奥穂から西穂へ日帰り縦走

2018.08.05(日) 2 DAYS Nagano, Gifu, Toyama
knosukey
knosukey

活動データ

タイム

16:13

距離

17.6km

上り

2,657m

下り

1,556m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

登山を始めて7ヶ月でエキスパートコースを単独日帰りでチャレンジしてみました。 穂高岳山荘HPで白出沢に雪がない事、橋がある事を確認し、紙地図と動画でルートのイメトレ。パッケージも軽量に。 市営の駐車場には前日の15時に着き、下山者と入替わりのタイミングで空きは沢山ありました。そして仮眠後19時にスタートし日にちをまたいでの山行。 最初は新穂高温泉郷から林道歩き、白出沢出合から登山道。登山道から沢に出ると暗闇の中でのルート探し。ヘッデン頼りの視界なので結構大変でした。重太郎橋を越え梯子を上った先でルートを何ヶ所か見失いましたが何とか修正、2500m付近からはつづら折りでルートも明瞭になっていました。 休憩を入れつつ7時間で穂高岳山荘に着き、売店が始まる4:30まで仮眠しようとしましたが山登りの人は流石に朝が早いですね。全く寝れず(笑)  後半の岩稜帯縦走はジャンダルムを過ぎたあたりでルートを見失うことがあり、さらに靴擦れもおこしペースが大幅ダウン。ロープウェイには間に合いましたが、予想外の時間ロスで西穂高山荘からの下山は旧歩荷道の藪漕ぎルート考える厳しい山行でした。 穂高岳山荘に泊まられた方、岩稜帯で出会った人達は経験豊かな方が多く、色々なお話が聞けたことが一番楽しかったです。 風穏やかで暑くも寒くも無く、とにかく天候が崩れなくて本当に良かった。

登山者用のP5無料駐車場。登山口まで徒歩10分
夕暮れの案内所と交番。19時からとても長い夜間の山行を始めます
穂高平小屋(避難小屋)
白出沢出合。ここから登山道
重太郎橋。とても重要な場所。流されてたら撤退でした
橋からここまで苦労しました。暗闇の岩場でルートをよく見失いました
「対岸へ」、その先のルートを見つけるのも一苦労
沢のド真ん中で発見。大小の浮石多く、自然に石が轟音を立てて転げ落ちる事が多々ある場所だったので危険かと
印を見つけるとホントに安心
ケルンも助かる
黙々と、、
印を探して、、
急坂を登ります
言い表せない元気が貰えました笑
2:10着。穂高岳山荘。ここまで誰とも会わず
中で休ませてもらいました
明け方の白出沢。登ってきた岩場を確認
沢と笠ヶ岳
御来光。風あり寒し
後半戦5:00発。まず奥穂へ向かいます
白出コルの穂高岳山荘。稜線にある山荘は地形を上手く利用して建ててありその美しい設計にはいつも感心させられます
梯子を登ったら、楽しみにしていた岩稜帯スタートです
登る先行者。傾斜と高度感がいいです
振り返ると槍ヶ岳。いつどこで見ても存在感があります
奥穂岳山頂目前でジャンダルム初お目見え
奥穂岳3190m。最高度の登頂記録です
次からはエキスパコース
細く切れてて腰が引けます
この岩のゴツゴツ感がいいです。長い年月雨風に晒された姿
下界には上高地
先行者が歩んでます
馬の背。傾斜具合を下っている先行者と比較
馬の背クリア。近くて遠いジャンダルム
次はロバの耳。どう登るんでしょう?
スタンスやホールドは沢山あり、、
矢印も多くて明瞭なルートでした
そんな壁を先行者が登ってます
とうとう目の前にジャンダルム。攻めます
西穂側へ巻いてからジャンを登る先行者。荷物が軽い自分は✕印から危険な直登にチャレンジ
難なく直登成功。 ジャンダルムの頂へ‼️
写真は苦手で単独山行中は自分を撮らないのですが、感慨深くなって先行者の方に撮っていただきました。槍も入れていただき感謝です。
穂高岳山荘からここまでの稜線。下界の新穂高からよくぞここまで。。。
感動もここまで。次は天狗岩へ。ジャン天使と別れ
無我夢中、、
一心不乱に歩みます
西穂高への稜線が見えました。その先に焼岳
西穂までさらに険しい岩を上り下りしますが、、
90度以上の壁はないし、、
クラックや矢印もあるので安心。もちろん浮石には最大限注意‼️
そんな自分はジャンを越えたところで矢印を見逃してしまいました
天狗のコル。ここで出会った白馬に住まれてる68歳の元山岳部健脚おじさんと新穂高駐車場まで所々ご一緒に
天狗岩(天狗の頭)に到着。とてま時間がかかりました
天狗岩下りの途中にある逆層スラブ。鎖あります
間ノ岳。もうお腹いっぱいの岩稜帯。その先のピークは西穂ではなくP1。。。とにかく長い。。。
エキスパルート終わり
ここまで沢山のピークを越え、、
山荘で休息した後、やっとの思いで西穂高口駅到着。何とかロープウェイに間に合いました
山行終わり。汗を流して家路へと。。。

活動の装備

  • エバーブレスレグン パンツ
    finetrack
  • FOLDING FC 130
    berghaus
  • CAMELBAK(キャメルバック) アウトドア クラックス 2.0 L リザーバー 1821714
    CAMELBAK
  • リボルト デニム (ブルーカラー)
    Black Diamond
  • ヘルメットホルダー
    MAMMUT
  • ボトルホルダー Add-on bottle holder one size 2530-00100
    MAMMUT
  • ドライナミック メッシュ NS クル
    MILLET

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。