保台古道8隧道と東大千葉演習林

2023.05.10(水) 日帰り

活動データ

タイム

07:07

距離

17.4km

のぼり

1237m

くだり

995m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 7
休憩時間
45
距離
17.4 km
のぼり / くだり
1237 / 995 m
3 17
1 46
12
23

活動詳細

すべて見る

【虫画像あり】コケ学会セレクトのコケの森20の一つ・千葉の東大演習林が、普段は入れない地域の一般公開を4年ぶりに再開するという!しかも5月10日限定。 幸い休みが取れたので、ならば、と調べ始めたが、メチャクチャハードル高い😱 ○同じ1都6県というのに鴨川はうちからは車ないと大変アクセス悪く、片道4時間半😱日帰りは綱渡り(涙)前泊も検討せねば ○他のヤマッパーさんのレポートで,「清澄ゲートからのピストンは林道続きで飽きるかも」とあったので、どうせいくならと思い、キーワードとして上がっていた保台古道トンネル8連発を候補にしたが、「ヒル・マムシ」「道路崩落」など難問山積み!おまけに一昨日まで悪天候 ○イベント自体もボランティア団体は解散し、従来やっていた書籍販売も無し、とのこと。わざわざ行く価値あるか? というわけで、公開を知ってから寝る間も惜しんで検討続けて、やっと前夜、「なんとかなる」判断をし、【保台ダム→保台古道→元清澄山登山口=東ゲートから特別公開区間の郷台畑をピストン→関東ふれあいのみち→あわよくば清澄寺】 を決行 丹沢でヒルは慣れていることと、大雨から1日空いたことが後押ししてくれた アクセス 行き:新宿バスタから高速バス。袖ヶ浦BT乗り換え、安房鴨川下車。タクシーで保台ダム 帰り:清澄寺からバス→安房天津→外房線上総一ノ宮→久里浜行きに乗り換え錦糸町→新宿 (もう1本早ければ特急使えて時短できたはず) 普通のガイドブックだと保台ダムは「安房鴨川から池田バス停下車、一時間歩、」だが、少しでも早くスタートしたかったのでタクシーを使った。路線情報では有料特急よりも到着早かったのでバス乗り継ぎにしたのだが、二本とも渋滞で遅れ、バス選択自体はあまり効果なかった その代わり、袖ヶ浦でお会いした方からは、リタイア後に全国を車で旅して回るコツ、タクシーの運転手さんからは「ヒルは二人目にとりつく」など、貴重な情報を得られた 必要なもの:ポール(1本でいい)(足下確認と地面をたたいて進むとマムシが寄ってこない)、手袋(岩をつかむ)、帽子(頭ぶつける)、ヒル忌避剤、事前準備で防水スプレー あった方がいいもの:ゲーター(泥よけ・ヒル避け) 道中、ヒルは1匹だけ見かけ、後刻、ゲーターを外したら中で憤死したのが1匹いた。ゲーターの中でヒル忌避剤のせいで昇天したのだろう

