大山の危険地帯を50年ぶりにソロ縦走

2018.07.26(木) 日帰り
老猿
老猿

何度も登る大山ですが、今は立ち入り禁止となっている縦走路を、50年…ぶりにソロで〰️ スタートは文殊堂、三ノ沢を登り詰め〰️ 槍ヶ峰〰️三ノ峰〰️天狗ヶ峰〰️剣ヶ峰〰️天狗ヶ峰〰️1636ピーク〰️象ヶ鼻〰️ユートピア〰️象ヶ鼻〰️振り子沢〰️ 駒鳥小屋〰️鳥越峠〰️文殊越〰️文殊堂ゴール。 象の鼻で電源切れのサインがあり、その後の軌跡がありませんが、4時40分に出発し 15時にゴール、実に10時間越えの山旅でした。 二度ほど滑落の危険を感じましたが、何とか生きて帰還出来ました。 8月、9月のアルプス遠征訓練として、貴重な体験が出来ました‼️ 象ヶ鼻からゴールまでのルートは写真を見て下さい。荒れ放題のルートで苦しかったですよ‼️ でもね!このルートは二人の美女との話をしながらの下山、元気貰いました。 有難う鳥取さん・岡山さん!

三ノ沢4時50分頃。ゴロ石の沢の中や右岸の茂みの中を歩きます。
ガスが出ないことを願いつつ

三ノ沢4時50分頃。ゴロ石の沢の中や右岸の茂みの中を歩きます。 ガスが出ないことを願いつつ

三ノ沢4時50分頃。ゴロ石の沢の中や右岸の茂みの中を歩きます。 ガスが出ないことを願いつつ

沢の中を2/3程登って来て、振り返る

沢の中を2/3程登って来て、振り返る

沢の中を2/3程登って来て、振り返る

最後の砂防堰堤付近で朝焼けに輝くのは弥山かな?

最後の砂防堰堤付近で朝焼けに輝くのは弥山かな?

最後の砂防堰堤付近で朝焼けに輝くのは弥山かな?

右から槍・三ノ峰~~左側天狗ヶ峰と剣ヶ峰。
あの稜線をこれから歩くのだ。

右から槍・三ノ峰~~左側天狗ヶ峰と剣ヶ峰。 あの稜線をこれから歩くのだ。

右から槍・三ノ峰~~左側天狗ヶ峰と剣ヶ峰。 あの稜線をこれから歩くのだ。

主峰剣ヶ峰を少しアップ

主峰剣ヶ峰を少しアップ

主峰剣ヶ峰を少しアップ

ダイセンオトギリ

ダイセンオトギリ

ダイセンオトギリ

ありゃルートを外したな~沢を真っ直ぐ行き過ぎた。
右手(東)の尾根の更に右手へ行かないとならなかった。
200m程バックしてルートを探そう!

ありゃルートを外したな~沢を真っ直ぐ行き過ぎた。 右手(東)の尾根の更に右手へ行かないとならなかった。 200m程バックしてルートを探そう!

ありゃルートを外したな~沢を真っ直ぐ行き過ぎた。 右手(東)の尾根の更に右手へ行かないとならなかった。 200m程バックしてルートを探そう!

上の写真でも見えるが、雪渓の残骸の下を潜りUターン。
物凄い冷気の中をくぐりました。

上の写真でも見えるが、雪渓の残骸の下を潜りUターン。 物凄い冷気の中をくぐりました。

上の写真でも見えるが、雪渓の残骸の下を潜りUターン。 物凄い冷気の中をくぐりました。

本道に戻ると、九州コゴメグサが待っていた

本道に戻ると、九州コゴメグサが待っていた

本道に戻ると、九州コゴメグサが待っていた

まだまだ稜線は遠い

まだまだ稜線は遠い

まだまだ稜線は遠い

クサボタン

クサボタン

クサボタン

ギャリ道は気張るほど崩れて後ずさりする。

ギャリ道は気張るほど崩れて後ずさりする。

ギャリ道は気張るほど崩れて後ずさりする。

四国フウロ

四国フウロ

四国フウロ

今度はゴロ石の道を歩く。これも浮石が動き苦労する

今度はゴロ石の道を歩く。これも浮石が動き苦労する

今度はゴロ石の道を歩く。これも浮石が動き苦労する

ムカゴの付かないオニユリはコオニユリ

ムカゴの付かないオニユリはコオニユリ

ムカゴの付かないオニユリはコオニユリ

南国クガイソウ

南国クガイソウ

南国クガイソウ

咲きだしたシシウド

咲きだしたシシウド

咲きだしたシシウド

シュロソウ

シュロソウ

シュロソウ

まだまだ続くガレ道だが、もう少しの辛抱だ!

まだまだ続くガレ道だが、もう少しの辛抱だ!

まだまだ続くガレ道だが、もう少しの辛抱だ!

シモツケソウ

シモツケソウ

シモツケソウ

ダイセンオトギリソウとダイモンジソウ

ダイセンオトギリソウとダイモンジソウ

ダイセンオトギリソウとダイモンジソウ

ホツツジ

ホツツジ

ホツツジ

槍ヶ峰は南側を巻いて行く

槍ヶ峰は南側を巻いて行く

槍ヶ峰は南側を巻いて行く

ホタル草

ホタル草

ホタル草

踏み外したらお陀仏だ!

踏み外したらお陀仏だ!

