小辺路・果無峠越: 十津川〜熊野本宮大社

2015.12.30 2 DAYS Nara, Wakayama

活動データ

タイム

08:10

距離

14.7km

上り

1,166m

下り

1,265m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

昨年末に中辺路の途中で見た果無(はてなし)山脈、名前の響きも素敵だし、小辺路はそこを超えるというので是非歩いてみたいと思ってました。高野山から歩くのは時間的にも無理なので、今回は十津川からの最後の行程を歩きました。 本宮大社前に車を置いて、7:14の奈良交通のバスに乗ります。とてもいい天気(^O^)/ 本宮大社前は山間部にありながらさすが南紀。京都よりずっと暖かい。 バスはほぼノンストップで約35分で十津川の蕨尾に着きました。バスには私ら以外に2人小辺路を歩かれる方が乗ってました。 蕨尾から登山口へ。石段をぐんぐん登って行くとかなり暑くなってきた。さらにぐんぐん上がると突然石段の上から畑と山々の景色が出現。これはなかなかインパクトあるシーンで、感動です。 畑の上の民家の庭先を通りますが、絶景を臨む場所にあり、縁側と庭はとても素敵です。そこのお父さんが「昨日フィンランド人が半袖にスカートで歩いてて、暑いくらいだと言ってたよ」と気さくに話しかけてきて、育ててる草花のことを聞いたり、熊野本宮大社まで歩くと言ったら「まだまだかかるな〜、八木尾からもだいぶあるで。都会の人はよう歩くな〜、わしらはそんなよう歩けんわ」と。臼と杵を出してきて、今からお正月のお餅をつくとのこと。奥様は門松作り。これぞ日本のお正月! そこからもずっと急坂が続き、山口茶屋跡、観音堂で短い休憩を取りつつ、難関の果無峠を超えることができた。ふぅ〜。 後はひたすら下って、最初のベンチでようやくお昼休憩。 八木尾に下りてからはしばらく国道沿いの舗装路。熊野川と大峰奥駆道の山々に冬の凛とした空気、神聖な場所にいることを感じずにはいられません。 国道から脇の道に入って、それまでスタスタ歩いてた相方についに泣きが入った。「もう左足動かへん〜。もう歩きたない(T_T)」 そこから中辺路で歩いた道に合流。不規則な石段が歩きにくく、疲れた足にくる。 熊野本宮大社に到着! 新しい靴で無事歩けたけど温泉に入ると両足の踝がしみる〜(T_T) 見たら赤くなってたけどこれは仕方ないね。 これくらい歩いてこそ熊野古道って感じるな。このコースは中辺路ほどメジャーじゃないけど、熊野本宮大社からのアクセスもよく、案内板がありわかりやすいのでお勧めです。 2016年は小辺路の高野山からの前半を歩きたいな。たっぷり2日間はかかるから覚悟しないと。 7:50 蕨尾バス停 8:05 登山口 8:40 果無集落 9:45 山口茶屋跡 10:20 観音堂(休憩) 11:00 果無峠 13:00 お昼休憩 14:00 八木尾 15:30 熊野本宮大社 16:00 本宮大社前駐車場

蕨尾行きのバスの車窓より
昴の郷からではなく、橋渡ったところから熊野古道に入ります。
橋を渡ります
橋の上から
小辺路に入ります
果無峠越えのコースです
赤い橋から少し歩いてきました
う~ん、いい天気!
登山口に入ります
急坂を上がると絶景!
果無集落
下から上がってくると頭上に突然この風景。これには感動!
尾根の上にある畑
名前忘れたけど蔓を巻いて、夏になると下のフックに風鈴を付けるそうです。風流~
干し柿に縁側。写真はないですが、お花が飾ってあったり素敵な家
果無集落でゆっくりしてしまいました
山口茶屋跡でミレーと湯のみ茶椀?
観音堂
氷の花
水が飛び散って凍りついてる
氷の葉っぱ、この後投げつけられた
釈迦ヶ岳方面らしい
暖かいので雪はあまりないですね
最初の赤い橋と果無集落が小さく見えます。改めて見ると集落すごい場所にある!
お互いどこを指してるか不明・・
果無峠。写真ブレてる^_^;
1060m(コース案内では1114mになってました)
1000m超えるとやっぱり寒い
本宮大社まだ見えないかな~
日差しがポカポカ
八木尾の集落が見えてきた
山深い
三十三観音像があるので進んでる感じがして有り難い
石垣を撮ってみました
三角テント?誰が作ったの?
ん?妖怪アメフラシ?雨は降りそうもないけど。
八木尾に下りてきました
道路に出ました。
水がほとんどない
この色見ると瀞峡行きたくなる
道路沿いの舗装路だけど景色で飽きません
川に山が映ってきれい
賀正でがちょ〜ん
熊野本宮大社に戻ってきました
八咫烏の郵便ポスト。あ、年賀状( ̄◇ ̄;)
すっかりお正月の準備が出来ています
今年も「大」でした。人に気を使い過ぎ…思い当たります。
2016年も気合いだぁ~!!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。