元清澄山・三石山 タクシーで駅から約15分。待崎川を堰き止めて作られた保台(ぼだい)ダム。ダムカードは無いみたい。
タクシーで駅から約15分。待崎川を堰き止めて作られた保台(ぼだい)ダム。ダムカードは無いみたい。
元清澄山・三石山 ぐるっと一周遊歩道もあるようです
ぐるっと一周遊歩道もあるようです
元清澄山・三石山 トイレを済ませてスタート
トイレを済ませてスタート
元清澄山・三石山 グーグルフォトにも出てこない名も無い石造物
グーグルフォトにも出てこない名も無い石造物
元清澄山・三石山 道中、マルバウツギなど、沢山のウツギ、ノイバラが盛りでした
道中、マルバウツギなど、沢山のウツギ、ノイバラが盛りでした
元清澄山・三石山 遠沢橋を渡って、
遠沢橋を渡って、
元清澄山・三石山 遠沢橋から右手の眺め
遠沢橋から右手の眺め
元清澄山・三石山 右折すると、
右折すると、
元清澄山・三石山 山道の始まり
山道の始まり
元清澄山・三石山 しばらく行くと「右に行くとツリーハウス」とか書いてあるこの看板がありますが、今日は左をまっすぐ。
しばらく行くと「右に行くとツリーハウス」とか書いてあるこの看板がありますが、今日は左をまっすぐ。
元清澄山・三石山 沢沿いに登っていきます。というか、進んでいきます。今日はほとんどアップダウンできつい思いはしません。他の意味できつい(笑)
沢沿いに登っていきます。というか、進んでいきます。今日はほとんどアップダウンできつい思いはしません。他の意味できつい(笑)
元清澄山・三石山 雨から一日おいて、水量はこんな感じ
雨から一日おいて、水量はこんな感じ
元清澄山・三石山 保存会の方が設置して下さっています(サイトは最近更新されていないようです)
保存会の方が設置して下さっています(サイトは最近更新されていないようです)
元清澄山・三石山 コケの森の範囲からは外れていますが、コケは元気。ジャゴケ
コケの森の範囲からは外れていますが、コケは元気。ジャゴケ
元清澄山・三石山 モミジの季節にはさぞや。この辺はルンルン
モミジの季節にはさぞや。この辺はルンルン
元清澄山・三石山 オナガアゲハ?ジャコウアゲハ?
オナガアゲハ?ジャコウアゲハ?
元清澄山・三石山 水生生物は確認できませんでしたが、一部滝もあったりして眺めも飽きることありません
水生生物は確認できませんでしたが、一部滝もあったりして眺めも飽きることありません
元清澄山・三石山 保台古道は足下を常に気にしないと進めないので咲いている姿は見られませんでしたが、エゴノキやフジの花があちこちに落ちていました。
保台古道は足下を常に気にしないと進めないので咲いている姿は見られませんでしたが、エゴノキやフジの花があちこちに落ちていました。
元清澄山・三石山 延々続く倒木の始まり。また、他の方のレポではこの辺に炭焼き小屋跡あるようです
延々続く倒木の始まり。また、他の方のレポではこの辺に炭焼き小屋跡あるようです
元清澄山・三石山 基本左岸を進みます
基本左岸を進みます
元清澄山・三石山 そろそろ時々渡渉したり、巻いたり、またいだり、くぐったりしながらになります
そろそろ時々渡渉したり、巻いたり、またいだり、くぐったりしながらになります
元清澄山・三石山 ジャゴケの雄器床。精子を15センチも飛ばせるらしい!!
ジャゴケの雄器床。精子を15センチも飛ばせるらしい!!
元清澄山・三石山 ニワハンミョウ?
ニワハンミョウ?
元清澄山・三石山 オモト?
オモト?
元清澄山・三石山 そしてこの辺から私は川沿いにループを描いてしまいますが他の方達のように巻く(赤矢印)のが正解です。ひどい目に遭った😱
そしてこの辺から私は川沿いにループを描いてしまいますが他の方達のように巻く(赤矢印)のが正解です。ひどい目に遭った😱
