以上あったはず、長かった~。
日晩山 あと500m。
あと500m。
日晩山 途中にきのこ~。
途中にきのこ~。
日晩山 あと100mいよいよ山頂・・・でも、ガスってきた。
あと100mいよいよ山頂・・・でも、ガスってきた。
日晩山 山頂の春日大明神。
山頂の春日大明神。
日晩山 山頂~~!!
山頂~~!!
日晩山 三角点タッチ。
三角点タッチ。
日晩山 いつものポーズ。しかし、ガスってる。
いつものポーズ。しかし、ガスってる。
日晩山 本来なら、ここから素晴らしい景色が見えるはずなのに・・・・悲しい。
本来なら、ここから素晴らしい景色が見えるはずなのに・・・・悲しい。
日晩山 ものすごい汗。Tシャツを絞ったら、ぽたぽたと汗が・・・・。ランチタイムの間、干しておこう。
ものすごい汗。Tシャツを絞ったら、ぽたぽたと汗が・・・・。ランチタイムの間、干しておこう。
日晩山 コーヒータイム。
コーヒータイム。
日晩山 ちょっと、ガスが薄くなって向こうの山が見えてきた。でも、完全には晴れなかった・・・・。
ちょっと、ガスが薄くなって向こうの山が見えてきた。でも、完全には晴れなかった・・・・。
日晩山 自撮り~
自撮り~
日晩山 下山開始。
下山開始。
日晩山 下りは速いけれど、膝に来る。途中から痛くなる。トレッキングポールを上手に操作しながら、膝への負担を減らしつつ下山。
下りは速いけれど、膝に来る。途中から痛くなる。トレッキングポールを上手に操作しながら、膝への負担を減らしつつ下山。
日晩山 みと自然の森へ帰ってきた。
みと自然の森へ帰ってきた。
日晩山 再びロードバイク。あれ、春日山の山頂あたりが晴れているような・・・・登山あるある!
再びロードバイク。あれ、春日山の山頂あたりが晴れているような・・・・登山あるある!
日晩山 本日の軌跡。
本日の軌跡。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす