過酷。重内山・風光山・日永山・志計札辺山

2023.02.26(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
11 時間 47
休憩時間
59
距離
17.1 km
のぼり / くだり
823 / 820 m
1 58
2 55
55
2 3
3 2

活動詳細

すべて見る

先週の道東遠征で、やろうとしていたこの山行を、1週間後に実行❗ ずっと、一まとめに出来ないかと思っていた、この4つの山の活動日記が🆙され、それ日記を推測しながら、林道や農道歩きをカットを考え、実行! (くろのあさん、ありがとうございます🙏) 具合悪い道東遠征時も、林道状況を確認。 この地域の雪質は少なく、そして今は締まる! そう時間は掛からないかと🤔 ビリーの助手を誘い、再度道東遠征🚗💨 重内山までは、🦌トレース🐾ありで、そう難なくと。 🦌のトレースが無くなると、地獄の始まり。 新雪のパウダースノー帯は、とにかくズボリまくり、萎えまくり😰 雪は全く締まってない。 こんなにストレスを抱えての登山は、初めてかもしれない。 体重増で、助手の後の二番手でも埋まり、とにかくズボる🕳️ まだラッセル登山の方が良いかも。 会話も少なく、いつもの冗談も何も言わず、ただ黙々と🕳️ 昼から天候も悪化し、写真を撮るのも嫌になり、ほとんど撮らなかった。 病み上がりで、三日間寝てばかり過ごしていたせいもあり、体力の低下。 どうにかこうにか4つの山を巡り、林道へと降りると、除雪されてなかった。 勝手な憶測で、林道の奥まで除雪されてるかと思い込み、長い林道ラッセルも追加。 体重増・病み上がり・雪質の予想外・林道除雪の読みが甘い、等々。 予想を遥かに越えた登山となってしまい、下山時は真っ暗に。 ここは道東の弟子屈町。 片道310キロ掛けて帰路へ。 食料難民・温泉難民・ガソリン難民にもなり、24時間スタンドのある帯広経由で帰宅。 助手の雪多さんには、本当に迷惑をかけ、いなかったらもっと時間が掛かったと思う。 登山には絶対大丈夫って事は無いんだなと、改めて実感。 こめんどくさい山を4つまとめて、やっつけられたの満足感より、反省と課題が残る登山となりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。