毛無岩 西上州最高の眺望との誉れ

2015.12.23(水) 08:46 - 2015.12.23(水) 15:35
Nanmoku(Gunma) (Gunma, Nagano)
以前より行こう行こうと思っていた毛無岩にミッキーさんと行ってきました! あいにくの曇り空でしたが西上州最高の眺望に異論無し!…まだ全然西上州回りきれてませんが(笑) ただ想像していた通り下の方の登山道は分かりづらいですね、途中青のスズランテープに導かれ2時間以上!!!の盛大なロス。途中ご一緒したソロのお姉さん!と共に迷いましたがお姉さんは途中で察知したようで別ルートへ(お姉さん正解)。自分たちはしばらくミスルートを進み気づいてからルートに戻るまでに何度か死に掛けました。一旦登山道に乗ってしまえばマークはしっかりとあるので、ルート外れてもすぐ気づくのですが今回上りも下りも下の方はルート外れてしまいました。 登山道は一部凍結箇所もありましたが大きな問題はありませんでした。ただ基本的に妙義より岩場がもろく滑りやすいところがあるので注意が必要です。 でもルートミスも含めてとっても楽しかった!またそのうちキレイな軌跡が画けるよう行ってきます。

写真

この鉄橋を渡っていきます

この鉄橋を渡っていきます

神社手前から鉄橋

神社手前から鉄橋

ここは当初考えてたのとは違うルートでした この辺りで迷ってるところで後ろからソロのお姉さん登場で先導を

ここは当初考えてたのとは違うルートでした この辺りで迷ってるところで後ろからソロのお姉さん登場で先導を

途中まで先導していただいたお姉さんが少し写ってますね

途中まで先導していただいたお姉さんが少し写ってますね

この青いスズランテープに導かれ完全にルート外しました!

この青いスズランテープに導かれ完全にルート外しました!

力強い主張をしています

力強い主張をしています

間隔も短いのですっかりこちらがルートかと…

間隔も短いのですっかりこちらがルートかと…

やっとの思いで正規ルートの尾根に

やっとの思いで正規ルートの尾根に

三叉の分岐地点 ここで左に折れます

三叉の分岐地点 ここで左に折れます

踏み後が複数あるところもあるのでしっかりマークを確認

踏み後が複数あるところもあるのでしっかりマークを確認

大きな岩を左側に巻きましたがここもルートミスみたい

大きな岩を左側に巻きましたがここもルートミスみたい

大きな岩小屋 この先が非常に怖かったです ミスルート!

大きな岩小屋 この先が非常に怖かったです ミスルート!

初めての標識ほっ!

初めての標識ほっ!

いよいよ毛無岩へ

いよいよ毛無岩へ

切れ落ち度抜群

切れ落ち度抜群

毛無岩に近づくにつれ眺望が開けます

毛無岩に近づくにつれ眺望が開けます

毛無岩へいぞぐミッキーさん

毛無岩へいぞぐミッキーさん

毛無岩に立つミッキーさん

毛無岩に立つミッキーさん

我がホームの妙義です

我がホームの妙義です

妙義のどのピークよりも高度感・眺望抜群でした

妙義のどのピークよりも高度感・眺望抜群でした

今日はこちらへ下るのはやめました

今日はこちらへ下るのはやめました

あいにくの曇り空でしたが逆に幻想的でもありました

あいにくの曇り空でしたが逆に幻想的でもありました

写真では伝えきれませんが抜群の高度感

写真では伝えきれませんが抜群の高度感

日の暮れないうちに降りましょう

日の暮れないうちに降りましょう

毛無岩手前の小ピーク ここから毛無岩までが少々怖かったです

毛無岩手前の小ピーク ここから毛無岩までが少々怖かったです

踏み後ばっちり

踏み後ばっちり

トラロープはバランスをとる程度に

トラロープはバランスをとる程度に

所々こんな尾根があります

所々こんな尾根があります

マークは白のスズランテープ、赤テープ、ピンクテープ、黄テープなど

マークは白のスズランテープ、赤テープ、ピンクテープ、黄テープなど

何と言う絶壁!!!

何と言う絶壁!!!

絶壁の上のほう

絶壁の上のほう

撮影上の演出

撮影上の演出

岩肌の中央が崩落

岩肌の中央が崩落

ピーク以外で今日初めての「毛無岩」

ピーク以外で今日初めての「毛無岩」

沢まで来ました

沢まで来ました

登山道を外れたのは分かってたんですがそのまま沢を下っちゃいました

登山道を外れたのは分かってたんですがそのまま沢を下っちゃいました

左上に林道が見えてます

左上に林道が見えてます

動画

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。