高安山の古道「おと越 2015年最後の山歩き」

2015.12.30(水) 08:18 - 2015.12.30(水) 10:53
今年の最後は高安山越十二道「おと越」で締めくくりました。おと越とは「おうとう越、おうと越、、、」などと呼ばれ、大和と河内(平群町と八尾市神立)を結ぶ街道として古くから利用されてきました。2013年10月に堰堤完成後も、しばらくの間通行ができませんでした。そのため、かつての旧道がササヤブに覆われて、川床を歩かねばならず難コースとなっていました。 今年の2月以来、久々に歩いてみると有志の方々のご尽力により、かつての旧道が復活していました。堰堤のすぐ上部から木柱の道標がスカイラインまで10本設置されており、川床を歩く必要がありません。スカイライン直下のヤブも草刈されて歩きやすくなっています。冬の間はヤブ漕ぎもなく、下りで利用するのも良いでしょう。 整備に尽力された関係者の皆さんに、深く感謝いたします。

写真

心合寺(しおんじ)山古墳の兄弟桐を見て出発

心合寺(しおんじ)山古墳の兄弟桐を見て出発

玉祖(たまおや)神社でご挨拶、天然記念物のくすの木です

玉祖(たまおや)神社でご挨拶、天然記念物のくすの木です

堰堤工事のため拡幅された道から「おと越」に向かいます

堰堤工事のため拡幅された道から「おと越」に向かいます

コイツに絡まれると厄介です

コイツに絡まれると厄介です

堰堤が見えてきました。

堰堤が見えてきました。

この季節に似合わない可憐な花が咲いていた

この季節に似合わない可憐な花が咲いていた

堰堤は平成25年10月完成、通行可能となったのは翌年5月頃でした

堰堤は平成25年10月完成、通行可能となったのは翌年5月頃でした

二本の階段を登って堰堤を越えます。ココから降りていくのが正解

二本の階段を登って堰堤を越えます。ココから降りていくのが正解

以前の迂回路を使って谷筋に降りたつと、かつての道が復活していました。

以前の迂回路を使って谷筋に降りたつと、かつての道が復活していました。

ここから10本の道標が設置されていました。

ここから10本の道標が設置されていました。

堰堤のすぐ前です

堰堤のすぐ前です

先ほど見下ろしていた位置から、この木板は見えていました。

先ほど見下ろしていた位置から、この木板は見えていました。

二丁の道標、ココは分岐で以前は分かりにくかったです。左の登り道に迷い込んだ人もいました。

二丁の道標、ココは分岐で以前は分かりにくかったです。左の登り道に迷い込んだ人もいました。

この付近は倒竹で道がふさがっていて、難儀して通行した場所です

この付近は倒竹で道がふさがっていて、難儀して通行した場所です

古い道標で文字は判読不能

古い道標で文字は判読不能

三丁の道標付近は道が流されて消失、斜面側に迂回路ができていました

三丁の道標付近は道が流されて消失、斜面側に迂回路ができていました

ココは笹竹が倒れ込んで道が塞がっていたところ。今は歩けます

ココは笹竹が倒れ込んで道が塞がっていたところ。今は歩けます

補助梯子でルートを確保してあります

補助梯子でルートを確保してあります

巨石を見上げる。古墳かもしれません

巨石を見上げる。古墳かもしれません

旧道の雰囲気が復活しました。嬉しいですね。

旧道の雰囲気が復活しました。嬉しいですね。

最初の谷筋分岐、ここは右俣を進む。

最初の谷筋分岐、ここは右俣を進む。

四丁の道標、ここまで川床に一回も降りずに歩きました

四丁の道標、ここまで川床に一回も降りずに歩きました

ハイキング道だった時代もありましたね。

ハイキング道だった時代もありましたね。

ここから左岸を歩きます。以前はヤブ漕ぎ必須でした

ここから左岸を歩きます。以前はヤブ漕ぎ必須でした

すっきりしています。スイスイ歩けます。

すっきりしています。スイスイ歩けます。

道を塞いでいた倒木もありません。

道を塞いでいた倒木もありません。

五丁の道標に到着

五丁の道標に到着

オリエンテーリングの看板を越えると谷が広くなってきます。

オリエンテーリングの看板を越えると谷が広くなってきます。

石清水のポイントを通過

石清水のポイントを通過

谷幅が広く、中州の岩場を歩きます

谷幅が広く、中州の岩場を歩きます

一面に水草が生えた岩

一面に水草が生えた岩

六丁の道標を通過

六丁の道標を通過

右手(南)の支流へ分岐道(南岩道)があるようです

右手(南)の支流へ分岐道(南岩道)があるようです

ちょっと荒れ気味になってきました

ちょっと荒れ気味になってきました

二つ目の谷分岐、今度は左俣を進みます

二つ目の谷分岐、今度は左俣を進みます

ちょっと狭くなって、水は枯れています。

ちょっと狭くなって、水は枯れています。

七丁の道標を通過

七丁の道標を通過

門石を通過、重箱石というのもありますが、特定できてません

門石を通過、重箱石というのもありますが、特定できてません

八丁の道標まで来ました

八丁の道標まで来ました

この付近は一瞬だけ、古道の雰囲気を味わえます

この付近は一瞬だけ、古道の雰囲気を味わえます

上部に行くほど浸食が激しくて、V字に掘られて歩きにくい

上部に行くほど浸食が激しくて、V字に掘られて歩きにくい

ここを登り切ると尾根筋に出ます。かつての難所もこの通り楽に通行可能

ここを登り切ると尾根筋に出ます。かつての難所もこの通り楽に通行可能

折り返すと九丁の道標が立っています。

折り返すと九丁の道標が立っています。

最後の尾根道はヤブ漕ぎ区間でしたが、今なら難なく歩けます

最後の尾根道はヤブ漕ぎ区間でしたが、今なら難なく歩けます

スカイライン直下です。ゴミが相変わらず散乱しています

スカイライン直下です。ゴミが相変わらず散乱しています

完道の道標、423m地点です

完道の道標、423m地点です

冬枯れシーズンは下山利用もおススメできるコースです。

冬枯れシーズンは下山利用もおススメできるコースです。

スカイラインを跨ぐと縦走道の休憩所

スカイラインを跨ぐと縦走道の休憩所

道具リスト

  • コンパクトデジタルカメラXP70YイエローFFX-XP70Y

    FUJIFILM

    Amazonで見る
  • レギュレーターストーブST-310+ウインドスクリーンST-3101+パワーガスST-7601セット(SOTOオリジナルシェラカップ付)

    SOTO

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。