星生山・久住山

2014.09.07 2 DAYS

活動データ

タイム

07:14

距離

10.5km

上り

838m

下り

834m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

微妙な天気予報の中、早起きして牧ノ戸へ向かいました。 九重は昨夏の中岳・天狗ヶ城(4歳1か月)、昨秋の三俣山西峰・本峰(4歳3か月)に続いて3回目です。 今回は星生山と久住山に登り、余裕があれば家族のお気に入り「天狗ヶ城からの御池」を楽しみたかったのですが…。 お父さんは、皆さんの素敵な花の写真に触発されて撮ってはみたものの、名前も分からないようで、勉強しますって言ってました。

牧ノ戸登山口から出発です。
サイヨウシャジン …ですよね !?
沓掛山の肩からの阿蘇。 これが最後の眺望になるとは…
沓掛山の下りのはしご。 山頂は羽蟻に占拠されていました。
ママコナ …かな !?
??? 以下、降参です。
扇ヶ鼻分岐の少し先で、ここから星生山へ向かいます。
西千里浜の西端に下りてきました。
あの岩のあたりを登っていきます。
立ちはだかる岩!身長110cmではどうにもならず、ココだけはお父さんに押し上げてもらいました。
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
きれい!
星生山分岐から登っている方が、結構おられました。
最初の登り以外は、道もよく歩きやすかったです♪
星生山頂に到着。 しかしお目当ての硫黄山は☓。 ここも羽蟻が大量発生していて、小休止する間もなく先へ進みました。
山頂北側の様子。 少し緊張する場面でした。
岩稜帯をクリアしてホッとしました。
眼下に広がる西千里浜。
星生山に槍ヶ岳 !?
たぶん星生崎の端っこです。
久住分かれに下りると思っていましたが、避難小屋手前の坂の上に下りてしまいました。
久住分かれの先で、ようやく久住山が姿を現しました。
空池の淵から天狗ヶ城と中岳。
別に反省している訳ではありません。
久住山頂に到着しました!
時おり小雨がぱらつくも、 念願の「山でラーメン」を達成できて笑顔!
山頂は多くの登山者で賑わっていました。 天候が回復しそうにないので、牧ノ戸へ向かいます。
星生山へは、あの斜面を登りました。
雨のせいか、沓掛山頂の羽蟻はいなくなっていました。
怪我なく下山できました。
牧ノ戸登山口の売店で、星生山と久住山のバッチを買って貰いました♪
帰りに由布岳が一瞬見えたのでパチリ。 今年6月に東峰に登った際に、YAMAPのことを教えてもらいました。

活動の装備

  • グラナイトパックKid's10
    mont-bell
  • レイントレッカーKid's10
    mont-bell
  • ティトンブーツKid's
    mont-bell
  • サハラキャップKid's
    mont-bell
  • O.D.パンツ Kid's100
    mont-bell
  • THE NORTH FACE_ユース トレッキングクルー キッズ(JM)
    THE NORTH FACE
  • トレッキングベル スクエア
    mont-bell

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。