行きたい人は今のうち?(桂離宮)

2018.08.14(火) 日帰り
pers
pers

活動データ

タイム

01:00

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今日は完全な街レポなのですが、もし桂離宮に行きたいと思っている人がおられれば、参考になるのかなと思って、敢えて上げさせていただきます(今まで、街レポでも平気でアップしてましたけどね)。 昨日の不動七重の滝でKO寸前にまで追い込まれたため、今日は最初から早起きの予定を組んでいませんでした。なにか適当な観光イベントでもないかなあと探しましたが、突然桂離宮に行こうと思い立って、経験者の妻に尋ねました。結局妻の情報が正しかったのですが、宮内庁のウェブサイトでは、参観人数や参観時間が違っているようなので、8:30を目指して家を出ました。 ご存知の方もおられるでしょうが、桂離宮、修学院離宮、仙洞御所は全て参観者数を制限しています。事前予約が最も確実ですが、当日枠もあります。現時点では参観無料なんですが、11/1からは有料になります。これに伴って、参観者枠は予約・当日とも増えるようです。で、現在ウェブには無料と有料の両方の案内が載っているのですが、有料(現在適用されていない日付のもの)が上に書かれていて、ちょっと紛らわしいです。 というわけで、無料期間の間に参観したいと思っている方については、ちょっと急がなければなりません。あと、無料期間中に入ることにはもうひとつ意味があります。というのも、現在は1時間に1グループ35人が参観できるようになっていますが、11/1以降は1時間に60人が参観します。そうなると、ふたつのグループに分かれて回る可能性が考えられます。現在は参観者は1箇所に固まっているので、池の方を向いて写真を撮っても、対岸に人はいません。しかし、2グループ以上に分かれた場合、対岸に人影が入ってしまう可能性があります。もし、人の姿が入らない写真を撮りたい場合、10月までに出向いた方がいいのかも。まあ、桂離宮庭園の味わいは、人が視野に入ったからと言って損なわれるものではありませんけどね。 さて、現時点での当日枠の入り方です。整理券を貰う必要があり、配布が11時です。当日枠で入れるのは、1330、1430、1530の3つの時間帯で、それぞれ20人ずつ(予約者が少なければ、当日枠に回るので、増える可能性はあります)。つまり、11時に行って、前から60番以内だったら参観できることになります。私は830に行ってしまいましたが、その後桂駅まで戻って時間を潰し、戻ったら既に列ができていて、1430の枠になりました。 その後のことは省略します。なお、写真撮影はほぼ全ての箇所で可能、建物の中には入らない、くらいでしょうか。 このレポートはヤマレコのミラーです。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1555060.html

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす