荒船山慰霊登山2018(クマ出没で撤退!)

2018.09.11(火) 日帰り Gunma, Nagano
はいじま
はいじま

活動詳細

もっと見る

毎年恒例、「クレヨンしんちゃん」原作者で史上最強のギャグ漫画家、臼井儀人先生を偲んでの荒船山へ内山峠ピストンで計画を立てました。今年は臼井先生の命日である(と思われる)9月11日に休みが取れたのでこの日に計画を立てたのですが…今年も去年に引き続き、最初の荒船登山では艫岩に立つことが出来ませんでした。 内山峠には9時15分頃到着、9時25分頃出発しました。ですが気になったのは登山口の駐車場には私の車の他、あと1台しかいません。「平日に登る人は少ないんだな」と思って山に入ったところで熊鈴を忘れたことに気付き、少し悩んで「もう1組いるから大丈夫」と判断して山に入りました。 20分程登ったところで下山してきたご夫婦とすれ違い。このご夫婦は「登山道沿いに子熊がいたので、怖いので引き返すことにした」とのこと。熊鈴を忘れている私は登山を続行するか悩みましたが、ご夫婦の奥様から「これ使ってください」と熊鈴を渡されたので、ご夫婦の熊目撃地点を確認して続行を決断。 戴いた熊鈴を派手に鳴らしながら進むこと15分、既にご夫婦の熊目撃地点は過ぎていたはずです(そこまであった私以外の足跡がなくなり、山道を蜘蛛の糸が横断していました)。登山道の左側に違和感を感じました。立ち止まって見ると左側2~3メートル先の熊笹がざわざわって揺れて、黒い塊が私と逆方向に素早く動いていくではないか、そしてそれが少し離れた所で停止してこっちをうかがっている様子…しかもどう見ても「子熊」ってサイズじゃない。背筋に冷たいものが走って…「ここにいるのは危険」と判断してそっと後ずさりした後、逃げるように引き返しました。派手に熊鈴を鳴らしていたのにも、道沿いにいたんです。 内山峠へ下る途中、男性2人組の登山者とすれ違って「熊出没」を伝えました。この方々は先のご夫婦ともすれ違っていて話を聞いていたとのことですが、続行を決断して登ってゆきましたが、ちょっと心配です。ちなみに臼井先生に供えるつもりだった花は、この方々に託しました。 結局10時20分過ぎには内山峠に下山。仕方が無いので長野県側の国道254号のコスモス祭を見物しに行きました。 これはリベンジ必至ですね。

国道254号から荒船山を見上げる。今回は艫岩に少し雲がかかっていて少し不安だったけど…まさか今回もあそこに立つことが出来ないとはこの時は考えていなかった。
峠道を上って内山峠の駐車場に着きました。
内山峠の駐車場から艫岩へ向けて出発。いつも混んでいるこの駐車場も、今回は私の他にもう1台しかありません。
登山道の入口には熊出没注意の看板が、この標識を通り越して「あ、鈴鳴らさなきゃ」と思ったときに熊鈴を忘れたことに気付いたのです。ザックを新しくしたら、古いザックにくくりつけたまんま…今回の大失敗です。
今回は雨上がりで道が泥濘んでいます。足下を見ると、泥濘んだ道に二人分の足跡があって先行者がいる事はわかります。ところが、その足跡の主であるご夫婦とはこの写真を撮影した直後にすれ違うことになります。
ご夫婦の情報によると、子熊がいたのはこの最初の難所の急勾配を登って少し行ったところ。確かに足跡はこれを登って数分行ったところでなくなりました。熊鈴を派手に鳴らしながらゆっくり歩きつつ、「目撃箇所は通過したな」と判断します。
木々の隙間から艫岩が見えるポイントまでは無事に来ました。ですがこの写真を撮影した直後に熊に遭遇、逃げるように引き返したわけです。
逃げるように下山した後は、長野側の国道254号沿いで行われているコスモス祭を観に行きました。赤・ピンク・白と様々な色のコスモスに囲まれて、さっきの怖い体験を忘れました。
沢山咲いてるでしょ?
そこら中コスモスだらけ!

活動の装備

  • WSD-F10(黒)
    CASIO

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。