北アルプス燕岳~常念岳縦走 2日目(燕山荘~大天井岳~常念岳)

2018.07.27(金) 05:15 - 2018.07.27(金) 15:26
2日目は表銀座縦走して常念岳までいく。 今回の遠征ではずっと台風情報🌀に釘付け状態。 天気が悪ければ予定変更もあり得たが、2日目は何も問題なく天気が良いので予定通りに常念岳まで縦走することにした。 ただし、3日目の土曜日は雨の予報なので2日目のうちに常念岳に登っておくことにして、3日目は早朝より下るだけにした。 また、下山後土曜日の安曇野観光および温泉宿の宿泊は既に取りやめており、台風が来る前にさっさと福岡に帰ることにした。 朝食☀️🍴は、中学生の団体が泊まってるので、一般の宿泊者が4時か4時50分となっていた。 後の4時50分にとることにして日の出でも見ようかと外に出るが‥寒い~ しかも丁度日の出時刻が朝食の時間と重なっちゃった~ 結局、日の出は食堂横の喫茶店の窓から見せてもらった。 初めての表銀座縦走❕ 天気も良く、視界も良く、 そして素晴らしきパノラマ~ もう、感動しまくりで縦走出来ました。

写真

西の空が段々と紅くなってきた

西の空が段々と紅くなってきた

雲海~
今日も天気良さそう❗

雲海~ 今日も天気良さそう❗

槍、おはよう☀️🙋❗

槍、おはよう☀️🙋❗

玄関の上が私が泊まった個室。窓が見える。

玄関の上が私が泊まった個室。窓が見える。

燕岳とテン場

燕岳とテン場

もう少しで日の出だけど、、
ご飯食べなきゃ❗

もう少しで日の出だけど、、 ご飯食べなきゃ❗

朝ごはん~
美味しく頂きました。😋

朝ごはん~ 美味しく頂きました。😋

日の出

日の出

おはよう☀️🙋❗

おはよう☀️🙋❗

部屋の窓から。
そろそろ出発しなきゃ🎵

部屋の窓から。 そろそろ出発しなきゃ🎵

燕岳、ありがとう。

燕岳、ありがとう。

燕山荘、良かったよ~
バイバイ✋

燕山荘、良かったよ~ バイバイ✋

ここから表銀座縦走だ~!

ここから表銀座縦走だ~!

槍ヶ岳を正面に見ながら縦走していく

槍ヶ岳を正面に見ながら縦走していく

八ヶ岳かな?
中央は富士山だよ!

八ヶ岳かな? 中央は富士山だよ!

北アルプスからだと富士山は遠くに見えるね~

北アルプスからだと富士山は遠くに見えるね~

たぶん、正面に蛙岩

たぶん、正面に蛙岩

すれ違った団体の方が言ってたので間違いないと思う。
ここは「大下りの頭」
ここから先下る!

すれ違った団体の方が言ってたので間違いないと思う。 ここは「大下りの頭」 ここから先下る!

大天井岳が近づいてきました。

大天井岳が近づいてきました。

大天井岳をトラバースしながら上がる道が見える。
後ほどこの道を通るが…遠くから見てもキツソウ!!

大天井岳をトラバースしながら上がる道が見える。 後ほどこの道を通るが…遠くから見てもキツソウ!!

このルート一番の難所?切通岩を通過。
トラバースの鎖場を下り、続けて梯子を下りて鞍部に出合う。

このルート一番の難所?切通岩を通過。 トラバースの鎖場を下り、続けて梯子を下りて鞍部に出合う。

鞍部には小林喜作レリーフがあります。喜作新道を作った方ですね。

鞍部には小林喜作レリーフがあります。喜作新道を作った方ですね。

このあと上り!

このあと上り!

