木段アスレチックと笹の海 南木曽岳

2018.08.19(日) 2 DAYS Nagano, Gifu
たけう
たけう

活動データ

タイム

04:59

距離

6.4km

上り

853m

下り

845m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

初の中央アルプスは最南端の南木曽岳へ。 アスレチックのような木段(はしご)をたくさん登り、 山頂部では笹におおわれた道をガサゴソ歩いたり、想像以上に変化のある道でした。 展望のよさに惹かれてやってきたのですが、この日は雲が多めでちょっと残念。 それでも中央アルプスが見えたのはよかったです。 下りはなかなかの急坂を木段を使っておりていくのに神経つかいましたが、 気温も落ち着いていたせいか、それほど体力を使わずに帰ってこれました。 また天気のいい時をねらって訪れたいな。

スタート地点。避難小屋、トイレあります。登山届もここで。
林道を行くのかと思ったら、右側へ。
遊歩道らしく、しっかり整備された道。入ってすぐに東屋もありました。
で結局、林道へ合流。
大規模な土砂崩れがあったのかな?
ここが正式な登山口。
山頂はガスってる~。
橋を渡ると登山道らしい道へ。
分岐。登りは左へ。修復用の木材がいっぱい積まれてました。
金時ノ洞窟。いけるみたいだけど、とくに何もなさそうなのでスルー。
このあたりから木の階段が増えてきます。
みじかいけど、こんなところも。
さるのこしかけかな?こんもり~
こちらは立派!
階段というよりハシゴに近い。くさりもあり。
あ、晴れてきた♪
くさり場と木段の2択。迷わず木段へ。この木段は空中になってます。作られた方(達)すごい!
530m。もうすぐかと思ってたらこの後がしんどかった〜
山頂に近づくと平坦な道に。笹で道が見えない!
登頂。展望はありません。
15度ぐらい。すずしい。
山頂からすぐ近くの展望台。
いい眺め〜っと思ったら、雲がちょうど山頂付近に。あう~
御嶽山かな? ほんのちょっとだけ頭出してくれました。
胸の高さまで押し寄せる笹の海。朝露でびしょぬれに。
避難小屋が見えました。
小屋の中、広々ですね。
いいちこ、常備!?
展望スポットへ。
おおー中央アルプスだ!
アップで。
御嶽方面は雲の中~
山頂方面。
御嶽方面の雲が切れないかと待っていましたが、無理っぽいので先に進みます。
笹をかき分け、摩利支天に到着。この岩を登ると…
一気に視界が開けます。高度感もすごーい。
ここでお昼にします。
おなかもいっぱい。下山しまーす。
下り始めてすぐ、見晴台が。
梯子を上って木の間をぬけると…
おおー、ここも素晴らしい展望♪ 高度感もなかなか。
山側をみると、岩すごい。
恵那山も雲の中~。
ながーい木段。先が見えない!
螺旋階段のようにほぼ垂直に降りていく。
もくもくと降り続け、登りの道と合流。
林道に戻ってきました。
よく見たらここの砂防堰堤、表面が木だ。こんなのはじめてみた。
登りで気になっていた、滝へ寄り道。
男滝、女滝。どっちが上でどっちが下かとくに書いてなかったです。決めるのはあなた次第?
近くにもうひとつ滝っぽいのが~。こっちは名無し?
避難小屋に帰ってきて無事下山。下の駐車場には観光バスが来てました!
帰りはあららぎ温泉へ。こじんまりとした素朴なお風呂でさっぱり。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。