元清澄山・三石山 ひどい目1
ひどい目1
元清澄山・三石山 ひどい目2
岩の上から向こう岸の泥沼に飛び降りるしか無いのか?!
ひどい目2 岩の上から向こう岸の泥沼に飛び降りるしか無いのか?!
元清澄山・三石山 この辺から頻繁にリボン登場。かなり助かるのでなるべく画像載せます
この辺から頻繁にリボン登場。かなり助かるのでなるべく画像載せます
元清澄山・三石山 ロープにつかまって、
ロープにつかまって、
元清澄山・三石山 カワトンボの仲間。きれいな水色
カワトンボの仲間。きれいな水色
元清澄山・三石山 ヤマツツジ?
ヤマツツジ?
元清澄山・三石山 岩肌に張り付いて進む
岩肌に張り付いて進む
元清澄山・三石山 この近くに炭焼き釜跡があるらしい
この近くに炭焼き釜跡があるらしい
元清澄山・三石山 色あせたリボン
色あせたリボン
元清澄山・三石山 そろそろ他の人達がアップしてる不思議なループ看板があるはずだが見当たらない!焦る!そして命の綱・紙地図を落としたことに気づく!!帰りのバスの時間もかいてあるのに!!
そろそろ他の人達がアップしてる不思議なループ看板があるはずだが見当たらない!焦る!そして命の綱・紙地図を落としたことに気づく!!帰りのバスの時間もかいてあるのに!!
元清澄山・三石山 結構戻って、あったー!!タイムロス(涙)
結構戻って、あったー!!タイムロス(涙)
元清澄山・三石山 看板はとうとう見つからなかったが、南無三!ロープを頼りにこの斜面を左に上がる
看板はとうとう見つからなかったが、南無三!ロープを頼りにこの斜面を左に上がる
元清澄山・三石山 良かった!切通に行き着いた
良かった!切通に行き着いた
元清澄山・三石山 アリドオシ?
アリドオシ?
元清澄山・三石山 トンネル1号に到着!シリーズ最長
トンネル1号に到着!シリーズ最長
元清澄山・三石山 「コウモリ脅かさないで」の看板があるらしいが気づかなかった
「コウモリ脅かさないで」の看板があるらしいが気づかなかった
元清澄山・三石山 ヘッデンはお好みで。
五角形がよくわかりますね。保台古道は元々生活道路だったらしく、馬が通行しやすい形に掘り出したらしいです。鎌倉の岩質と似て、ぽろぽろ崩れます
ヘッデンはお好みで。 五角形がよくわかりますね。保台古道は元々生活道路だったらしく、馬が通行しやすい形に掘り出したらしいです。鎌倉の岩質と似て、ぽろぽろ崩れます
元清澄山・三石山 G先生もわからない傷んだミニトマトのそっくりさん
G先生もわからない傷んだミニトマトのそっくりさん
元清澄山・三石山 2号トンネル
2号トンネル
元清澄山・三石山 振り返って
振り返って
元清澄山・三石山 右へ
右へ
元清澄山・三石山 埋まりかけてる3号トンネル
埋まりかけてる3号トンネル
元清澄山・三石山 ここで落ち着いてキョロキョロすれば良かった😱
ここで落ち着いてキョロキョロすれば良かった😱
元清澄山・三石山 でないとどうしようも無くなってからトラロープを見付けて「早く言ってよー!!」ということになる。詳細図を見たら休憩マークが出てるのを見て失笑。難渋してただけです
でないとどうしようも無くなってからトラロープを見付けて「早く言ってよー!!」ということになる。詳細図を見たら休憩マークが出てるのを見て失笑。難渋してただけです
元清澄山・三石山 これまた埋もれかけてる4号
これまた埋もれかけてる4号
元清澄山・三石山 地層がくっきり
地層がくっきり
元清澄山・三石山 5号の看板は
5号の看板は
元清澄山・三石山 右上のかなり上の方。この写真はかなり拡大してる
右上のかなり上の方。この写真はかなり拡大してる
元清澄山・三石山 6号
6号
元清澄山・三石山 7号
7号
元清澄山・三石山 ドーナツの木
