春の彼岸の黒鼻山へ…

2023.03.21(火) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 53
休憩時間
40
距離
8.2 km
のぼり / くだり
454 / 452 m

活動詳細

すべて見る

お彼岸にふさわしい穏やかな春の空、春風のわたる山並み…冬という季節を越えて溶け残った残雪を踏みしめつつ、黒鼻山の雑木林を歩きました。

船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 雲ひとつない春の空はやさしい青色…そういう色を空色って言うんだよと、黒鼻山も嬉しそうです
雲ひとつない春の空はやさしい青色…そういう色を空色って言うんだよと、黒鼻山も嬉しそうです
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 黒鼻山にある道標の多くはこのように美しい字体で書かれているので、なぜか心が落ち着くんです
黒鼻山にある道標の多くはこのように美しい字体で書かれているので、なぜか心が落ち着くんです
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 冬のあいだ沢を覆っていた白い雪もほとんど溶け落ちて、透明すぎるほど透明な瀬音が聞こえます
冬のあいだ沢を覆っていた白い雪もほとんど溶け落ちて、透明すぎるほど透明な瀬音が聞こえます
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 踏みしめられた登山道の窪みに白く点々と溶け残って連なってる雪は、恐竜の背骨みたいだと思う
踏みしめられた登山道の窪みに白く点々と溶け残って連なってる雪は、恐竜の背骨みたいだと思う
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 まだ芽吹きには間のある木立の隙間からのぞく泉ヶ岳…ここから見ると穏やかなお山に見えますね
まだ芽吹きには間のある木立の隙間からのぞく泉ヶ岳…ここから見ると穏やかなお山に見えますね
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 木々の根元で雪がまあるく溶けるのを「根びらき」と、最初に呼んだやさしい人は誰なんだろう
木々の根元で雪がまあるく溶けるのを「根びらき」と、最初に呼んだやさしい人は誰なんだろう
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 ちくちくと手縫いで継ぎはぎしてある赤布を見つけ、誰もいない春の林で人の手のぬくもりを知る
ちくちくと手縫いで継ぎはぎしてある赤布を見つけ、誰もいない春の林で人の手のぬくもりを知る
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 黒鼻山の山頂標識にも、懐かしささえ感じます…おや、遠くのほうから朗らかに語り合う声がする
黒鼻山の山頂標識にも、懐かしささえ感じます…おや、遠くのほうから朗らかに語り合う声がする
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 初老のお二人連れが仲よく歩いていらしたのて、新しい山頂標識と記念写真を撮ってもらいました
初老のお二人連れが仲よく歩いていらしたのて、新しい山頂標識と記念写真を撮ってもらいました
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 ヒザ川のほうへ降りて行くコースも楽しいよと教えて下さったお二人を見送って、私も歩き始めよう
ヒザ川のほうへ降りて行くコースも楽しいよと教えて下さったお二人を見送って、私も歩き始めよう
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 ふと見上げると春の空にやさしい雲…昔びとはこういう雲を、天女の羽衣に見立てたのでしょうか
ふと見上げると春の空にやさしい雲…昔びとはこういう雲を、天女の羽衣に見立てたのでしょうか
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 まんまるのポンポンみたいに丸まったヤドリギたちは、春の風に吹かれていかにもご機嫌よろしく
まんまるのポンポンみたいに丸まったヤドリギたちは、春の風に吹かれていかにもご機嫌よろしく
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 こちらにはこの辺の名物「くま缶」です…ついついカーンと叩いてみたくなるのが人情というもの
こちらにはこの辺の名物「くま缶」です…ついついカーンと叩いてみたくなるのが人情というもの
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 あっちへ行ってもこっちへ行ってもどっちも「きつねコース」だなんて、そりゃまたうれしいねえ
あっちへ行ってもこっちへ行ってもどっちも「きつねコース」だなんて、そりゃまたうれしいねえ
船形山(御所山)・泉ヶ岳・蛇ヶ岳 午後になれば雲が次々と湧いてきて、のんびり座っている黒鼻山と一緒に私を見送ってくれました
午後になれば雲が次々と湧いてきて、のんびり座っている黒鼻山と一緒に私を見送ってくれました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。