岡城跡、白水の滝、白水ダム、観光

2018.08.17(金) 09:18 - 2018.08.17(金) 10:43
今日は、くじゅうのホテルから、牧の戸登山口を、横目で、眺め、今日の観光場所、竹田へ向かいました。 岡城跡、三度目ですが、久しぶりで、ここに、しました。 城主、中川氏の時代は、黒田官兵衛の時代と、重なり、ちと、興味あり、 関ヶ原の戦い前からの時代を思い浮かべてました。 1594年、中川氏の築城、 1871年、廃藩置県で、お城は大分県に払い下げ、取り壊されます。 そのお城から、「荒城の月」と。 そして、1936年、桜や紅葉の木を植栽し国の指定史跡となる。 前回、バタバタ歩きで、今回は、一味違い、感激でした。 次に、白水の滝、ここは観光案内で知りました。 中川氏の名前が、ありました。 白水ダムは、前日、テレビで、放送があり、是非にと見学しました。 帰り、パンクして、竹田トヨタ店へ、 そして、帰り、道の駅で、但馬屋の 「荒城の月」を、買って、美味しく味わいました。 今日も、くじゅう温泉泊です。 いつも、この、旅行の計画は、すべて私の係です。 義兄、姉妹、みんな、今日は、良いところばかり、案内してくれて、良かったと、\(^^)/

写真

ここから、です。

ここから、です。

お城ですねぇー!

お城ですねぇー!

この、地図で、歩くと、どんな、とこか、わかりやすい。

この、地図で、歩くと、どんな、とこか、わかりやすい。

リアルに、感じますね。

リアルに、感じますね。

ここが、

ここが、

大手門、

大手門、

左が、西の丸、外側を、歩きます。

左が、西の丸、外側を、歩きます。

高い場所です。

高い場所です。

家老屋敷跡、広いですね。

家老屋敷跡、広いですね。

本丸の方へ向かいます。

本丸の方へ向かいます。

案内が、あります。

案内が、あります。

ここから、三の丸へ、

ここから、三の丸へ、

左、二ノ丸へ、
瀧廉太郎の銅像、

左、二ノ丸へ、 瀧廉太郎の銅像、

二ノ丸、

二ノ丸、

ここに、新しく、トイレと休憩所が、出来てます。ここに、入って、

ここに、新しく、トイレと休憩所が、出来てます。ここに、入って、

ここを、上ると、

ここを、上ると、

本丸跡に、出てきます。

本丸跡に、出てきます。

ここを、読むと、よく、わかります。(^○^)

ここを、読むと、よく、わかります。(^○^)

さて、ここを、下り、案内に、従って、

さて、ここを、下り、案内に、従って、

大きな、石垣、
いつも、思いますが、きれいですね。

大きな、石垣、 いつも、思いますが、きれいですね。

いろいろ、その時代は、と、話が、

いろいろ、その時代は、と、話が、

この先から、右へ。

この先から、右へ。

大きな、お屋敷、

大きな、お屋敷、

またまた、読めば、わかりやすい。(^_^)

またまた、読めば、わかりやすい。(^_^)

ひろーい、お屋敷、
間取りが、分かりやすい、ですね。

ひろーい、お屋敷、 間取りが、分かりやすい、ですね。

向こうに、本丸が、見えます。

向こうに、本丸が、見えます。

さて、下って、

さて、下って、

ここも、家老屋敷、ここも、ひろーい、

ここも、家老屋敷、ここも、ひろーい、

紅葉、秋、紅葉も、きれいでしょうね。

紅葉、秋、紅葉も、きれいでしょうね。

ここは、西の、丸

ここは、西の、丸

たっぷり、楽しみました。

たっぷり、楽しみました。

約1時間、移動して、
白水の滝、滝まで、約600メートル、

約1時間、移動して、 白水の滝、滝まで、約600メートル、

中川氏の、名前が、

中川氏の、名前が、

しばらく、川沿いを、

しばらく、川沿いを、

涼しいです。

涼しいです。

少し、登り、

少し、登り、

母滝、

母滝、

流れが、きれい、

流れが、きれい、

白水の滝、

白水の滝、

次は、白水ダム、駐車場から、すぐです。

次は、白水ダム、駐車場から、すぐです。

観光案内の写真と、同じ、来てよかったです。
白い、\(^^)/

観光案内の写真と、同じ、来てよかったです。 白い、\(^^)/

道の駅、この、種類だけしか、ありませんが、
たまたま、見つけて、お土産に買い、
自分たちも、買って、ホテルで、頂きました。
おいしかったです。

道の駅、この、種類だけしか、ありませんが、 たまたま、見つけて、お土産に買い、 自分たちも、買って、ホテルで、頂きました。 おいしかったです。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。