踏み外したらお陀仏だ!

シモツケ

シモツケ

シモツケ

槍ヶ峰を越え今度は三ノ峰を目指す。

槍ヶ峰を越え今度は三ノ峰を目指す。

槍ヶ峰を越え今度は三ノ峰を目指す。

1692mピークには三ノ峰の表示が

1692mピークには三ノ峰の表示が

1692mピークには三ノ峰の表示が

ホソバノヤマハハコグサ

ホソバノヤマハハコグサ

ホソバノヤマハハコグサ

これから目指す天狗と剣ヶ峰

これから目指す天狗と剣ヶ峰

これから目指す天狗と剣ヶ峰

続く難所

続く難所

続く難所

未だ続く

未だ続く

未だ続く

まだまだ続くやせ尾根。幅は30㎝程の所も

まだまだ続くやせ尾根。幅は30㎝程の所も

まだまだ続くやせ尾根。幅は30㎝程の所も

剣ヶ峰 ここが大山の最高峰

剣ヶ峰 ここが大山の最高峰

剣ヶ峰 ここが大山の最高峰

天狗へ戻り今度は象ヶ鼻へ

天狗へ戻り今度は象ヶ鼻へ

天狗へ戻り今度は象ヶ鼻へ

象ヶ鼻の向こう左手に伸びる三鈷峰尾根、ユートピア小屋が霞んで見えます

象ヶ鼻の向こう左手に伸びる三鈷峰尾根、ユートピア小屋が霞んで見えます

象ヶ鼻の向こう左手に伸びる三鈷峰尾根、ユートピア小屋が霞んで見えます

初めて見ました真新しい立入禁止の標識とロープ張り

初めて見ました真新しい立入禁止の標識とロープ張り

初めて見ました真新しい立入禁止の標識とロープ張り

悪路を頑張って、駒鳥山小屋に、中には
大きなガマガエルがいた

悪路を頑張って、駒鳥山小屋に、中には 大きなガマガエルがいた

悪路を頑張って、駒鳥山小屋に、中には 大きなガマガエルがいた

駒鳥から、この鳥越峠の登りも
疲れているせいか休み休みでした。

駒鳥から、この鳥越峠の登りも 疲れているせいか休み休みでした。

駒鳥から、この鳥越峠の登りも 疲れているせいか休み休みでした。

ユートピアを散策後、二人の女性を案内し振り子沢へ~駒鳥小屋~鳥越峠~文殊堂へ
全線凄い悪路で・・・でも女性陣の励ましもあり4時間半でゴール出来ました。

ユートピアを散策後、二人の女性を案内し振り子沢へ~駒鳥小屋~鳥越峠~文殊堂へ 全線凄い悪路で・・・でも女性陣の励ましもあり4時間半でゴール出来ました。

ユートピアを散策後、二人の女性を案内し振り子沢へ~駒鳥小屋~鳥越峠~文殊堂へ 全線凄い悪路で・・・でも女性陣の励ましもあり4時間半でゴール出来ました。

三ノ沢4時50分頃。ゴロ石の沢の中や右岸の茂みの中を歩きます。 ガスが出ないことを願いつつ

沢の中を2/3程登って来て、振り返る

最後の砂防堰堤付近で朝焼けに輝くのは弥山かな?

右から槍・三ノ峰~~左側天狗ヶ峰と剣ヶ峰。 あの稜線をこれから歩くのだ。

主峰剣ヶ峰を少しアップ

ダイセンオトギリ

ありゃルートを外したな~沢を真っ直ぐ行き過ぎた。 右手(東)の尾根の更に右手へ行かないとならなかった。 200m程バックしてルートを探そう!

上の写真でも見えるが、雪渓の残骸の下を潜りUターン。 物凄い冷気の中をくぐりました。

本道に戻ると、九州コゴメグサが待っていた

まだまだ稜線は遠い

クサボタン

ギャリ道は気張るほど崩れて後ずさりする。

四国フウロ

今度はゴロ石の道を歩く。これも浮石が動き苦労する

ムカゴの付かないオニユリはコオニユリ

南国クガイソウ

咲きだしたシシウド

シュロソウ

まだまだ続くガレ道だが、もう少しの辛抱だ!

シモツケソウ

ダイセンオトギリソウとダイモンジソウ

ホツツジ

槍ヶ峰は南側を巻いて行く

ホタル草

踏み外したらお陀仏だ!

シモツケ

槍ヶ峰を越え今度は三ノ峰を目指す。

1692mピークには三ノ峰の表示が

ホソバノヤマハハコグサ

これから目指す天狗と剣ヶ峰

続く難所

未だ続く

まだまだ続くやせ尾根。幅は30㎝程の所も

剣ヶ峰 ここが大山の最高峰

天狗へ戻り今度は象ヶ鼻へ

象ヶ鼻の向こう左手に伸びる三鈷峰尾根、ユートピア小屋が霞んで見えます

初めて見ました真新しい立入禁止の標識とロープ張り

悪路を頑張って、駒鳥山小屋に、中には 大きなガマガエルがいた

駒鳥から、この鳥越峠の登りも 疲れているせいか休み休みでした。

ユートピアを散策後、二人の女性を案内し振り子沢へ~駒鳥小屋~鳥越峠~文殊堂へ 全線凄い悪路で・・・でも女性陣の励ましもあり4時間半でゴール出来ました。

類似するルートを通った活動日記