ドーナツの木
元清澄山・三石山 シカフン?
シカフン?
元清澄山・三石山 切通
切通
元清澄山・三石山 ラスト8号。看板見当たらず
ラスト8号。看板見当たらず
元清澄山・三石山 洞窟壁面に気になる形
洞窟壁面に気になる形
元清澄山・三石山 振り返って
振り返って
元清澄山・三石山 安心して歩ける幸せ(#^.^#)
安心して歩ける幸せ(#^.^#)
元清澄山・三石山 おお!片洞門
おお!片洞門
元清澄山・三石山 看板落ちて壊れてる(涙)来し方を振り返って。三時間半もかかっちゃった!急ごう!
看板落ちて壊れてる(涙)来し方を振り返って。三時間半もかかっちゃった!急ごう!
元清澄山・三石山 出口。ここから関東ふれあいの道。他の人も言ってるけど、ここから下ってく逆コースはいかがなものか。
出口。ここから関東ふれあいの道。他の人も言ってるけど、ここから下ってく逆コースはいかがなものか。
元清澄山・三石山 出口向かいに演習林の説明看板
出口向かいに演習林の説明看板
元清澄山・三石山 なるほどこのように切り出して、苗を植えるんですね
なるほどこのように切り出して、苗を植えるんですね
元清澄山・三石山 楽ちんな道をぐんぐん行って、
楽ちんな道をぐんぐん行って、
元清澄山・三石山 東ノ沢ゲートに到着。ここからが今回の特別公開エリアです
東ノ沢ゲートに到着。ここからが今回の特別公開エリアです
元清澄山・三石山 また、元清澄山への分岐でもあります。元清澄山行きも結構エグいルートのようですね
また、元清澄山への分岐でもあります。元清澄山行きも結構エグいルートのようですね
元清澄山・三石山 清澄ゲートからスタートしていないので、いきなり5キロ看板
清澄ゲートからスタートしていないので、いきなり5キロ看板
元清澄山・三石山 見上げるとガツウツギ
見上げるとガツウツギ
元清澄山・三石山 営林を実感する空間
営林を実感する空間
元清澄山・三石山 すれ違うのは帰る人ばかりで焦ります
すれ違うのは帰る人ばかりで焦ります
元清澄山・三石山 ここにもトンネル。岩肌ボロボロ
ここにもトンネル。岩肌ボロボロ
元清澄山・三石山 下って、着きました!郷台畑
下って、着きました!郷台畑
元清澄山・三石山 作業所などあります
作業所などあります
元清澄山・三石山 係の人(研究者?)がいて、スタンプなど押させてくれました。資料も下さいました。保台古道の感想を聞かれて、通り抜けてきた興奮冷めやらず、「生きてる手応え」があったと口走り、思い返せば恥ずかしい・・・
係の人(研究者?)がいて、スタンプなど押させてくれました。資料も下さいました。保台古道の感想を聞かれて、通り抜けてきた興奮冷めやらず、「生きてる手応え」があったと口走り、思い返せば恥ずかしい・・・
元清澄山・三石山 巨木を眺めながらお昼。気が抜けて転ぶ
巨木を眺めながらお昼。気が抜けて転ぶ
元清澄山・三石山 センベルセコイアはこれでも小さい方とのこと。現地では車道のトンネルになるほどの巨木もあるそう。何故日本にあるかというと、製材として使えないかと持ってきたものの、日本には今ひとつ合わなかったのと成長が遅いので広まらなかったみたい。言われて触ってみると樹皮がフカフカで厚く、実際の材木になる部分は見た目より少ないらしい。穴ぼこは枝落としの跡では?とのこと。
センベルセコイアはこれでも小さい方とのこと。現地では車道のトンネルになるほどの巨木もあるそう。何故日本にあるかというと、製材として使えないかと持ってきたものの、日本には今ひとつ合わなかったのと成長が遅いので広まらなかったみたい。言われて触ってみると樹皮がフカフカで厚く、実際の材木になる部分は見た目より少ないらしい。穴ぼこは枝落としの跡では?とのこと。
