志計礼辺山・日永山・風光山・重内山

2023.02.04(土) 日帰り

活動データ

タイム

07:35

距離

20.6km

のぼり

916m

くだり

916m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 35
休憩時間
34
距離
20.6 km
のぼり / くだり
916 / 916 m
1 40
1 7
30
1 31
1 50

活動詳細

すべて見る

読み方は、しけれべやま、にちえいざん、ふうこうざん、おもないやま。 平地の最高気温は-8℃と冷え込んだ。 予報は、晴れ時々曇りだけど、午後から曇りマークが続いている。 風は弱い。 駐車場に車を停め、仕度しているともう一台車が停まる。 後続なのか確かめぬまま出発。 相変わらずのラッセル。 序盤のラッセルが一番きつく、膝あたりまで埋まる。 風光山まで行く予定で、志計礼辺山を最初に行くか最後に行くか悩んだいたが、「気が変わる」かもしれないので最初に行くことに。 先週の辺計礼山と違って埋まる埋まる。 空は雲に覆われ、天気予報が当たる。 志計礼辺山から先は、最低すね~膝、時々太もも~腰近くまで埋まる箇所あり。 笹地帯で、雪の中がすかすか状態のところが多いようだ。 日永山、風光山と登り… 地図を見て考える。 風光山から戻ると約8キロ。 風光山から重内山まで行くと多分4キロくらいで、林道までさらに4キロで計8キロ。 農道の歩きはだいたい4キロくらいか… 時刻は1時すぎ… 順調に行けば重内山まで3時くらい、暗くなる前に農道までたどり着けるか… 5時までには車に戻れるかな… この先、陽当たりは良さそうだから、さほど埋まらないかも~… よし、先に進むか。 決断まで大した時間はかからなかった。 ここで戻れば、自分のトレースがあって歩きやすいのだが、先に進めばラッセルは続く。 効率よく、なるべく最短距離になるように歩く。 少しでも笹が出ているところは、ズボる可能性大。 ズボらなさそうなところを歩くのが、有利に運ぶコツかな。 鹿は大量にいたけど、そううまくトレース残してくれない。 あっても、糞だらけだから、避けるのが手間かもしれない。 重内山に着いたのは3時くらいで予定どおり。 あとは、林道に下るだけなのだが、地形が結構複雑で、こまめに地図を見直す。 林道もラッセルするんだなぁと思っていたけど、伐採作業を行っているらしく除雪されており、良い意味で想定外。 ラッセル約16キロはここで終了、スノーシューを外し、あとはひたすら歩くのみ。 さすがに歩き疲れ、月曜~金曜連続出張の疲れもあったので、次の日は休養することに。 休養も山業の一つだ!多分笑

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。