秋葉山再び

2015.12.29(火) 日帰り
バカボンはじめ
バカボンはじめ

夏に歩いて、楽しかったので、 今回は、埼玉県在住 少年A、B 大阪府在住 少年C、D と山行です。 とりあえず、炊きたてご飯に某食品メーカの「わさびふりかけ」をぶち込んでおにぎり作成。 道の駅で、寿司(個人製造者署名入り)とゴマ餅(秀逸!)、水を買って入山。 あいかわらず(あたりまえか)、いきなり急斜の連続で萌え萌え。 一応20分間隔で休憩を入れながら、少年たちをだましだまし山頂へ。 三角点は、山頂神社の東側の少しわかりにくい場所にあります。 少し下山して、陽だまりでプチランチ摂取。 林道をスカイライン方面へのんびり歩いて林間ハイクを満喫したあと、恵日寺で休憩。 鎌井谷への下山ルートに入りますが、途中の分岐点(旧参道階段付近)間違えて吉次ルート へ入ってしまったみたいですが、路盤崩壊がひどくて撤収。 もう一度鎌井谷ルート(農業用モノレールの軌道が有るほう)へ進入して下山開始。 かなり、荒れていますが、トレースははっきりしています(たぶんマタギ系の人が使っている?)。 ふかふかの腐葉土と朽木に、おもわず「気持ちいい」と言いながら下山。 途中、伐採時の失敗か、素人がチェーンソー使ったかで、登山道を大木が塞いでいましたので、迂回 進行! 無事ダムまで降りました。 あとから聞くと、今回下山で使った鎌井谷ー恵日寺ルートは、稜線付近の集落(お寺の子弟たち等)から山北地区への通学に利用される等した、生活道だったそうです。 毎日、こんなアップダウンをしている子供にメタボなんて縁の無い話でしょうね(笑)。

道の駅です。 寿司、飲料等を仕入れます。

道の駅です。 寿司、飲料等を仕入れます。

道の駅です。 寿司、飲料等を仕入れます。

岩鍋登山口です。

岩鍋登山口です。

岩鍋登山口です。

のどかな里山です。

のどかな里山です。

のどかな里山です。

なかなかの斜度です。

なかなかの斜度です。

なかなかの斜度です。

この、南国的ロケーションで冬山について語っていますが・・・

この、南国的ロケーションで冬山について語っていますが・・・

この、南国的ロケーションで冬山について語っていますが・・・

もう少しです。

もう少しです。

もう少しです。

トイレ有り。

トイレ有り。

トイレ有り。

カロリー補給です。

カロリー補給です。

カロリー補給です。

土佐湾ベストショットです。

土佐湾ベストショットです。

土佐湾ベストショットです。

恵日寺です。

恵日寺です。

恵日寺です。

苔がきれいです。

苔がきれいです。

苔がきれいです。

こっちから入ります。

こっちから入ります。

こっちから入ります。

元々はここが恵日寺への参道だと思いますが、壊れています。 

元々はここが恵日寺への参道だと思いますが、壊れています。

元々はここが恵日寺への参道だと思いますが、壊れています。 

楽しんでる?

楽しんでる?

楽しんでる?

一見ルートから外れているように見えますが、正しいです。 トレースを信じましょう。 ここから西へ転進します。

一見ルートから外れているように見えますが、正しいです。 トレースを信じましょう。 ここから西へ転進します。

一見ルートから外れているように見えますが、正しいです。 トレースを信じましょう。 ここから西へ転進します。

大自然の驚異です

大自然の驚異です

大自然の驚異です

苦しそうです。

苦しそうです。

苦しそうです。

伐採失敗でしょうか、登山道を塞いでいます。

伐採失敗でしょうか、登山道を塞いでいます。

伐採失敗でしょうか、登山道を塞いでいます。

迂回しています。

迂回しています。

迂回しています。

無事下山しました。

無事下山しました。

無事下山しました。

道の駅です。 寿司、飲料等を仕入れます。

岩鍋登山口です。

のどかな里山です。

なかなかの斜度です。

この、南国的ロケーションで冬山について語っていますが・・・

もう少しです。

トイレ有り。

カロリー補給です。

土佐湾ベストショットです。

恵日寺です。

苔がきれいです。

こっちから入ります。

元々はここが恵日寺への参道だと思いますが、壊れています。 

楽しんでる?

一見ルートから外れているように見えますが、正しいです。 トレースを信じましょう。 ここから西へ転進します。

大自然の驚異です

苦しそうです。

伐採失敗でしょうか、登山道を塞いでいます。

迂回しています。

無事下山しました。

類似するルートを通った活動日記