元清澄山・三石山 こんなお話を伺えて、やっぱり来て良かった(#^.^#)
急げば清澄寺も可能かも、とのアドバイス
こんなお話を伺えて、やっぱり来て良かった(#^.^#) 急げば清澄寺も可能かも、とのアドバイス
元清澄山・三石山 来た道を急ぎます
来た道を急ぎます
元清澄山・三石山 マルミノヤマゴボウ?
マルミノヤマゴボウ?
元清澄山・三石山 コケリンドウ
コケリンドウ
元清澄山・三石山 そして「営林を実感する空間」なんて言ってたあたりまで来て、ポールを郷台畑に忘れたことに気づき、慌てて取りに戻り、またまたタイムロス!!すでに14:44!清澄寺発15:42のバスは半ば諦め
そして「営林を実感する空間」なんて言ってたあたりまで来て、ポールを郷台畑に忘れたことに気づき、慌てて取りに戻り、またまたタイムロス!!すでに14:44!清澄寺発15:42のバスは半ば諦め
元清澄山・三石山 普通にピストンの人は2回目だろうけど、私はこれはお初
普通にピストンの人は2回目だろうけど、私はこれはお初
元清澄山・三石山 事前に電話したとき「今年は資料を配ったりはしない」とおっしゃっていた割にはところどころ解説ありました
事前に電話したとき「今年は資料を配ったりはしない」とおっしゃっていた割にはところどころ解説ありました
元清澄山・三石山 なるほど、葉先が二股
なるほど、葉先が二股
元清澄山・三石山 お墓みたい
お墓みたい
元清澄山・三石山 頑張れ!!あと3キロ!!
頑張れ!!あと3キロ!!
元清澄山・三石山 ふーん
ふーん
元清澄山・三石山 育つとこんなに立派な木に
育つとこんなに立派な木に
元清澄山・三石山 ポイントと
ポイントと
元清澄山・三石山 傍らの大木
傍らの大木
元清澄山・三石山 ヤマツツジはおわりかけ
ヤマツツジはおわりかけ
元清澄山・三石山 足下のとてもちっちゃな道標
足下のとてもちっちゃな道標
元清澄山・三石山 左折すれば象ノ背歩道
左折すれば象ノ背歩道
元清澄山・三石山 こんな道。でも今日は直進
こんな道。でも今日は直進
元清澄山・三石山 ちょっと休憩所あり
ちょっと休憩所あり
元清澄山・三石山 広場線という林道に入る入口。今日は行きません。今回の下調べでこういう林道・廃道ファンもいらっしゃることがわかりました
広場線という林道に入る入口。今日は行きません。今回の下調べでこういう林道・廃道ファンもいらっしゃることがわかりました
元清澄山・三石山 眺めとしてはいい感じですが、落石危険箇所
眺めとしてはいい感じですが、落石危険箇所
元清澄山・三石山 わな
わな
元清澄山・三石山 同じく袋倉線という林道の入口。行きません
同じく袋倉線という林道の入口。行きません
元清澄山・三石山 え!清澄まであと10キロ??!!とびびったら「1.0キロ」でしたホッ
え!清澄まであと10キロ??!!とびびったら「1.0キロ」でしたホッ
元清澄山・三石山 本来の出発地点・清澄ゲートに到着(#^.^#)目標の15:42のバスは逃しましたが、
本来の出発地点・清澄ゲートに到着(#^.^#)目標の15:42のバスは逃しましたが、
元清澄山・三石山 郷台畑から引き上げた方達が、最終バスなら、清澄寺観光可能と教えてくれました
郷台畑から引き上げた方達が、最終バスなら、清澄寺観光可能と教えてくれました
元清澄山・三石山 ではせっかくだから清澄寺も行きましょう♪他にもこれからの方達もいらっしゃいました
ではせっかくだから清澄寺も行きましょう♪他にもこれからの方達もいらっしゃいました
元清澄山・三石山 その方達の声に誘われて目を移すと遙か彼方に海
その方達の声に誘われて目を移すと遙か彼方に海
元清澄山・三石山 清澄作業所前を通ります。演習林で一番古い建物。森林博物資料館もありますが、現在web公開のみ