よく整備されてます。

よく整備されてます。

切通岩を振り返る。

切通岩を振り返る。

同じく通ってきた縦走の尾根を振り返ってみる。

同じく通ってきた縦走の尾根を振り返ってみる。

大天井岳と槍ヶ岳への分岐。
表銀座の道とバイバイ

大天井岳と槍ヶ岳への分岐。 表銀座の道とバイバイ

大天荘へ向かう道。
さっき見えたトラバースの上りである。
やっぱりきつかった~
100mおきに大天荘の案内がある。

大天荘へ向かう道。 さっき見えたトラバースの上りである。 やっぱりきつかった~ 100mおきに大天荘の案内がある。

凄い道を通ってきたんだなぁ~

凄い道を通ってきたんだなぁ~

チングルマがいっぱい咲いてる~
立ち止まると後がきつそうなので、遠くから写真を撮る。

チングルマがいっぱい咲いてる~ 立ち止まると後がきつそうなので、遠くから写真を撮る。

大天荘に到着。
ドリンク補給し、重い荷物を置いて大天井岳を目指す。

大天荘に到着。 ドリンク補給し、重い荷物を置いて大天井岳を目指す。

大天荘の建物の横から上ります。

大天荘の建物の横から上ります。

大天荘とこのあと進む縦走路

大天荘とこのあと進む縦走路

岩ゴロゴロ

岩ゴロゴロ

山頂が見えてきた~

山頂が見えてきた~

登頂!!

登頂!!

360度展望!
パノラマが凄い!

360度展望! パノラマが凄い!

槍ヶ岳へと通じる表銀座の縦走路。

槍ヶ岳へと通じる表銀座の縦走路。

向こう側は裏銀座の山々かな

向こう側は裏銀座の山々かな

通ってきた縦走路。頑張ったなぁ~

通ってきた縦走路。頑張ったなぁ~

今度は常念岳へ向けての縦走路を行く。

今度は常念岳へ向けての縦走路を行く。

大天荘を振り返る

大天荘を振り返る

今まで正面に見えてた槍ヶ岳が、
今度は横に見ながら縦走していく。

今まで正面に見えてた槍ヶ岳が、 今度は横に見ながら縦走していく。

向こうに常念岳。
まだまだ遠い。

向こうに常念岳。 まだまだ遠い。

おっ!雪がある。

おっ!雪がある。

頭からかぶってみた。
冷たくて気持ちいい。
途中からTシャツで歩く…が、あとで無茶苦茶焼けて痛い!

頭からかぶってみた。 冷たくて気持ちいい。 途中からTシャツで歩く…が、あとで無茶苦茶焼けて痛い!

トラバースしながら進む道

トラバースしながら進む道

ハイマツの道を下る。
Tシャツになってるので、さらけ出してる腕がハイマツのフサフサの葉に触れて…
なんか気持ちいい…と思うのは私だけだろうか。
逆方向だと刺さって痛いかも。

ハイマツの道を下る。 Tシャツになってるので、さらけ出してる腕がハイマツのフサフサの葉に触れて… なんか気持ちいい…と思うのは私だけだろうか。 逆方向だと刺さって痛いかも。

涸沢カール

涸沢カール

ラスト、常念小屋への下り。

ラスト、常念小屋への下り。

着いた~

着いた~

チェックイン。荷物を置き、昼食をとってから常念岳を目指す。
ここで台風がコースを変えて福岡の方へ来ることを知る。
明日には帰らんと、帰れなくなるぞ~

チェックイン。荷物を置き、昼食をとってから常念岳を目指す。 ここで台風がコースを変えて福岡の方へ来ることを知る。 明日には帰らんと、帰れなくなるぞ~

身軽になって常念岳へ

身軽になって常念岳へ

ガレじゃん!

ガレじゃん!

登りにくい山だぁ~
下りも大変かよ~

登りにくい山だぁ~ 下りも大変かよ~

標高差400m
重い荷物担いでは登れん

標高差400m 重い荷物担いでは登れん

三股分岐

三股分岐

山頂とうちゃこ~
岩場で狭い!

山頂とうちゃこ~ 岩場で狭い!

記念撮影。躓いたら落ちそう。

記念撮影。躓いたら落ちそう。

残念!
一昨年登った蝶ヶ岳はガスって見えん。

残念! 一昨年登った蝶ヶ岳はガスって見えん。

早よ下って麦酒飲みたい。

早よ下って麦酒飲みたい。

夕食。昨日はチーズハンバーグでしたが
今日は普通のハンバーグ。蒟蒻ゼリー2個ついてた。

夕食。昨日はチーズハンバーグでしたが 今日は普通のハンバーグ。蒟蒻ゼリー2個ついてた。

夕日。やや雲が邪魔してました。
明日は下山。

夕日。やや雲が邪魔してました。 明日は下山。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。