二人でヨロヨロ【薬王院コース】と【女体山・キャンプ場コース】

2014.09.08 日帰り Ibaraki

活動詳細

もっと見る

行程 10:02 薬王院脇の【薬王院コース】登山口を出発 ↓ 10:39 鬼ヶ作林道との出会い口到着 ↓ 11:45 御幸ヶ原到着。(到着後、昼食) ↓ 12:20 男体山山頂到着 ↓ 12:58 女体山山頂到着 ↓ 13:45 【女体山・キャンプ場コース】で筑波高原キャンプ場まで下山 ↓ 15:00 【鬼ヶ作林道】連絡【薬王院コース】で薬王院へ移動して終了  私にとって未踏破の【薬王院コース】と【女体山・キャンプ場コース】を通した記録をアップしてみました。 いつもソロの私でしたが、今回は連れ合いのぷーこが珍しく同行です。  9時30分、さあ薬王院に到着だ。早速山門前の駐車場にマイカーを止め、登山口探し。 おんや見つからない ( ̄■ ̄;)!? 祠の次は、金堂をぐるぐるまわるのか?まわるのか? だが何度回っても今回は登山口に乗れず。付近で草刈りをしていた方にご相談。 すると、この方、薬王院のご住職さんらしく、色々話をしてくださいます。  わたくし達が登山客だと知ると、最近の登山客のマナーの悪さ、特に山門前にある3か所の薬王院の駐車場と、境内にある私設トイレの使用の件に関して、大変嘆いていらっしゃいました。  薬王院の駐車場は、基本的に法事で御用のある方用で、登山客には御好意から使用を許可していますから、法事の方が優先ですとのこと。  特に週末は登山客が多くて、法事の方が駐車できないなどの問題があったこと、境内のトイレも法事の方やお檀家さん用で、登山客の使用は控えてほしいらしく、駐車場やトイレは途中にある「つくし湖」の市営を使用してほしいと話されていました。  また、これ以上マナーの悪い登山客が増えれば、駐車場は使用禁止にするかもしれないとのことで、今回初めて薬王院に来たぷーすけとぷーこには、御ぜん様のお悩みを聞くだけが精一杯でした。 他人に、自分の家の駐車場やトイレ、財物を荒らされて喜ぶ人は・・・。私だったらやっぱり怒りますね。 筑波山を愛する皆さんへ、薬王院はお寺で私有地です。 使わせていただいていると思って、認識を改めましょう。偉そうに言って(m´・ω・`)m ゴメンナサイ…  ようやく、本題です。駐車場の使用許可を受け、10:00に念願の【薬王院コース】登山口へ。鬼ヶ作林道の出会いまでは、なだらかな土の道で、濡れていて転倒しそうになり・・・なりながらも今回の写真素材ゲット、フサヒメホウキ茸のスポンジ状の群生を見つけました。 意外にしっかりしており頑丈。 途中の小路で、不思議な光の輪を発見!御前様のお話に出てきた仏様?それとも山神様? まさかお迎えか:(;゙゚'ω゚'): ぷーこはマイペースで近所にいない少し不安。いろんな意味で疲労した私には、単なる木漏れ日が輪になっただけでも神々しく見えてました。  出会いからは、ぬかるみと階段のインターバル。その殆どが登りで、最初元気に先を歩いていたぷーこは、最後には遅れてしまいます。    結局ノンビリペースで12時前に御幸ヶ原に到着。昼食を食べ定番の男体山~女体山と連絡し、【女体山・キャンプ場コース】を下山しました。この路、クマザサが両脇に迫りチクチクします。それが過ぎると勝手に足が走り出すほどの粘土層の下り路。スピード出しすぎ注意です。  初の【鬼ヶ作林道】は散歩道。ランニングに良いかと思いました。トレッキングを期待してはいけませんね。 そうしてようやく、二人でヨロヨロ無事?に薬王院駐車場へ帰り着きました。 今回は、御ぜん様の説法?が聞けて得難い思い出でした。ありがとうございます。

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。