大猿山・白髪岩 マイナーコースで原三角点を訪ねてみる

2023.04.29(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 53
休憩時間
39
距離
12.5 km
のぼり / くだり
1185 / 1188 m
44
47
1 1
21
9
12
8
7
1 17

活動詳細

すべて見る

日本に三か所しか確認されていないという原三角点。その1つが、群馬県の白髪岩にあります。 白髪岩にはスーパー林道を使えば、簡単に訪ねることはできるのですが、今回は、小峠からバリエーションルートを使って、入馬山、源五郎山の大猿山、羽毛山、物見山を経由して、白髪岩に至るという、まことにMルートでのハイキングです。 車は下山口となる会場橋近くの林道脇に停めました。林道をしばらく歩いて小峠からのアタックとなります。 帰りは、大猿山近くにある119鉄塔の巡視路と林道を使って、サクッと下山することが出来ました。 源五郎山手前のピークの急登が、特にしびれました。木の幹につかまり、苔むした地面に体重を乗せてカラダをあげる場所もあって、ミスって滑落はしないように気を付けて登っていきましたら。源五郎山の尾根道は支尾根もたくさんあるし、尾根の状態も悪いので、下り利用は回避するか、ロープ持参をオススメします。 今回は、お助けロープは使わずに済みました。 下山後は、敢えて下仁田に行き、カツ丼を食べました。レトロな下仁田町が好きなもんで……。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。