六甲山縦断

2015.12.26(土) 08:23 - 2015.12.26(土) 13:31
今日は阪急芦屋川からロックガーデン、風吹岩、雨ケ峠、一軒茶屋、六甲最高峰を経由して有馬温泉まで歩きました。 岩場あり、高低差ありと初心者の私には少々辛い道中でした。 風吹岩を過ぎた先でゴルフ場を横切ります。カート道を横切る際と、コース横を通るので、ゴルファーが放つ流れ玉に注意。 その後、雨ケ峠から一軒茶屋までは急な坂が続きます。一軒茶屋から六甲最高峰まではコンクリート舗装された道もあり、10分位です。 山頂での眺望は霞んでいたので、関空やあべのハルカスは見えなかったのですが、ふもとの埋立地や阪神競馬場、伊丹空港はなんとか見えて良かったです。 有馬温泉へは一軒茶屋まで戻ってから下っていきます。 道幅も広く、傾斜も緩い道になります。 1時間半弱で下れます。 下山後の有馬温泉は最高でした。 金の湯、銀の湯と言う公衆浴場があるのですが、折角なので今回は金の湯につかりました。 道中の注意点としてはイノシシがよく出没するそうです。 今回は運良く出くわさなかったのですが、噛みつかれたりするそうなので、ご注意下さい。

写真

ロックガーデン入口の茶屋です。ここから山頂近くの一軒茶屋前の駐車場までトイレはありません。

ロックガーデン入口の茶屋です。ここから山頂近くの一軒茶屋前の駐車場までトイレはありません。

大谷茶屋横の高座の滝です。

大谷茶屋横の高座の滝です。

ロックガーデンの岩場です。

ロックガーデンの岩場です。

ロックガーデンの看板です

ロックガーデンの看板です

ロックガーデン先の切通です。

ロックガーデン先の切通です。

風吹岩です

風吹岩です

風吹岩から山頂方面

風吹岩から山頂方面

途中いたるところにあるイノシシ注意の看板です。

途中いたるところにあるイノシシ注意の看板です。

住吉方面からの合流です。ここでは六甲最高峰方面に向かいます。

住吉方面からの合流です。ここでは六甲最高峰方面に向かいます。

案内板がいたるところにあり道に迷うことはありません

案内板がいたるところにあり道に迷うことはありません

途中ゴルフ場を横切るのでこのように柵があります。

途中ゴルフ場を横切るのでこのように柵があります。

雨ケ峠です。一軒茶屋まで2km弱と書かれていてほっとしたのですが実はここからがつらくなります。

雨ケ峠です。一軒茶屋まで2km弱と書かれていてほっとしたのですが実はここからがつらくなります。

小川を石の足場を使って超えます。

小川を石の足場を使って超えます。

魚屋道(ととやみち)という道をつかってこれから有馬まで行きます。

魚屋道(ととやみち)という道をつかってこれから有馬まで行きます。

山頂近くにある一軒茶屋という山小屋です。江戸時代から続くお店だそうです。ここで食事をとることにしました。

山頂近くにある一軒茶屋という山小屋です。江戸時代から続くお店だそうです。ここで食事をとることにしました。

一軒茶屋ではきつねうどん(税込み¥500)を頂きました。冷えた体によくしみます。

一軒茶屋ではきつねうどん(税込み¥500)を頂きました。冷えた体によくしみます。

六甲山の山頂といいたいところですが、ここでは六甲最高峰というそうです。標高931m。

六甲山の山頂といいたいところですが、ここでは六甲最高峰というそうです。標高931m。

六甲最高峰付近から六甲アイランド方面をのぞむ

六甲最高峰付近から六甲アイランド方面をのぞむ

西宮、伊丹空港方面。かすんでいたのが残念。

西宮、伊丹空港方面。かすんでいたのが残念。

有馬温泉の銀の湯です。

有馬温泉の銀の湯です。

有馬温泉街です。レトロな雰囲気がgood!

有馬温泉街です。レトロな雰囲気がgood!

金の湯です。有馬に来たのでこちらで湯を頂きました。登山後の温泉は格別でした。

金の湯です。有馬に来たのでこちらで湯を頂きました。登山後の温泉は格別でした。

参加メンバー

  • きのこ
    きのこ

    Kyoto, Shiga, Nara

    京都、滋賀、奈良をベースに山行を楽しんでいます。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。