鈴北岳~御池岳散策 306鞍掛トンネル前からピストン気味に。

2015.12.26

活動詳細

詳しく見る
なんとか天候は持ちそうだったので、霧氷と猛禽を目当てに御池岳に向かいました。 306号が冬季通行止めのため、鞍掛トンネル前まで行けず、その手前の登山道から入りましたが、林道が崩れており歩きづらく、道もわかりづらいため、帰りは306号を歩きました。 鞍掛峠からの道は、歩き易く、鈴北岳手前から御池岳は絶景だらけでした。 ただし、御池岳は広く、踏み跡も分かりづらく、ガスがあると確実に迷います。 入念な準備と、GPSは必須です。 また山頂はぬかるむと、土のところはめちゃめちゃ滑ります。高低差がないため、気楽なハイキング気分になりがちですが、ところどころに岩もあり、くれぐれも注意して歩くことをお勧めします。
306号が冬季通行止めで鞍掛トンネル手前まで行けず、大カーブの手前の登山口からスタートしました。 が、いきなり崩れてます。。。
かなりの規模で崩れてます。
道しるべは出てます。
犬上川源流の横を通ります。水はかなり綺麗ですが、林道がところどころ崩れており、あまり快適な歩行ではありません。
かなりの高さのある堰に出てしまいました。横を登れそうな感じもしません。
堰を少し引き返したところに赤テープあり。鞍掛峠に向かって右手を入ります。少し行くと沢を渡ったところに赤テープがあります。
植林をジグザグに登る道があります。かなりわかりづらいです。
植林をのぼっていきます。GPSで方向を確かめながら、道に沿って歩きます。
しばらく行くと鉄塔の下に出ました。鞍掛峠から尾根沿いにある鉄塔の次の鉄塔のようです。
眺めは良し。
違う鉄塔の下に出ました。鞍掛トンネル前からのルートと合流できたようです。
ロープが張られた登山道
道しるべあり。鈴北岳に向かいます。
これが良く言われる鉄塔下ですね。
伊吹山頂上には雲がかかってます。
このあたりから霧氷が見られました。
竜のうろこのようです。
風の方向がわかります。
鈴北岳頂上が見えてきました。少しだけガスがかかってます。
木の階段。下が少しぬかるんでいるので、とても有り難いです。
タテ谷からコグルミに向かう道のようですが、かなり厳しそうな道です。今はとてもいけません。 出だしからほぼ崖です 汗
鈴北岳頂上!
御池岳頂上を目指していきます。 が、広い!!
北池です。 他にも多くの池があります。
窪地もいっぱいあります。 要注意。
高低差はあまりなく、散歩道のようですが、その分同じようなところが多く、ガスが出たら確実に迷います。
ひとまず御池岳(頂上)に向かいます。
鹿よけのネットがはられています。この手前で数頭の鹿の群れに会いました。
御池岳頂上です。あまり眺望はありません。岩だらけで歩き辛いです。
こんな感じの岩場を歩きます。転ばないように慎重に歩きます。
岩場を過ぎるとこんな感じ。 ぬかるんでおり、土のところはめちゃめちゃ滑ります。
天狗の鼻。下は絶壁。前方は御在所岳方面です。
ボタンブチを見る。
奥の平方面。後で行こうと思いましたが結局いけませんでした。
ボタンブチからT字尾根を望む(ピンぼけ)。その向こうの尖った山が天狗堂、のはず。
ボタンブチから竜ヶ岳方面。山壁の霧氷がきれい。
霧氷の向こうにボタンブチ。
ここにも池がありました。 氷が溶けています。12月下旬とは思えない暖かさです。
この色合いが何とも言えません。
絶景
テーブルランド。滋賀県の山の上とは思えない風景です。
土倉岳への道。今日は時間も体力も無し。
藤原岳。御池岳と両方を一日で行くのは、この季節ちょっと厳しそう。
東ボタンブチ??
窪み・・・
ここにも池があります。
このあたり、道が全然わかりません。
GPSで確かめながら進みます。
面白い木がありました。
動物の足跡に従います。
ここにも池があります。
やっぱり絶景
行きとは違う、鞍掛トンネル前に出る登山道を歩きます。植林の中を通ります。
代り映えのしない道を歩きます。登りだと結構辛そうです。
鞍掛トンネル前(滋賀県側)の登山口に戻ってきました。ここからは306を歩きます。
かなりの落差の滝がありました。滝の下に不法投棄が。なんでこういうことするのか。
なんと落石よけの金網にアオバトが閉じ込められてました。 迷ったものの救出、一応元気に飛んで行きました。オスメス4匹。 恩返しあるかな。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。