雪交じりの強風の鎌倉岳

2015.12.27(日) 09:48 - 2015.12.27(日) 13:50
流石に雪交じりの風は寒かったです。 尾根を歩くときは、特に風を受けて寒かったのですが、なぜか、頂上は風もなく穏やかでした。 登山道は、岩があり楽しかったです。

写真

登山道入り口の駐車場の標識です。

登山道入り口の駐車場の標識です。

ここが登り口です。

ここが登り口です。

駐車場は、薄っすらと雪が積もっています。

駐車場は、薄っすらと雪が積もっています。

登り始めてすぐの急登です。

登り始めてすぐの急登です。

落ち葉がすごいです。

落ち葉がすごいです。

雪がやんできました。

雪がやんできました。

この辺は、こんな感じの分かりにくい道でした。

この辺は、こんな感じの分かりにくい道でした。

こんな岩が増えてきました。

こんな岩が増えてきました。

分かりにくいですが、こんな感じです。

分かりにくいですが、こんな感じです。

これが目指す鎌倉岳です。

これが目指す鎌倉岳です。

雪か少し残ってます。

雪か少し残ってます。

ここからが結構長かったです。

ここからが結構長かったです。

帰りはこちらの道を歩きました。

帰りはこちらの道を歩きました。

少し笹があります。

少し笹があります。

遊歩道左まわりコースを登ります。

遊歩道左まわりコースを登ります。

こんな感じです。

こんな感じです。

北向き斜面なので雪があります。

北向き斜面なので雪があります。

東面になると雪が解けてきます。

東面になると雪が解けてきます。

少し急な道です。

少し急な道です。

気持ちの良い、尾根歩きです。

気持ちの良い、尾根歩きです。

古殿の町です。北方面は、雪雲がすごいです。

古殿の町です。北方面は、雪雲がすごいです。

尾根の頂上に岩が沢山露出した場所があり、賽の河原と命名されていました。

尾根の頂上に岩が沢山露出した場所があり、賽の河原と命名されていました。

賽の河原は、こんな感じです。

賽の河原は、こんな感じです。

尾根の急登です。

尾根の急登です。

気持ち良いですが、風が強く寒いです。

気持ち良いですが、風が強く寒いです。

ここを行きます。

ここを行きます。

こんな標識もありました。

こんな標識もありました。

左まわりに行きます。

左まわりに行きます。

ここから山頂に向かいます。

ここから山頂に向かいます。

右まわりはこんな山道です。

右まわりはこんな山道です。

北側の切り立った斜面の登山道です。

北側の切り立った斜面の登山道です。

高所恐怖症の私には、とてもおそろしい場所です。

高所恐怖症の私には、とてもおそろしい場所です。

振り返って見る。

振り返って見る。

ここから山頂に向かいます。

ここから山頂に向かいます。

神社があります。

神社があります。

なぜか、急斜面に建てています。

なぜか、急斜面に建てています。

山頂まで、鎖場です。

山頂まで、鎖場です。

山頂に到着です。

山頂に到着です。

山頂の証です。

山頂の証です。

標識です。

標識です。

古殿の町が良く見えます。

古殿の町が良く見えます。

北側は雪雲で何も見えません。

北側は雪雲で何も見えません。

東側は晴れています。風もなぜがありません。

東側は晴れています。風もなぜがありません。

別な登山道を下ります。

別な登山道を下ります。

遊歩道と書いていますが、鎖場です。

遊歩道と書いていますが、鎖場です。

山頂を振り返って見るとこんな感じです。

山頂を振り返って見るとこんな感じです。

こちらから登るのが表側のようです。私は裏から登りました。

こちらから登るのが表側のようです。私は裏から登りました。

詳しく書かれた標識です。

詳しく書かれた標識です。

別ルートで下る登山道です。

別ルートで下る登山道です。

ブナの森です。

ブナの森です。

岩が多い登山道です。

岩が多い登山道です。

振り返って山頂を見ます。

振り返って山頂を見ます。

なぜ、この名前がついたのかな?

なぜ、この名前がついたのかな?

岩が多いですので、岩の隙間があります。

岩が多いですので、岩の隙間があります。

これが岩の隙間です。

これが岩の隙間です。

登山道です。

登山道です。

北側で雪が残っています。

北側で雪が残っています。

大きな一枚岩です。

大きな一枚岩です。

こんな登山道が続きます。

こんな登山道が続きます。

ここから別ルートで帰ります。

ここから別ルートで帰ります。

こちらのルートは整備がいまいちで迷いそうになります。

こちらのルートは整備がいまいちで迷いそうになります。

急斜面はなくなだらかです。

急斜面はなくなだらかです。

ここまで下ってくるまで落ち葉が多くて滑りやすく危険でした。

ここまで下ってくるまで落ち葉が多くて滑りやすく危険でした。

南側の景色です。

南側の景色です。

標識がぽつんとあります。

標識がぽつんとあります。

ここまでくると迷いません。

ここまでくると迷いません。

ほとんど下り終わりです。

ほとんど下り終わりです。

こんな林道跡の道です。

こんな林道跡の道です。

標識です。

標識です。

南側の景色です。

南側の景色です。

標識です。

標識です。

ここを下ります。

ここを下ります。

ここから下ってきましたが、正式な登山口ではありませんでした。

ここから下ってきましたが、正式な登山口ではありませんでした。

登山口の駐車場です。

登山口の駐車場です。

正式な登山口です。

正式な登山口です。

大きな標識です。

大きな標識です。

登り口にはテーブルと椅子も設置されています。

登り口にはテーブルと椅子も設置されています。

振り返って見る堰堤と山です。

振り返って見る堰堤と山です。

川沿いの道路にある登山口を示す標識です。

川沿いの道路にある登山口を示す標識です。

ここを下ってきました。

ここを下ってきました。

途中にこんな標識もありました。

途中にこんな標識もありました。

登り口と降り口が違うので歩いて戻ろうとしたら通行止めでした。

登り口と降り口が違うので歩いて戻ろうとしたら通行止めでした。

風景です。

風景です。

やっと、駐車場に戻ってきました。

やっと、駐車場に戻ってきました。

雪はすっかり止んで、風も弱まってきた、出発地点の駐車場です。

雪はすっかり止んで、風も弱まってきた、出発地点の駐車場です。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。