清澄作業所前を通ります。演習林で一番古い建物。森林博物資料館もありますが、現在web公開のみ
元清澄山・三石山 ここにもバス停
ここにもバス停
元清澄山・三石山 仁右衛門島が見えます。千葉県指定の名勝で、新日本百景の地
仁右衛門島が見えます。千葉県指定の名勝で、新日本百景の地
元清澄山・三石山 でも、清澄寺バス停が一番帰るには良さそう
でも、清澄寺バス停が一番帰るには良さそう
元清澄山・三石山 最終バス16:54まで観光
最終バス16:54まで観光
元清澄山・三石山 と、左手に
「極真空手発祥の地」の案内!気になるので行ってみよう
と、左手に 「極真空手発祥の地」の案内!気になるので行ってみよう
元清澄山・三石山 昔読んだ「タイガーマスク」にも登場した(気がする??)大山倍達先生の史跡を見るためにここまで上がってきたが、途中ですっころび、右足首をくじき、骨折を心配しながら過ごすことになった😱
昔読んだ「タイガーマスク」にも登場した(気がする??)大山倍達先生の史跡を見るためにここまで上がってきたが、途中ですっころび、右足首をくじき、骨折を心配しながら過ごすことになった😱
元清澄山・三石山 気を取り直して仁王門
気を取り直して仁王門
元清澄山・三石山 あ
元清澄山・三石山 うん
うん
元清澄山・三石山 これは一見の価値あり!千年杉。写真で見るよりもっともっとすごい!!
これは一見の価値あり!千年杉。写真で見るよりもっともっとすごい!!
元清澄山・三石山 順路に従って回ればいい
順路に従って回ればいい
元清澄山・三石山 本堂。元々天台宗智山派のお寺だったのに廃仏毀釈の際、衰退して大英断で日蓮宗に衣替え、今に至る、だそう
本堂。元々天台宗智山派のお寺だったのに廃仏毀釈の際、衰退して大英断で日蓮宗に衣替え、今に至る、だそう
元清澄山・三石山 鐘楼
鐘楼
元清澄山・三石山 これまた巨木、大楠
これまた巨木、大楠
元清澄山・三石山 随所から絶景
随所から絶景
元清澄山・三石山 海を望む日蓮様。座間公園の近くにも同じような像があったな
海を望む日蓮様。座間公園の近くにも同じような像があったな
元清澄山・三石山 仏舎利塔。事前調査で「俗っぽいな」と思っていたが、
仏舎利塔。事前調査で「俗っぽいな」と思っていたが、
元清澄山・三石山 実際見ると中々おもしろい。まずは涅槃像
実際見ると中々おもしろい。まずは涅槃像
元清澄山・三石山 左に回って、天上天下唯我独尊??
左に回って、天上天下唯我独尊??
元清澄山・三石山 さらに回って、南面??
さらに回って、南面??
元清澄山・三石山 最後に
最後に
元清澄山・三石山 バス停に戻ってきました。遅いのでお土産屋さんもほとんどしまっています。広重もこの景色を見たのですね
バス停に戻ってきました。遅いのでお土産屋さんもほとんどしまっています。広重もこの景色を見たのですね
元清澄山・三石山 では鴨川コミュニティバス最終で帰ります
では鴨川コミュニティバス最終で帰ります
元清澄山・三石山 安房天津駅にあった観光案内。
黄色矢印の清澄寺から緑矢印の仁右衛門島を眺めたわけ。仁右衛門島には頼朝かくれ岩がある。それにしても今回アクセス悪さを痛感したが、上総介はこんな遠くから頼朝を支援したのに殺されちゃって、益々憐れと思った
安房天津駅にあった観光案内。 黄色矢印の清澄寺から緑矢印の仁右衛門島を眺めたわけ。仁右衛門島には頼朝かくれ岩がある。それにしても今回アクセス悪さを痛感したが、上総介はこんな遠くから頼朝を支援したのに殺されちゃって、益々憐れと思った
元清澄山・三石山 郷台畑で押したスタンプ
郷台畑で押したスタンプ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。